特集 2012年12月24日

楽しいスナックブスの店

!
自転車で家に帰っているときにあるお店を見つけた。あ、あれは、ブスの店だ!
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:ニョッキで作る血のスープ

> 個人サイト owariyoshiaki.com

有名なブスの店

このブスの店、面白画像としていろんなところで紹介されており、結構有名な感じなのだがまさか家の近くにあるとは思わなかった。

画像では見たことがあったものの実際に見るとインパクトが凄い。通り過ぎそうになって「あ、ブスの店。えっ、ブスっ!?」となって引き返してきた。
圧倒的にブスの店。
圧倒的にブスの店。
夜の街に燦々と輝くブスの店。なにを思ってこの名前を付けたのか。本当にブスがいるのだろうか。店構えだけで疑問が尽きない。行ってみたい、が、怖い…。

スナックって、なに

ブスの店、これはなんとも行ってみたい。しかし、スナックというものに行ったことが無いので入りづらい。スナックって何するんだ、カラオケか、ママとデュエットか。

スナックって常連さん、身内ばっかりってイメージを持っているのだが、一見でふらっと入って大丈夫なのか。
助っ人、当サイトライターの小堀さん。うっかり顔の写真しかなくてすみません。
助っ人、当サイトライターの小堀さん。うっかり顔の写真しかなくてすみません。
スナック自体に不安を覚えているのに、更に店はブスである。超えるべきハードルが二段構え。初めてするスキーがジャンプ台からのジャンプ位の状況。

そんな葛藤を抱いていた際、当サイトライターの小堀さんに「ブスの店っていうスナックを見つけたんですが、行きませんか?」と声をかけると「いいですよ、行きましょう」と二つ返事で快諾。すごい、なに、頼れる。

やった、心強い味方が加わった。これなら何とかブスの店に行けそうだ。

誰がブス専や

即決であった小堀さんも聞くとスナックは初体験らしい。それなのによく即決しましたね…。度胸ある。

僕「初スナックって、なんだか緊張しますね。しかもブスの店。ブスな人いるんですかね~」

小堀さん「えっ、いないんですか!?」

えっ、何そのリアクション。

僕「いや、分からないですが、何か自虐ネタみたいな感じで実際そうでもない。とかなんじゃないですかね」

小堀さん「てっきり僕はそういう趣味嗜好の方が行くお店かと思ってました」

なんだ、そういうお店だったとしたら僕の性癖を公開しているだけではないか。
ブスの店に向かう前に軽く御飯を食べていく。
ブスの店に向かう前に軽く御飯を食べていく。
僕「えっ、だったらなんで行こうと思ったんですか?」

小堀さん「好奇心で」

お互い好奇心で向かうブスの店だが、方やブスの店というおもしろ店名を付けた理由を知りたい男に、ブス専のお店ってどんなんだろう。という事に興味を持つ男。

でも、確かに本当にそういう趣味の方が集まる店の可能性も無くも無いのか…。もしそういうお店であった場合、なんとも記事にしづらいので次のページから馬の耳に念仏を唱えてみる。というネタに変わっているかもしれません。

突入

ここでようやっとブスの店に再来。
中が全く見えないのも不安と期待をかき立てる
中が全く見えないのも不安と期待をかき立てる
小堀さん「うわー、本当にブスの店って書いてますねー。これは凄い」

僕「でしょ。中見えないからちょっと入りづらいですね。いやぁ、勇気いるわ」
当方ブスぞろいから感じる力強さ。
当方ブスぞろいから感じる力強さ。
よく見ると求人看板らしきものはスタッフではなく客の募集。このユーモアからするとブスというのも冗談っぽい感じがする。が、それでも当方ブスぞろいの文言の破壊力は凄い。なんだその自信は。

小堀さん「スナックってどのくらいの料金なんですかね、あまり手持ちが」

僕「大丈夫です。僕も料金の相場分からなかったので多めに持ってきました。あ、しかもここに低料金優遇すって書いてますよ」

小堀さん「でも、取材依頼とかしてるから大丈夫なんでしょうか」

僕「いや、全くなにもお話してません。そっちの方が面白いかなと思って」

小堀さん「えぇー。ダメって言われたらどうするんですか」

僕「なんか、別の、馬の耳に念仏とかいう記事に差し替えを…。まぁ、頑張ります」
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓