特集 2013年9月30日

店頭のぼりには野心がある

これは意識の高くないノーマルのぼり
これは意識の高くないノーマルのぼり
蕎麦屋や定食屋の店頭によくある「のぼり」。L字型のポールについてはためいているアレである。
ふだんあんまり気に留めていなかったのだが、一度意識して見てみると思いのほか数がある。街中のぼりだらけなのである。
その中に、一部とても野心的な、意識の高いのぼりが混じっている。
今日はそんなのぼり界の出世争いについてレポートしていきたい。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:コンピューターにダジャレを教える

> 個人サイト nomoonwalk

この世には二種類のののぼりがいる

そう、街にはためくのぼりには、2種類ある。
店のオリジナルのぼりと、既製品のぼりだ。

まずはオリジナルのぼりの例を見てもらおう。
店名が入っていて、商品のアピールポイントに加え、値段なんかの付随情報も入っている。
店名が入っていて、商品のアピールポイントに加え、値段なんかの付随情報も入っている。
こちらも店名入り。値段は入ってないがキャッチコピーがついて、ウリの部分が前面に押し出されている
こちらも店名入り。値段は入ってないがキャッチコピーがついて、ウリの部分が前面に押し出されている
一方で、既製品のぼりである。特定の店に向けたものではなく、のぼり屋さんがデザインして、問屋街やホームセンターなどで広く市販しているのぼりである。
たとえばこの、うなぎ蒲焼
たとえばこの、うなぎ蒲焼
ラーメン
ラーメン
どんな店でも使えるようにデザインされているので、シンプルである。情報も最低限のものしか入っていない。

オリジナルのぼりと既製品のぼり、この2種類の違いを、まずは頭に入れて読み進めてください。

既製品のぼりが好きだ

2種類のうち、僕が好きなのは断然後者、既製品のぼりのほうである。なぜなら、そこに野心と迷い、もっというと人間味が透けて見えるからだ。どういうことかは、これから順に説明していこう。

隙間ノイローゼ

先ほど既製品のぼりの例として紹介したのぼりは、最もシンプルな、いわば朴訥タイプののぼりである。もう少し続けてみよう。
やきとん
やきとん
右のは店名入りでオリジナルのぼりだけど、ひだりの「しゃぶしゃぶ食べ放題」は既製品っぽい気がする
右のは店名入りでオリジナルのぼりだけど、ひだりの「しゃぶしゃぶ食べ放題」は既製品っぽい気がする
こう比べてみると、既製品のぼりはオリジナルのぼりに比べて圧倒的に情報が少ない。けっこう大きな旗なのに、情報が「ラーメン」「やきとん」だけでいいのだろうか……?

実際のところ、それでいいのである。遠目から見て何屋か判別できれば、客寄せには十分なのだ。でも、いったん考えだすとどんどん不安になってくるのが人間というもの。

「もっと、隙間を埋めなければ……」。

抽象的なひと言

そこでとられる方法が、「ぼんやりしたキャッチコピーを入れる」である。
味自慢
味自慢
思い出してほしい。既製品のぼりはお店がデザインしているのではなく、のぼりのメーカーが「いろんなお店で使いまわせるように」デザインしている。その性質上、たとえば「産地直送」みたいなコピーを入れてしまうと産地直送じゃない店で使えなくなってしまい、のぼりが売れない。したがって、あくまでぼんやりした、情報のない一言を入れることになる。
お得満足!
お得満足!
美味しい!
美味しい!
こだわり
こだわり
ほかほかご飯に旨いおかず
ほかほかご飯に旨いおかず
あっつあつ!
あっつあつ!
ランチメニューが通常よりお得なのはあたりまえだ。定食がごはん+おかずなのもあたりまえ。鉄板で作るもんじゃがあっつあつなのも、よく考えたら当たり前なのだ。

このように、追加の文言に情報はない。冷静に考えると何も言ってないのがこの埋め草コピーの特徴だ。

読書感想文で原稿用紙埋めるために「おもしろかったです。」って何回も書くのと同じ感じである。
この「大小」の部分もその手の埋め草的フレーズなのではという気がしている
この「大小」の部分もその手の埋め草的フレーズなのではという気がしている
ただ、何も言ってないからといって書く意味がないかといわれると、そんなこともない気もする。「うまい!」と味に言及することによって、見た人の味覚を刺激する。それが「あ、とんかつたべたいかも」という気分を喚起することはあるかもしれない。
「とんかつ」と
「とんかつ」と
「うまい!」とんかつ
「うまい!」とんかつ
ほら、「うまい!」って書いてあった方がいいでしょ?

……と思ったけど、冷静に見てみるとどっちでもいいような気もする。でも、僕はこのひと工夫を買っていきたいのだ。
奥のそば、「華やかな味わい」。埋め草コピーは凝りすぎると急に難解になる
奥のそば、「華やかな味わい」。埋め草コピーは凝りすぎると急に難解になる
こののぼりはイラストも凝っていてよかった
こののぼりはイラストも凝っていてよかった
そして、既製品のぼりはこのあと更なる高みを目指す。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓