特集 2013年10月14日

香港のエスカレーターには各停と急行がある

香港のエスカレーターのここがヤバい2:
とにかくどんな建物にもエスカレーターがついている

長いエスカレーターもいっぱいあるが、短いエスカレーターも充実しているのが香港のいいところだ。東京だとほぼエレベーターしかつけないような間口の狭い雑居ビルの入り口にも、隙さえあればエスカレーターをつけちゃうのだ。
たとえばマツモトキヨシの入り口がこれだった、というところを想像してください。この狭さにダブルクロスつけにくるかね。
たとえばマツモトキヨシの入り口がこれだった、というところを想像してください。この狭さにダブルクロスつけにくるかね。
だから、その狭さとその低さで上下エスカレーターにするかね。
だから、その狭さとその低さで上下エスカレーターにするかね。
だから、その微妙な角度でわざわざエスカレーターにするのかね。そうかね。日本で言うと日比谷線の地下鉄出口がこうなってるところを想像してください。
だから、その微妙な角度でわざわざエスカレーターにするのかね。そうかね。日本で言うと日比谷線の地下鉄出口がこうなってるところを想像してください。
とにかく街を歩いていれば、右をみても左をみてもいたるところにエスカレーターのある街だ。素敵だ。香港のひとには、エスカレーターと階段を併設する、という発想は、どうやらないらしい。階段をつけるくらいなら、エスカレーターにすればいいじゃない。
香港の銀行、HSBCのエスカレーターのつけかたなんかは、すごく好みだ。階段?エレベーター?なんで?エスカレーターであがってこいよ!と言わんばかりの俺様っぷり。惚れる。
香港の銀行、HSBCのエスカレーターのつけかたなんかは、すごく好みだ。階段?エレベーター?なんで?エスカレーターであがってこいよ!と言わんばかりの俺様っぷり。惚れる。
あるいは、歴史的建物の復元である観光スポットにも、ど真ん中にエスカレーターを設置しちゃうのよね。イカす。
あるいは、歴史的建物の復元である観光スポットにも、ど真ん中にエスカレーターを設置しちゃうのよね。イカす。
やっぱ香港のひと、どう考えてもエスカレーターが好きよね。

話が脱線するが、「高い」と「速い」が正義の香港では、「涼しい」も圧倒的に正義だ。どの建物も強烈な冷気が外にまであふれるくらいの強冷房だ。そのため、香港の建物には、正面にエアコンの室外機がやたらとついている。香港に着いて早々にそれが気になってやたらと室外機の写真を撮ってきた。いま写真を見返すとしかし、どう考えてもその密度がおかしい。
ふつう、マンションのエアコンの室外機って、「1部屋に1つ」ですよね
ふつう、マンションのエアコンの室外機って、「1部屋に1つ」ですよね
ちょっとつけすぎな部屋がありますよね?
ちょっとつけすぎな部屋がありますよね?
この建物なんかは、室外機置き場がついているけど……
この建物なんかは、室外機置き場がついているけど……
「1窓に1つ」はおかしいです…よね……?
「1窓に1つ」はおかしいです…よね……?

見れば見るほどぞくぞくしてくる写真なので、せっかくなので紹介させてもらった。
ついでに話はさらに脱線するが、こんな具合にエスカレーターとエアコンが大好きな香港で、建設現場の足場は竹製だ。
竹をぎゅっと紐でゆわえて組み上げる職人技。
竹をぎゅっと紐でゆわえて組み上げる職人技。
こんな高い建物でも竹だ。
こんな高い建物でも竹だ。
竹なのだ。
竹なのだ。

どんなに高い建物でも大きな建物でも必ず竹だったので、特になんの疑問も持たれてないのだろう。こんなところではかなりエコ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓