特集 2013年7月2日

夏の文房具フェス2013

インディペンデント文房具メーカーの曙

独立系メーカー・ベアハウスの『立つノートカバー』
独立系メーカー・ベアハウスの『立つノートカバー』
ここ2年ほど、個人レベルで文房具を作る独立系メーカーが増えてきた。中でも頑張っているのが京都のベアハウスだ。
社長の阿部さんは去年まで鞄メーカーに勤めていたが、文房具が作りたいからと独立して文房具メーカーを立ち上げたという。
ベアハウスの阿部さん。いま気がついたけどアベを逆さにしてベアハウスなのか。
ベアハウスの阿部さん。いま気がついたけどアベを逆さにしてベアハウスなのか。
Twitterで集まった関西の文具好き集団『どや文具会』の意見を集約して作ったペンケースなどの他に、机の上で自立する『立つノートカバー』を出展していた。
PP製のノートカバー。このサイズだと、A5のノートが収納できる。
PP製のノートカバー。このサイズだと、A5のノートが収納できる。
「営業とかやってると、外で一日取ってきたノートを机に立てて、それを見ながらキーボードで入力したい時があったんですよ。それでこんなの要るかなって」
今まで営業職を経験したことがないので果たしてそんな需要があるのか理解できなかったが、ベアハウスのブースをしばらく眺めていると、いかにも営業らしい風体の人があからさまに「…これ、いいなぁ」と興味を示してノートカバーを触っていくのを何度か見かけた。みんなノートを立てたがっているのか。
カバーの背を折り曲げて。
カバーの背を折り曲げて。
筒状にスナップで留めて。
筒状にスナップで留めて。
こんな感じで立ちます。
こんな感じで立ちます。
ちなみにこの『立つノートカバー』はクラウドファンディングで欲しい人を募ってから生産するとのことで、現時点ではまだ試作品だ。もしノートが立つということに興味のある方は、チェックしてみよう。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓