特集 2012年10月8日

全日本ハシビロコウ動かな選手権

…動いたら負けだ
…動いたら負けだ
動かないという特徴で知られる鳥、ハシビロコウ。かわいく愛嬌を振りまく動物たちと比べて、逆の方向性で人気になっているのがかっこいい。

日本では4つの動物園でハシビロコウに会うことができる。その動かなさが気になる私としては、全て回ってどこのが最も動かないかを調べてみたい。

「全日本ハシビロコウ動かな選手権」、勝手に開催である。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:リアルさ追求 カブトガニ・スイーツ

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

根比べの要素もあるハシビロコウ鑑賞

まず紹介するのは、千葉県千葉市にある千葉市動物公園。直立するレッサーパンダとして話題になった「風太」がいる動物園だ。
レッサーパンダに負けずに立つハシビロコウ
レッサーパンダに負けずに立つハシビロコウ
門上部の「千葉市動物公園」の表示右側にはレッサーパンダが立ちポーズをとっている絵があるのがわかる。よく見ると、反対の左側にはハシビロコウが描かれているではないか。

結構な好ポジションを与えられているハシビロコウ。人気者なのかもしれない。
おどけたポーズもとりつつ
おどけたポーズもとりつつ
シルエットだけでもわかる存在感
シルエットだけでもわかる存在感
エントランスそばの掲示には、他の動物たちと楽しげに描かれている姿もあった。クールなイメージの動物なのだが、知名度が上がってこうした役割を当てられるようになったのだろうか。

しかし園内の案内表示では、あくまでシンプルな立ち姿。シルエットだけなのにハシビロコウ感がしっかり漂っている。
「飛行も得意です」と鳥本来の説明も
「飛行も得意です」と鳥本来の説明も
奥の方でじっとしてる
奥の方でじっとしてる
緑豊かな園内を進むと、奥の方にハシビロコウのケージがあった。ここでは2羽飼育されているが、まずは飼育員さんたちが「おばあちゃん」と呼んでいるという個体から見ていこう。
確かにおばあちゃんっぽい
確かにおばあちゃんっぽい
グレーの羽は言われてみればおばあちゃん風。表情もシャンとした高齢のご婦人っぽい。

飼育開始から22年経っているとのことで、それ以前の年齢も含めると結構なお年寄りだ。高齢ということは、今回のテーマである「動かな選手権」には有利に働くのではないだろうか。
さすがに老練
さすがに老練
なかなかの動かな度
なかなかの動かな度
しばらく観察してみる。…確かにじっとしている。脚を動かして移動する場面は見られなかった。ただ、体の向きを変えるくらいのことはするので、石像のように固まっているわけではない、とも言えるだろうか。
こちらもケージの奥にたたずむ
こちらもケージの奥にたたずむ
いい具合にじっとしてるこの選手
いい具合にじっとしてるこの選手
もう1羽は2005年に園にやってきたという個体。園の方によると、年齢は正確には不明だがおそらく10歳くらいではないかとのことだった。

おばあちゃんと比べると若者であるこのハシビロコウ。今回は若さが裏目に出て動き出すかと思ったが、なかなかの動かな度。しばらく見ているのだが、全く動かないのだ。
あー!
あー!
しかし10分ほど経ったところで、急に動き出してきた。何があったわけではないのに、競技としてはここで失格である。
でもこっちに来てくれてうれしい
でもこっちに来てくれてうれしい
表情はあくまでクール
表情はあくまでクール
競技としては負けかもしれないが、柵の方にぐっと近づいてきてくれたので、よく観察できるのはオーディエンスにとって喜ばしいことではある。勝負にこだわらないその姿勢をうれしく受け止めることにしよう。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓