特集 2013年5月24日

山手線はどこ行きなのか?

予想以上にすごく興味深い!

ということで、表にしてみた。
行き先1~4の順番で、より近い駅でならべています。
行き先1~4の順番で、より近い駅でならべています。
予想していたよりバリエーションがあった。予想より、とはどういうことかというと、漠然と下のようではないかと思っていたのだ。
主要な駅を機械的に並べた、こんな感じなのではないかと思っていたのだ。
主要な駅を機械的に並べた、こんな感じなのではないかと思っていたのだ。
つまり、品川、東京、上野、池袋、新宿、渋谷、という主要な駅を「方面」として並べた感じだろう、と。

ところがどっこい、前述のように思いのほか「例外」がたくさんあった。これは楽しい。

たぶん、ホームの行き先表示看板は古いものもあれば新しいものもあって、結果的に変わっていく各時代の表示の考え方が併存しているせいもあると思う。
実際、車内における「方面」表示は上の表に近い。
実際、車内における「方面」表示は上の表に近い。

あれ?

で、じっくり眺めているといろいろ気がつくことがある。たとえばまず1ページ目最初のほうにある田町駅の写真のところで書いた、同駅における「池袋方面」の表記だ。

あれ?田町から池袋って、内回りの方が遠くない?
ほら!
ほら!
やっぱりー。

ってJRの鬼の首とったつもりでいたら、乗り換え案内で調べたところ、なんと駅数多くても内回りの方が時間は短いのな!へー!

そりゃそうか。プロがこんなミスするわけないか。(でも、早く行きたかったら東京駅で丸の内線に乗り換えた方が早いよね(←負け惜しみ))

しかしこのことでわかったのは「何駅先を方面として表示しているか」をもっとわかりやすく見るべきだ、ということだ。

なので、そういうグラフにしてみた。
それぞれの色分けは、表における「行き先1~4」を示しています。こうやってみるとやっぱり田町の16駅先は特徴的だ。
それぞれの色分けは、表における「行き先1~4」を示しています。こうやってみるとやっぱり田町の16駅先は特徴的だ。
おっと。これ、わかりやすくなったんだかそうじゃないんだか微妙だぞ。

いや、えーと、上記の「漠然と思っていた行き先表示」の通りだったとしたら、このグラフはノコギリの歯のようになっているはず。

これも大まかに見るとノコギリ状にはなっているが、ところどころ崩れているところがある。そこがおもしろポイントのはずだ。そういうことがわかるグラフなのだよ!

以下に機械的パターン(ノコギリ)から外れた見所を列挙してみよう。
・「駒込」が登場するのは品川駅だけ
・「浜松町」が登場するのは渋谷だけ
・神田で「巣鴨」が登場するのが唐突
・「田端」が登場するのは西日暮里と御徒町だけ
・鶯谷と日暮里で先走って「渋谷」が登場。そのあと消える。
・「原宿」が登場するのは新宿と代々木だけ
・「目黒」が登場するのは恵比寿だけ
たぶんちゃんと考えればそれぞれ理由があるのだとは思う。

たとえば、品川の駒込問題は、品川から駒込のひとつ手前の田端までが京浜東北線と併走している区間だから、ということで説明がつくかもしれない。つまり「これは山手線ですよ」というアピールだ。鶯谷と日暮里で唐突に「渋谷」が登場するのも同じ理由かも。

しかし、デイリーポータルZはそういう正しい答えを提供するサービスではないのだ。それより「恵比寿と目黒が仲が良いっていうの、なんかわかる気がする」っていうことのほうが面白い。

そうだ、機械的パターンから外れた部分を「思いあまった駅から駅への情熱」と解釈してみようではないか。

山手線駅恋愛模様

!
それが上の図だ。どうだろう。

どうだろう、って言われても困ると思うけど。

各駅の性格とか年齢はぼくがかってに感じているイメージを元にした。渋谷はみんなに人気者の若い女の子で、モテモテなんだけど、実は年上の一見ふつうのサラリーマン(浜松町)に気がある、というように。

それにしても、この恋愛模様を思いついたのが、取材後だったのが悔やまれる。というのは、今回内回りしか調査していないのだ(京浜東北線と併走している部分は内回りホームと外回りとが離れていたりするので「ついでに逆番線も見る」ということができず、すごくめんどくさかった)。

その結果「片思い」しかわかっていない。すまり、もし仮に目黒駅の外回りホームに「恵比寿」があったら、この二人は完全に恋人同士だ。外回りも調べていたら、そういう関係がわかったはずなのだ。両方見なかったことが悔やまれる。いずれ近いうち調べ直したい。だって、田端を中心とした関係すごく気になるし。

さて、肝心の外回りそっちのけで、他の線も調べたのだよ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓