特集 2013年6月24日

シャープペンの芯を叩き折る機械

エレキへの道

さあ、工作はまだ折り返し地点で、ここから電動化作業が始まる。
スリットに蓋をした
スリットに蓋をした
試作品および昨日の段階では、立てたシャープペンを手で倒していた。
本番では、最初は閉まっているスリットの蓋が開くことによって、シャープペンが倒れるようにしたい。
なのでこうやって動かす
なのでこうやって動かす
はんだ付けをして
はんだ付けをして
サーボモーター(好きな角度で止められるモーター)を2つセット
サーボモーター(好きな角度で止められるモーター)を2つセット
こんな感じにしました
こんな感じにしました
サーボごとケースの内側にくっつける
サーボごとケースの内側にくっつける
ここ、前日に無計画にホースをつけてしまったせいで、モーターの位置とホースの位置が干渉してくっつかず、結局1回ホースを外すことになった。昨日あれだけ微調整したのに…。

「悪いのは俺じゃない、ぜんぶ無計画が悪いんや…」(貧乏が悪いんや、のノリで)と自分に言い聞かせながら泣く泣く再調整したが、無計画は自分のせいなので結局悪いのは俺である。
動いたぜ!
動いたぜ!
本当は蓋が空いたらペンはそのままバターンと倒れるはずだったのだが、途中で止まってシュルルと戻ってしまった。でもなんかマンボNo.5みたいで面白いので、一旦これでよしとする。(あとでちゃんと対策しますから!)

パクパク

もう一つ電動化したいところがあった。シャープペンの芯はネジとホースにまたがって折れるため、折れた芯の片方がホースの中に残ってしまう。そこで、芯の排出機能も作ることにした。
パクパクさせます
パクパクさせます
冒頭の動画で見てもらった通り、ケースの上半分がパカッと開くことで、ホースの中の芯を外に落とす。(また重力頼み!)
穴をあけてちょうつがいで止めます
穴をあけてちょうつがいで止めます
切りやすいと(自分の中で)評判のプラ板を切って
切りやすいと(自分の中で)評判のプラ板を切って
貝柱的なやつを作りました。
貝柱的なやつを作りました。
内側にもうひとつのサーボモーターを仕込んで
内側にもうひとつのサーボモーターを仕込んで
できるだけ閉めた状態で、さっき作った貝柱を固定
できるだけ閉めた状態で、さっき作った貝柱を固定
これで、サーボが動くと貝柱が回転して伸び、ケースの底をガバッと開く機構ができたはず。
いざ、動かしてみます。
ガクガク~
ガクガク~
あっ、歩いたっ!!!!すごい!
……すごいけど、やりたかったのはこういうことじゃない。
ケースが重すぎてサーボのパワーが足りなかったようなので
ケースが重すぎてサーボのパワーが足りなかったようなので
中に板バネを仕込んで、開く力をサポートします
中に板バネを仕込んで、開く力をサポートします
で、今度こそ…。
ガバッ!きました
ガバッ!きました
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓