特集 2013年3月23日

お皿にお皿を乗せると食卓は華やかになる

華やかな食卓はお皿から!
華やかな食卓はお皿から!
食事とは目で楽しむものだ。お腹が満たされるだけが食事ではない。美しく華やかな食卓が我々にあらゆる幸福をもたらすのだ。

そんな華やかな食卓の実現は一見難しいように思える。しかし実は簡単だ。高級食材や特別な技術は必要ない。お皿なのだ。お皿にさえ気を使えば、美しく華やかな食卓は簡単に実現するのである。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:輪島のソウルフードと地主のソウル神社

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

食事は目で楽しむもの

食事とは目でも楽しむものと分かっていても、どうすれば華やかなになるか具体的な方法を知っている人は少ないように思える。せっかく手の込んだ料理を作っても、その問題を解決できなければ結局はお腹を満たすだけの料理になってしまう。食卓は華やかでなければならない。
華やかな食卓を実現する前の私の食事風景
華やかな食卓を実現する前の私の食事風景
上の写真を見て欲しい。お弁当を食べる私である。食卓に華やかさは皆無である。実家の母が見たらどう思うだろうか。きっと喜びはしないだろう。雨の日の校庭のような寂しさを感じる。これではお腹は満たされても心は満たされない。
食べるものが弁当からポテトになっても寂しさは変わらない
食べるものが弁当からポテトになっても寂しさは変わらない
長く私は上記のような食卓だったけれど、ついに華やかな食卓を実現することに成功した。一度実現してしまえば華やかな食卓は別に難しいことではなかった。九州の片田舎出身の私だけれど、今ではスタバにも行くし、表参道を歩いたこともある。そのような経験が華やかな食卓を実現させたのだと思う。
華やか!
華やか!

お皿にお皿を乗せれば華やか!

華やかな食卓とは、お皿にお皿を乗せることで実現する。ポテトをそのまま食べると、雨の日の校庭のような寂しさが漂うが、お皿に移し、さらにそのお皿の上にケチャップの入ったお皿を乗せれば、ハワイのバカンスみたいな華やかさが生まれる。誰もがハイネケンを飲みたくなるだろう。
お皿だけでは華やかさ不足。やはりケチャップの入ったお皿が必要だ!
お皿だけでは華やかさ不足。やはりケチャップの入ったお皿が必要だ!
華やかな食卓の基本はお皿にお皿。とても簡単なことだ。この方法を使えば、買って来たお弁当だって華やかになる。先のような悲しい食卓にはもうならないのだ。華やかの権化のような食卓を実現しようではないか。
このお弁当を華やかにします!
このお弁当を華やかにします!

華やかな食卓に!

華やかな食卓を作るのに料理を作る必要はない。スーパーで適当にお弁当を買って来てそれを移すだけでも華やかになるのだ。ポイントは「お皿にお皿を乗せる」。ただそれだけである。
華やか!
華やか!
唐揚げ弁当の唐揚げをお皿に乗せ、さらにケチャップのお皿をお皿に乗せた。それだけでお弁当の時にはなかったシチリアの風のような華やかさが生まれる。さらにケチャップが愛おしいほどの華やかさをを放っている。紅一点と言ったりするように人は赤への思い入れが強い。その結果がこの華やかである。
ご飯とサラダをお皿に移す
ご飯とサラダをお皿に移す
赤(ケチャップ)を足せば華やか!
赤(ケチャップ)を足せば華やか!
ケチャップを直接ご飯にかけるのではなく、周りに添えることが華やかな食卓への扉を開く。またお皿の上に乗せたお皿にはサラダが入っているが、本来ならお皿の上に乗せる必要はない。バラバラでも問題ないのだ。しかしそれがオシャレ。ムダこそが華やかな食卓なのだ。その最たる例が以下である。
おかずをお皿に乗せて、
おかずをお皿に乗せて、
さらにお皿に乗せれば華やか!
さらにお皿に乗せれば華やか!
これは上級者テクニックだ。先までは上下のお皿がそれぞれ何かしら食べられる物を乗せ、バラバラにしても機能していたが、この方法では下のお皿はもはや必要ない。ビデオの壊れたテレビデオみたいな感じだ。しかし、華やかな食卓にはこれ。ビデオの壊れたテレビデオなのだ。
お弁当がだんだん華やかになってきます!
お弁当がだんだん華やかになってきます!

お皿を大きく!

オシャレな食卓の基本はお皿にお皿だけれど、二つ目の方法として、お皿を大きくするというものがある。盛ろうとしているものの数倍はある大きいお皿を使うのだ。これが華やかな食卓をさらに呼び寄せることになる。
どん!
どん!
空腹時に食べたら何の足しにもならなそうな小さなハンバーグと、おまけ程度のサラダを大きなお皿に盛りつけた。華やかだ。食べたことはないのだけれど、フランス料理である。本来は揚げ物にかけるはずのレモンがフランスのマルシェを通り抜ける風のような華やかさを実現している。
鮭もこう!
鮭もこう!
大きなお皿の応用で大きなザルという方法がある。お弁当に入っていた鮭を乗せると新鮮さと高級感を生み出すことができる。また葉っぱもそれらを生み出す効果に一役買っているが、これはお弁当には入っていなかったので外でとってきたものだ。今はもう春なので葉っぱには困らない。
鮭の葉っぱは外でとった
鮭の葉っぱは外でとった

華やかな食卓の完成!

お弁当を一品ずつお皿に分けるだけで、華やな食卓は完成した。計5皿。なかなかのボリュームである。これを高級料理店で食べたらどうだろう。きっと高い。しかし、実際はお弁当を分けただけなので非常に安い。目をも楽しませる華やかな食卓はお皿からなのである。
これが、
これが、
こうなりました!
こうなりました!
華やか。自宅の食卓に見えない。パーティーである。気の合う仲間と食べたらどうだろう。きっと楽しいだろう。恋人と愛を語りながら食べたらどうだろう。きっと結婚へと道は開けるだろう。そういう華やかな食卓はお皿だけで実現するのである。
華やかになるのは食卓だけで、ほかは寂しいままだけど本稿と今後の人生ではそれは無視して行こうと思います
華やかになるのは食卓だけで、ほかは寂しいままだけど本稿と今後の人生ではそれは無視して行こうと思います

食卓は華やかになりました!

華やかな食卓はお皿だけで実現することが分かった。お皿だって100均で買った物だ。料理のレベルは収入によって変わるけれど、一度お皿を買っておけば収入の変化でお弁当のランクが下がっても、華やかな食卓はキープできる。お皿が割れない限り食卓は一生華やかなのだ。素晴らしいではないか。問題は食卓の外だけれど、それは考えないことにしたい。
葉っぱがないと意味が分からなかった!
葉っぱがないと意味が分からなかった!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ