特集 2013年7月9日

数学の図形問題を日常生活にいかす

応用例1・長い直線を引く

あー困った、困った……
あー困った、困った……
直線が引きたいのに全然うまく引けないよ~~
直線が引きたいのに全然うまく引けないよ~~
定規を使えばいいんだけど、手元には三角形をしたアボカドチップスしかないし。どうしよう。
定規を使えばいいんだけど、手元には三角形をしたアボカドチップスしかないし。どうしよう。
こうやってチップスのふちを使えば……
こうやってチップスのふちを使えば……
だめだ……、これじゃ短すぎるよー。困った~~
だめだ……、これじゃ短すぎるよー。困った~~
そうだ、中学校で習った図形の知識を使えばいいんだ!!
そうだ、中学校で習った図形の知識を使えばいいんだ!!
図形の知識①

三角形の内角の合計は180度である

内角の和が180度ということはつまり、
内角の和が180度ということはつまり、
こうすれば継ぎ目が180度になって、チップスのふちに長い直線ができる!
こうすれば継ぎ目が180度になって、チップスのふちに長い直線ができる!
いやまてよ……。確かにひとつの三角形の内角の和は180度。でももし、一つ一つのチップスの形がちがっているとしたら、これでは180度にはならない……
いやまてよ……。確かにひとつの三角形の内角の和は180度。でももし、一つ一つのチップスの形がちがっているとしたら、これでは180度にはならない……
そうだ!
そうだ!
図形の知識②

<三角形の合同条件>
一組の辺とその両端の角がそれぞれ等しい

重ねて比較。この一辺の長さは3枚とも等しい。
重ねて比較。この一辺の長さは3枚とも等しい。
その両端の角は、すべて70度。3枚のチップスの形はすべて合同、短辺の両側の角が70度の二等辺三角形だ。
その両端の角は、すべて70度。3枚のチップスの形はすべて合同、短辺の両側の角が70度の二等辺三角形だ。
ということは内角の和は180度。この2枚のチップスのふちはたしかに直線だ!
ということは内角の和は180度。この2枚のチップスのふちはたしかに直線だ!
やった!長い直線が引けちゃった!
やった!長い直線が引けちゃった!
どうだろう、こういうサクセスストーリー。

直線を引きたいけど定規がない、という状況は日常生活の中で割とある。そんな時、図形の知識があれば手近にあるものを使って(それがアボカドチップスである機会は少ないかもしれないが)直線がズバッと引けてしまうのだ。図形、習っててよかった!
引けた長い直線
引けた長い直線
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓