特集 2013年1月7日

沖縄パーラーミステリアスメニュー

方向性が多様で情報を処理しきれない
方向性が多様で情報を処理しきれない
「パーラー」という言葉を聞いて、どんなものを思い出すだろうか。関東に住んでいる私の場合、まず頭に浮かぶのはフルーツパーラーかパチンコ屋だ。

しかし沖縄の場合、パーラーと言うとまた別の意味になる。食堂やカフェが近い言葉になるのだろうが、ややニュアンスが違うようにも思える。

そんな沖縄のパーラー、中には名前だけでは今ひとつ具体像の見えないメニューを出す店がある。そんなミステリアスなメニューを探してみたい。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:お正月特集「過剰な食べもの」アメリカンりんご飴が過剰

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

沖縄に根付く軽食処「パーラー」

パーラーとは英語で書くと「parlor」で、辞書で最初に載っている意味は「店舗」。その意味をある程度保持しながら、食堂ともカフェとも微妙に異なる種類の店として土地に根付いたようだ。
よく見ると、向こうから犬がこっち見てる
よく見ると、向こうから犬がこっち見てる
上の写真のパーラーは公園のすぐそばにあり、揚げパンなどのおやつを売っていた。近くには地元の子供たちがうろちょろしている。パーラーという名前ではなくても、どこの町にもこういう店ってあると思う。
こちらはアイスクリーム専門店
こちらはアイスクリーム専門店
タコライスという食事系のパーラーも
タコライスという食事系のパーラーも
ただ、沖縄のパーラーはおやつ系の店ばかりではなく、甘味や軽食を出す店としてもその名が冠されている。アイスやタコライスをメインに扱う店も見かけるなど、幅広く用いられる言葉のようだ。
沖縄名物の台風が心配なたたずまい
沖縄名物の台風が心配なたたずまい
中でも味わい深く感じたのは、古くからありそうな雰囲気を漂わせるパーラー。写真は国頭村にある「パーラー三角」というお店。店名の由来は三角形の形で海に突き出している土地にあるからとのこと。クラシックタイプのパーラーとして入ってみよう
こういう雰囲気の場所がイートスペース
こういう雰囲気の場所がイートスペース
バーガー類と並ぶ「レバニラ」が気になる
バーガー類と並ぶ「レバニラ」が気になる
パーラーは持ち帰り用に食べ物を売るだけでなく、その場で食べるためのスペースがある場合も多い。カチッとしたレストランというよりも、風通しのいい海の家のような雰囲気のところもしばしばあるようだ。

このパーラーはハンバーガーやホットドッグがメインでありそうに見えるが、中にはレバニラもあるのが気になる。ラインナップ構成としては気になるが、実体としてはおなじみのもの。ここはパーラーの定番品を確かめる意味で、チキンバーガーを注文してみた。
気前のいいはみ出し方
気前のいいはみ出し方
パンからチキンカツが大きくはみ出している元気のよさ。手元に来るまでしばらく待ったのは、作り置きではなく注文後に作り始めるから。だから熱々だろうなとわかっているのに、つい大きくかじりついてやっぱりアチーッとなる。

そういうことも楽しいパーラーなのだが、中には名前を見ただけでは実体をイメージしづらいものを出す店もある。
寿司ののぼりがたなびくパーラー
寿司ののぼりがたなびくパーラー
寿司はともかく、なんか気になるのがある
寿司はともかく、なんか気になるのがある
こちらの店は豊見城市にある「パーラーまっぴ~」。店の前に立つのぼりには、大東寿司という県内の島特有のお寿司がアピールされている。

寿司を出すパーラーというのは珍しいと思うが、大東寿司そのものは郷土料理として広く知られているもの。気になるメニューは別にある。
よく見るとこんにゃくの中に何かが透けて見える
よく見るとこんにゃくの中に何かが透けて見える
それは「こんにゃくバーグ」なるもの。来訪時は「今日は作ってないのよ~」とのことで食べられなかったが、話をうかがったおかみさんによると、こんにゃくの中に具が入っているというオリジナル料理とのこと。

自分の中のバーグ観とは異なるビジュアルが新鮮。こんにゃくが透けて中身が見えるのも、なんとなくなまめかしい。旅程上どうしても食べられなかったのが残念だが、まだ見ぬメニューを求めて他のパーラーを探してみよう。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓