特集 2013年8月17日

DIYの祭典in山口で二足歩行バイクや畳製楽器、デコチャリを堪能

第一印象は黄色いフェンス

初めて訪れる山口、漢字の画数が少ないから素朴な場所なんだろうな、というイメージであった。つまりそれ以外の事前知識がゼロだったのである。さすがに“山形との区別が怪しい”というようなことは30過ぎた大人としては無かったものの、振り返ってみると25くらいの頃は怪しかった気がする。
空港の手荷物出てくるところにいきなり県内の奇景をフィーチャー(遠目で見ると巨大なネギ入りの玉子焼きにも見える)
空港の手荷物出てくるところにいきなり県内の奇景をフィーチャー(遠目で見ると巨大なネギ入りの玉子焼きにも見える)
到着ゲートでは無数にひしめき合う提灯で迎えられる
到着ゲートでは無数にひしめき合う提灯で迎えられる
空港から市街地までは乗り合いタクシーという聴き慣れないシステムで移動
空港から市街地までは乗り合いタクシーという聴き慣れないシステムで移動
この乗合タクシー、ウェブマスター林さんによると「通常9,000円ほどかかるタクシー代が一人2,300円で済む」という画期的なものだ。ちなみにWEBで事前予約すると、直後に確認の電話がかかってくる。人のぬくもりを感じるITである。
初めて来た山口の第一印象は「フェンスが黄色い」という超どうでもいい情報
初めて来た山口の第一印象は「フェンスが黄色い」という超どうでもいい情報
宿のすぐ横が以前取り上げた女将劇場</a>だった。
宿のすぐ横が以前取り上げた女将劇場だった。
女将劇場、あんな奇妙なショーが毎晩行われていると聞いてかなりの山奥の秘境にあるのかと思っていたのだが、普通に市内なのだった。

こうして宿についたのは夕方。イベントは明日からなのだがこの日はUSTREAM出演の予定があり、それまでちょっとだけ時間があったので会場の下見に行くことにした。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓