特集 2013年4月22日

むしろ、池袋に遊びに行こう

!
東急東横線と東京メトロ副都心線の直通運転になって、埼玉県民が横浜に遊びに行きやすくなった!
「埼玉県民よ、横浜へ遊びに行こう!」と誘うメディアが多い。
いや、ちょっと待って。
横浜に行きやすくなったということは、逆に、横浜方面から、埼玉方面へも、行きやすくなったということ。
神奈川のみなさん、まずとりあえず、魅惑の池袋で遊んでみない!?

そんなわけで、埼玉在住歴27年、東京転居後も池袋に遊びに行く私が、2日間歩き回って、お勧めすべき場所を選びました。
むしろ、今は、池袋でしょ!
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

前の記事:傷心旅行、伊東の味噌汁専門店へ

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

まずは鉄板から。サンシャインシティ!

池袋のランドマーク、サンシャインシティの「サンシャイン水族館」と「プラネタリウム満天」は鉄板です。まずはどちらかに行っておきましょう。
サンシャインでは、ふるさと物産展などのイベントも多数行われているので、事前にサイトでチェックすべし。噴水広場ではしょっちゅう、アイドルが宣伝のためのミニライブをしています。
サンシャインにはユニクロもありますが、「ALTA」というファッション専門店街もあって、若い女の子向けの店舗が多いのですが、安くて刺激的な変てこりんなモノも売ってるので、見るだけで楽しいかも。

池袋といえば!な場所

次に鉄板と言えるのは、池袋中華街。「陽光城」という24時間営業の食材店や、四川料理専門店「地音食堂」、焼き小龍包専門見店「永祥生煎館」が人気で す。「中国茶館 」という店も有名で、よしながふみさんの漫画『愛がなくても喰ってゆけます。』にも登場します。ドラマ『孤独のグルメ』に出てくる「中国家庭料理 楊 2号店」は、汁なし担々麺が美味しいです。池袋チャイナタウンは、店々が一点集中していないし、中華街のように派手に観光地化されていないので、探して そっと入店する感じになりますが、そこがまたイイのです。

かなり時間がつぶれます

本好きのみなさんが行くべきところは、「池袋ジュンク堂書店本店」です。ここは日本一、売り場面積の広い書店さんらしいです。棚の作り方も本当に丁寧で、 こまやかに選ばれた魅力的な本が、ずらーっと並んでいます。とくに買うつもりがなく入っても、何かしら買ってしまうことでしょう。私は、いつもそう。

デパオクの超有名店

西武池袋店の屋上に、「かるかや」といううどん屋があります。人気マンガ『孤独のグルメ』にも登場しているのですが、とにかく、安くて美味しい。評判が評判を呼び、お昼時には行列になってしまっているので、少し時間をずらして行くのがよいでしょう。
独特の歯ごたえがします。
独特の歯ごたえがします。

ピンク街をかきわけて観る良い映画

映画を見るなら「新文芸座」。オールナイト上映やトークショーもあったりするので、サイトをチェックして行くべし。たっぷり映画が楽しめます。映画帰りに は、並びにある激安酒店「やまや」で、お酒買ったり輸入食品買ったりしても、楽しいかも。ちなみにやまやの入ってるビルには、ドラマ『池袋ウエストゲート パーク』にの舞台になったボウリング場もありますよ。

甘さは強めです

!
東口真ん前にある「洋菓子タカセ」もおすすめです。大正9年創業の古い店なのですが、尾崎豊さんがこの店のシュークリームを好きだった、ということでも有 名です。ここの9階「コーヒーラウンジ 」に行くと、池袋駅周辺が一望出来ます、いい眺めです。コーヒーは500円くらい。もうちょっと気軽に楽しみたい方は、タカセ本店の裏手にある、「コー ヒーサロン・タカセ 」に行くと、リーズナブルにコーヒーが頂けます。私はこちらのほうのヘビーユーザーです。
サバラン。洋酒がじゃぼじゃぼ入っているので、お酒に弱い人は酔うかも。
サバラン。洋酒がじゃぼじゃぼ入っているので、お酒に弱い人は酔うかも。
……と、大筋は押さえたところで、あとは個人的なレコメンドをしますぜ!
いったん広告です

サクラカフェ

国内外のバックパッカーが泊まるお宿、「サクラホテル」に併設された、24時間営業のこざっぱりしたカフェ。外国人がそこらへんにいる、不思議な空間で す。世界の料理、世界の瓶ビールが置いてありますが、コーヒーも180円で飲めるので、飲める人&飲めない人が同席するには、とても都合のいいカフェで す。女友達を連れて行くと、皆一様に「いいね、ここ!」と言うので、女子ウケはばっちりかと思われます。デートに使っているカップルも多いです。 WiFi&電源が完備されているので、旅行中の方にも、ノマドの方にも便利。

小屋っぽいタイ料理屋

!
池袋にはタイ料理屋が多数あれど、小屋っぽいルックスの「ピラブカウ」一押しでございます。タイ政府認定レストランだそうで、何しろ辛い! ナマズ料理と か珍メニューもありますが、人気なのはアヒル料理らしいです。週末は席が埋まってる確率が高いので、予約するか、早めに行くのがおすすめです。
これはエビのサラダ。やっぱり辛かった!
これはエビのサラダ。やっぱり辛かった!

行くべしビックカメラアウトレット池袋東口店

!
「ビックカメラアウトレット」は有楽町店、そして横浜ビブレ7Fにもあります、が! 地下1階から4階まで、みっしりアウトレットがある池袋東口店も要 チェックです。なんでこんな安いの? と価値観がゆらいでグラグラする電気製品満載。先日私は、ホームベーカリーがありえない値段で売っているのに遭遇し てしまい、購入して母親にプレゼントしました。店の向かいには、「ビックフォト」というカメラ女子向け専門店があるので、そこをのぞいても楽しいです。

おしゃれでキレイ、芸術劇場のカフェ

池袋の駅付近だと、休日は、カフェは混み合います。その中でも穴場なのは、西口真ん前にある、「東京芸術劇場」内。半年前に改装されたので、とってもキレ イです。劇場のカフェって、たいていひろくて、余裕があるのですが、今回行ったCafe 奏(かなで)」も広くてゆったりした店でした。ほかにもベルギービールカフェ「ベル・オーブ」、おにぎり店「吾ん田」などがあります。気軽に利用出来ます よ。
フツーに美味しかったです。席がゆったりで、長話してもいいのが良し。
フツーに美味しかったです。席がゆったりで、長話してもいいのが良し。

自由学園明日館からのポポタム

巨匠フランク・ロイド・ライトの設計の建築物、重要文化財「自由学園明日館」というのがあります。結婚式などイベントにも使われる施設で、最近では、AKB48の『上からマリコ』のPVロケ地になったようです。中を見学&お茶出来ます。
そこから目白寄りに歩くと、「ブックギャラリー ポポタム」があります。え、こんな場所に本屋さん? という感じの場所にあるのですが、休日にはとぎれず お客さんが来ています。リトルプレス(少部数で制作される、自由度、専門性の高い出版物)が多数置いてあって、そういうものにあまり興味なくても、気軽に 手にとれます。ギャラリーでは展示をやっているので、そこで何か作品を買うのも楽しいです。私はクラゲの形のピアスを買うのを悩んでやめてしまったのです が、絶賛後悔中…。

地元の人みたいに、飲みたいじゃないですか

超地元の人が行くような店にも、行ってみました。酒屋の中で飲むという、通称・角打ち(かくうち)というやつです。
探して見つけた店、「やすちゃん」は、立教大学の近くにありました。
や、やすい! 銀盤なんか、普通の店で飲んだら、倍の値段がしますよ。ちなみに立ち飲みじゃなくて椅子があります。
おかみさんの手作りロールキャベツと、湯豆腐食べておなかいっぱい。いや、家の近所にあったら通うわ、こんな店!!

個人的に必ず行く店、九州一食堂

!
個人的に、池袋に行くと必ず寄る食堂があります。それは「九州一食堂」(看板にはなぜか東京一食堂と書いてありますが、現在は九州一食堂が本名なようで す)。定食屋と飲み屋がゴッチャになった広めの食堂で、鹿児島ルーツの食べ物が食べられます。鹿児島直送の刺身を、九州独特の「甘い醤油」で食べられるの です。これがクセになるおいしさです。あとはもう基本家庭料理なんですが、落ち着いて飲めるし、飲めない人でもゴハン食べられるので、くつろげます。あ、 夜でも定食やってます!
甘い醤油でいただきます!
甘い醤油でいただきます!
さて、とりあえず20ケ所くらい紹介しましたが、他にも紹介したいところがあるので、ばーっとお伝えします。
日本酒マニア向けのお店、「希紡庵」。全国各地の酒が飲めます。サントリーバー「ヘルメスワインコーナー」は、水割り一杯200円の破格の安さ。古くから ある焼き鳥なら「かめや」、浅漬けをかじりながら食べると美味しいです。かめやの向かいにあるビル2階には、インド食材屋があるので、カレー用のお豆とか 安く買えますよ。池袋エチカの寿司屋「立喰 美登利」はチェーン店ですが、普通に美味しいです。Suicaのペンギンの形のケーキを売ってる「ペストリー&ベーカリーブティック」はホテルメ トロポリタン内。ギンギラギンの内装の喫茶店、「伯爵」は、歌舞伎町ロボットレストランに負けない勢いがあります。なんかもう、安く飲めればどこでもい い、という時は「帆立屋」。なすベーコンが意外な美味しさです。今回行けなかったんですが、世界一辛いカレーを出す店「サブラン」も話題なようです。「東 亭」っていう餃子屋さんも、美味しいらしいんですが、行ったことないんですよ、行きたいなあ。

池袋どうでしょう

そんなわけで、ざっと紹介してみたんですが…。池袋、遊びに来ませんか?

例えば文系なカップルには、
プラネタリウムもしくは水族館→ジュンク堂→ポポタム→自由学園明日館でお茶、もしくは芸術劇場でお茶→タイ料理ピラブカウ→サクラカフェ、
なんてコースはどうでしょう。

とりあえず、「プラネタリウムもしくは水族館、もしくは新文芸座」をまずプランに入れて、中華食べたければ中華を、酒が飲みたければ飲み屋さんを、お茶が飲みたければカフェを、追加していくのがいいかと思われます。

池袋、どうでしょう!?
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓