特集 2013年1月10日

笑うとめでたい初詣初笑い神事

!
あけましておめでとうございます、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

と、一応言うものの、最近のお正月はなんだか少し特別感にかける。お店もどこも普通に営業しているし、いつもと変わらず過ぎていってしまう。

なにかめでたく正月気分を味わえることがないかなと探してみたら見つけた、新春初笑い神事だって。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:お正月特集「過剰な食べもの」格安王将は安さが過剰

> 個人サイト owariyoshiaki.com

神話の神様って人間臭い

初笑い神事、なにかわからないが、おめでたい感じがすごい。これは行ってみたいと調べてみた。

なんでも、地域の神様が神様会議行かなきゃなのに寝坊しちゃって落ち込んで出てこないからみんなで笑って元気付けようぜ!って祭りらしい。
和歌山県の御坊駅まで来た。駅から風車がいっぱい見えてうれしい。
和歌山県の御坊駅まで来た。駅から風車がいっぱい見えてうれしい。
そのおかげで何とか神様は立ち直って、急いで会議に行ってどうにかなった。という話だそうだが、神様も寝るんだな。というか、神様寝坊したら落ち込んでないで急ごうよ。
用のバスが出るほどの祭りなのか
用のバスが出るほどの祭りなのか
寝坊してすねるって友達だったらかなりめんどくさいタイプだ。天照大神も怒って洞窟に隠れたらしいし、神様ってそういう奴らばっかりか。

めでたいのかどうなのかよくわかんなくなっちゃったけど、行ってみよう。

世界で最も幸せな場所トップ10

シャトルバスまで出ていたので大きな祭りかと思っていたがバスには僕一人っきりで、もしかしてこれは、初笑いと銘打っただけでただの初詣なのではないかという不安に襲われる。
森の木がでかい
森の木がでかい
田舎なので下手したら人もいない可能性すらある…。などと考えていて、到着したバスを降りると、辺りとは明らかに樹齢の違う大きな木の集まった森がある。ここか…!?
トトロっぽい!
トトロっぽい!
初笑いとかいうからちょっとふざけた気分だったのにおごそかな雰囲気で背筋が伸びると共にちょっとわくわくする。神社の空気はなぜこうも違うのか。
世界で最も幸せな場所トップ10!?
世界で最も幸せな場所トップ10!?
中に入ろうとすると、世界シェアナンバーワンの旅行雑誌から「世界で最も幸せな場所トップ10」に選ばれた。という立て看板。

マジで!?なに、そんなにすごいのか。記事には変な格好の男が「笑え笑え」って言ったらみんな陽気な羊のように笑い出して、みんな超楽しそうで凄い。という様なことが書いてある。
関係ないけど、砂利よりもどんぐりのほうがいっぱい落ちててテンション上がった。
関係ないけど、砂利よりもどんぐりのほうがいっぱい落ちててテンション上がった。
なんだ、陽気な羊って。それだけで世界10位以内まで登りつめられるのか。一体どんだけ笑ってるんだ…。と思っていると中から声がマイクの声が聞こえてきた。おぉ、行かなきゃ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓