特集 2013年8月20日

伝説の中華『珍来』、特大ギョウザと焼きそばを巡る!

珍来その2 柏にもある珍来、「ドラゴン珍来」

ドラゴンの絵がポイント。
ドラゴンの絵がポイント。
「珍来」と都内で言ってもほぼ通じないが、千葉県の柏市では必ず通じる。柏駅の目立つ通りに、珍来がどどーんと店を構えているからだ。

大きな地図で見る
このちょっとバカっぽい龍のレリーフが目をひく。
僕は1年ほどに柏市に住んでいたのだが、この看板に住み慣れた懐かしの茨城を感じ、頼もしく思ったものである。
この龍の看板を擁するのが2つ目の珍来「ドラゴン珍来」だ。この日は取手市にあるドラゴン珍来を訪問した。
ある意味ドラゴンクエストともいえる、珍来めぐり。
ある意味ドラゴンクエストともいえる、珍来めぐり。
おおきいぎょうざ が 5ひき あらわれた!
おおきいぎょうざ が 5ひき あらわれた!
やっぱり大きい。
とはいえ、黄色い珍来に比べるとやや小さく、値段も300円とちょい安め。
「黄色い珍来」の餃子がある意味で大きすぎるので、ドラゴン珍来は適正なサイズと価格に進化した結果と言えるかもしれない。
そしてメニューのソース焼きそば押しも同じ!
そしてメニューのソース焼きそば押しも同じ!
メニューを見ると、餃子&ソース焼きそば押しが健在で安心する。
珍来、その姿をドラゴンに変えても、魂は変わらぬままだ。美女がキスしたら黄色い珍来に姿が戻る、とかあるかも知れない。
待望のソース焼きそば登場だよ☆
待望のソース焼きそば登場だよ☆
ドラゴン珍来は、「龍のひげ」とも呼ばれる麺を使用しているんだ☆(嘘)
ドラゴン珍来は、「龍のひげ」とも呼ばれる麺を使用しているんだ☆(嘘)
焼きそば、黄色い珍来とは全然違ってぷつりとした歯ごたえのコシが強い麺だ。
珍来は各店舗で店長がある程度好きなメニューを出していると聞いたことがある。そうした中でも、ソース焼きそばだけは筆頭メニューとして守られていることに焼きそば好きとして無量の感動を覚える。
さらにラーメンがうまい。
さらにラーメンがうまい。
詳しい人には一目でわかるが、珍来の麺は多加水麺という、ぷりっとしてもちっとした系である。
スープは鶏ガラ&とんこつのしょうゆ味で、喜多方ラーメンに近い。この系統のラーメンは大好きだ。
最近流行のどろどろしたラーメンより、珍来のほうがおいしい。
最近流行のどろどろしたラーメンより、珍来のほうがおいしい。
しかし、おすすめのラーメン屋を聞かれたときに珍来と答えると「え、珍来?」と聞き返されるので多少さみしい。
気持ちはわかる。吉祥寺でお気に入りの店を聞かれて「アトレ」と答えるようなものだ。
それでも僕は言いたい、珍来のラーメンはうまい。
今日も完食。ありがとう珍来。
今日も完食。ありがとう珍来。
「ドラゴン珍来」の正式名称は「株式会社・珍来」。
千葉県内に7店舗、茨城県内に3店舗を展開する。特に柏市には4店舗もあるので、もはや柏市民の店と言ってもいいかもしれない。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓