特集 2012年10月10日

そうだ京都、行こう(名刺を燃やしに)

じゃんじゃん燃やせー!ちょっと背徳感。
じゃんじゃん燃やせー!ちょっと背徳感。
社会人になればほとんどの人は持つことになる「名刺」、そして名刺ファイル。しかし5年、10年と経ち名刺ファイルが膨らんでいくと正直処分したくもなる。しかし人の名前が入ってるものってどうも捨てづらい…。この数年そう悶々としてたのだけど、京都に「名刺を供養するお祭り」があるというのだ。秋の京都へ、名刺を燃やしに行こう(声:長塚京三)。
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。

前の記事:麺が好き?いや小麦粉が好きなのだ、盛岡は

> 個人サイト service&destroy

あらためて供養すべき名刺の仕分け事業

自分が社会人になってから18年、今の仕事であるフリーライターになって14年。そんなに経つのか…。昔やってた営業職も人に会う仕事だったけれど、今も比較的人に会う仕事だ。最初4年分は既に処分したから、あらためて14年分の名刺をひっぱりだしてみた。
個人情報なのでいちおうモザイク入れます。
個人情報なのでいちおうモザイク入れます。
名刺ケース&ファイル4つ分と、袋にガサッと突っ込んでた名刺多数。もちろん全て処分するわけではないので、整理していこう。ちょっと前に流行った言葉でいえば、まさに「仕分け事業」だ。

あらためて残すもの・残さないものと分けていくと、あからさまに「残さないもの」も出てくる。まず多いのが「もう部署が変わってるもの」。たとえばデイリーポータルZ編集部も昔は部署がこんな名前だったりした。というか4,5回変わってる気がする…。
あと住所も昔の大森だったので供養行き。
あと住所も昔の大森だったので供養行き。
あと部署だけでなく「会社を辞めてしまったもの」。デイリーでおなじみ、宮城マリオさんの名刺でいえば、左は現役だしかっこいいから保存ファイルへ。右は前の会社のものなので京都に持ってくことに。京都行き、というとむしろ喜ばしい感じですが、実際は炎上です。
とりあえずこういうので勉強してみる。
とりあえずこういうので勉強してみる。
自分も昔の事務所の名刺がたんまりあった。
自分も昔の事務所の名刺がたんまりあった。
あとまあ明らかに飲み会とかで会って、確実に誰かわかんない名刺とかいっぱいある。そういうのが一番容赦なくホイッ!って感じ。まあ自分の名刺も同じ目に遭ってるだろうしお互いさまだ。

と、どんどん分けていくと綺麗に揃っていた名刺ファイルもどんどん歯抜け状態に。いやもう歯抜けというか歯の方が少ない。
当然ながら残る方が圧倒的に少ない。
当然ながら残る方が圧倒的に少ない。
しかし残したところで「でもこれから先見ることあんのかな?」と思うのが正直なところだ。実際のところ、一度メールのやりとりしてれば連絡先はそれでわかるし、その後も検索できる分手間もかからないし。極端な話、仕事でお世話になる人なら一度はメールのやりとりはするわけで、一回メールしたら名刺処分してもかまわない…といえなくもない。

それでもなお捨てれない名刺というとどんなものか?というと、ひとつは「有名人」。ある意味ノベルティグッズみたいなもんでやっぱ嬉しい。そしてもうひとつは「亡くなった人」。これはちょっと捨てづらい…これこそ供養してもらったがいいんだろうけどねえ。

そんなこと考えながら名刺仕分け大会してたら、供養側がこんな山積みに。
散乱してわかりづらいのでまとめると
散乱してわかりづらいのでまとめると
こんな量。一束約100枚。
こんな量。一束約100枚。
合計すると969枚。約1000枚といっても一枚が小さい名刺だけに、凄い山積み感はないのだけど、まあこれだけの人に会ってきたのだなあと感慨深いものはある。中には5回くらい名刺交換した人もいるけども。14年の間にこれだけの出会いがあったということ。実際は残された名刺もあるのでこれ以上なわけで。

とはいえ、さよならだけが人生だ(って都合いい言葉ですね)。供養のために京都に行ってこよう!
こんなタイトルの記事ですが、使ったのは高速バスです。
こんなタイトルの記事ですが、使ったのは高速バスです。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓