特集 2013年5月16日

壊れたニットを編む機械~古い機械をハッキングする

メンバー紹介をします

説明が長くなったけど、グリッチニットの話に戻ろう。グリッチニットの話をWebサイトで見てすごく面白かったので、制作の現場を見せてもらいにきたのだ。
(*)ヌケメさんは記事への顔出しNGとのことでしたので、本記事ではヌケメさんが写っているすべての写真をグリッチして掲載させていただきます。ご了承ください。
テクノ手芸部よしださん(左)、アーティストの菅野創さん(右)
テクノ手芸部 よしださん(左)、アーティストの菅野創さん(右)
FabLabShibuya</a> 山本詠美さん
FabLabShibuya 山本詠美さん
このプロジェクトの言いだしっぺはヌケメさんだ。ヌケメさんはこのグリッチニット以前から「グリッチ刺繍」というのをやっている。自動刺繍ミシンにいろんなロゴのデータを入れたうえでグリッチさせ、変形したロゴ刺繍を作るプロジェクトだ。ここにもグリッチ。世の中にはデータ形式の数だけ、グリッチがあるのだ。

神が作った機械

グリッチニットの機械全景。赤が元々あるニッティングマシンで、青が改造部分
グリッチニットの機械全景。赤が元々あるニッティングマシンで、青が改造部分
機械を見ての最初の感想。でかい。T字型に上下左右にでかく、どう置いてもかさばる形状である。驚くべきことにこれは家庭用、しかもポータブルなのだそうだ。さらに驚くべきことに、ポータブルなのに10kg以上ある。
「ママチャリ並みです」(ヌケメ)

ちなみに上のアンテナみたいなのは、ミシンでいうと糸調子(糸を張る強さを調節する部分)。
青い改造部分の代わりに、元々はこういうフロッピードライブつきのコントローラがつながっていた
青い改造部分の代わりに、元々はこういうフロッピードライブつきのコントローラがつながっていた
今回の改造、いやみんなハッキングと呼んでたから、ここからはハッキングと言おう。今回のハッキングのポイントは、このコントローラをパソコンに置き換えること。パソコンから自由に模様のパターンを流し込めるようにすることだ。

まだプロジェクトは途中だがハッキング作業はかなり進んでいて、いま普通に好きな柄のグリッチニットを編める状態まで来ている。
作業場には動作テストで作ったニットが積まれていた
作業場には動作テストで作ったニットが積まれていた
台の上には200本の編み針がついている
台の上には200本の編み針がついている
その上を、このハンドルつきの部品を滑らせると、編まれたニットがビローって出てくる。(動いてる様子はのちほど動画で)
その上を、このハンドルつきの部品を滑らせると、編まれたニットがビローって出てくる。(動いてる様子はのちほど動画で)
このハンドル付の部品のことをキャリッジというらしいのだけど、この裏側がすごい。
カブトガニの裏側みたいになっている。緻密を通り越してグロい。
カブトガニの裏側みたいになっている。緻密を通り越してグロい。
こんなのをいじくりまわしているのを見たら、そりゃ現場を見たくもなるでしょうよ。そんな欲求だけでずうずうしくお邪魔したのですが、次ページではさらにずうずうしいお願いをしてみます。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓