特集 2012年8月17日

お茶・鰹節・かつサンド…知られざる○○直営

箱から出しただけ、じゃないんです。
箱から出しただけ、じゃないんです。
「肉屋直営」「酒蔵直営」「魚市場直営」…最近そういった○○直営といったお店が多い。中にはどれだけ効果があるかわからないものもあるけれど、なんとなく美味そうに感じるのは事実。そして中には珍しいこんな「○○直営」のお店もあるのだ。
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。

前の記事:デラックス!特!まんぷく!進化するのり弁当

> 個人サイト service&destroy

東京駅付近に多い直営の店

最近「直営」増えてるなー、と思ったのが、東京駅にある「東京おかしランド」を見かけたのがきっかけ。お菓子メーカー3店の直営店…というか、いわゆる「アンテナショップ」ですね。そう言うと普通!

ただ「直営」感あるのが、グリコの「出来たて」チョコやカルビーの「揚げたて」ポテトチップスとかが買えること。直営=フレッシュにはかなわない。もし、その後自宅まで4時間かけて帰るとしても購買欲をそそられちゃいますよね、そりゃ。
最後に東京土産を買い込むスポットに。
最後に東京土産を買い込むスポットに。
行列ができるポテトチップス屋。目の前で揚げ揚げ。
行列ができるポテトチップス屋。目の前で揚げ揚げ。
しかしまあ東京駅っていつの間にか食べ物とお土産に超・特化した場所になってますね…それはさておき。

直営ならではのスペシャル感。だいたい「新鮮」だったりするけれど、もっといろいろあっていい。ジャンルだって肉とか魚以外でも美味しけりゃいいんだよ!

ということでまず東京駅そばのこちら。「明太子メーカー直営」のお店「博多もつ鍋やまや」だ。
ランチタイムは明太子食べ放題!どすーん。
ランチタイムは明太子食べ放題!どすーん。
福岡の明太子メーカー・やまやの直営店。
福岡の明太子メーカー・やまやの直営店。
ランチで明太子食べ放題!…って、アレ?
ランチで明太子食べ放題!…って、アレ?
最近どっかで見たなあと思ったアナタは大正解!小野法師丸さんの「『一日一食食べ放題5日間ダイエット』は成立するか」で登場してたのでした。思いっきりかぶった!なんてタイミング。既に自分も食べてたので書かせてください…。

左上写真の頭がボコボコしてるので分かるとおり、昼時来ると大行列!30分近く並んで入店しました。サラリーマンのお昼時+お盆効果ですなー。
大分名物・鳥天定食。レペゼン九州定食です。
大分名物・鳥天定食。レペゼン九州定食です。
ご飯の上に好き放題!客が入れ替わる度に明太子ポットも入れ替わるから安心。
ご飯の上に好き放題!客が入れ替わる度に明太子ポットも入れ替わるから安心。
高菜も取り放題だけど、フォトジェニックさでいえば断然明太子だ。まさに魚卵の宝石箱やー!と旬が過ぎてるのにも構わず彦麻呂的ウォー・クライを上げたくなる。

ちなみに自分は福岡の隣、佐賀県出身なので明太子は比較的近しい食べ物。しかし「ほ~ら明太子どれだけ食ってもいいわよ~」というシチュエーションは味わった事がない。(高菜はそれに近い感じあった)これは高まる!
この比率でほおばってみたかった!
この比率でほおばってみたかった!
ご飯一杯じゃ終わりませんよ。
ご飯一杯じゃ終わりませんよ。
おみやげコーナーの充実度もまた直営感。
おみやげコーナーの充実度もまた直営感。
まるまる一本踊り食いしたっていいんだぜヒャッホー!(自分が踊るのは迷惑だからやめましょう)なんだけど、この濃厚さに逆に自分が量食い過ぎるのを心配してしまう40歳。それなりにガッツリ食いつつもご飯2杯で止めておきます。十分か。
人生でこれまで叶わなかった何かを果たした気がする。
人生でこれまで叶わなかった何かを果たした気がする。
博多もつ鍋やまや 丸の内店

東京都千代田区丸の内1-4-1 iiyo!!B1

つゆだけでは終わらない鰹節づくし

さて同じく東京駅付近でもう一件。次は「削り節問屋直営」のそば屋さん「そばよし」。TV番組でも紹介されたらしく、駅から離れてるわりにお客さんひっきりなし。普通そば屋だと麺推してるところの方が多いですよね。いわゆる推し麺!とは意味が違う。
こちらはつゆ推し。さらに推しているのが…
こちらはつゆ推し。さらに推しているのが…
おかかごはん。
おかかごはん。
しかしこれも既視感が…という人いたらご名答!こちらは地主さんの「美味しすぎる立ち食いそば巡り」に出てたのだった。これは自分が取材後に気づいたのだけど…。まあ今回はおかかごはんメインということで!
パッパッパーと粉かつおかけて醤油をピピーッと。
パッパッパーと粉かつおかけて醤油をピピーッと。
かけ放題!ただライスだけの注文は不可。
かけ放題!ただライスだけの注文は不可。
あったかご飯に絡まるかつお&醤油が!
あったかご飯に絡まるかつお&醤油が!
粉なのでバンバンご飯に振っても味が濃すぎることはない。ご飯とかつおと醤油のバランスが絶妙すなあ。粉にも関わらず主張してくるカツオ成分。そりゃ「ライスはそば購入者のみ」と言わないとコレ目当てにどんどん来るわな。
そばも普通に美味しい。特につゆ!やっぱり。
そばも普通に美味しい。特につゆ!やっぱり。
この辺の気前の良さもさすがだ。
この辺の気前の良さもさすがだ。
つゆもさすがというか、言葉で現しづらいけど「生っぽい」。ちゃんとカツオの味、というか。あと普通そば一枚食べたらつゆはけっこう薄くなってるもんだけど、食べ終えた後でもぜんぜん濃い!飲むのに躊躇するレベル。もう一枚食べてもよかったなあ。
近所にあったこの店、居酒屋かと思ったらホントに魚屋だった。
近所にあったこの店、居酒屋かと思ったらホントに魚屋だった。
そばよし

東京都中央区日本橋本町1-1-7

普通のカフェなのにひとつ上の日本茶

さて2食立て続けに食べた(&記事がかぶった)し、落ち着けるためにお茶でも。と、訪れたのは「お茶問屋直営」の「Beans&Leaves」。
日暮里駅近くの気軽に入れるカフェ。
日暮里駅近くの気軽に入れるカフェ。
店頭にお茶が並べられてるのがやはり直営感。
店頭にお茶が並べられてるのがやはり直営感。
あっ、そうだ写真撮るの忘れてたけどさっきの「そばよし」も削り節とか売ってあったなあ…。直で食べれる以外にもしっかりお土産売り場があるのが「直営」の特徴ですね。「まあ食べてみて気に入ったらこれも買ってよ」イズム。

名前がBeans&Leavesだけにコーヒー紅茶などお茶類一式メニューにあるけれど、ここは上煎茶「金龍」をアイスで。
明太子につゆと来たあとでいい清涼感です。
明太子につゆと来たあとでいい清涼感です。
セットもあらお安い。
セットもあらお安い。
あまりお茶ってお金出して外で飲まないけど…
あまりお茶ってお金出して外で飲まないけど…
あ、なんか他のお店で飲む緑茶とは違うなあ。どこか味がさっぱりというか澄んでるというか。舌に残らない感じでこの季節に飲むにはジャスト!さすが上煎茶。あまり外で日本茶ってお金出して注文することないけど、このレベルなら頼むねえ。

日暮里という山手線ながらどこか郊外感ある光景を見ながらまったりするのもいい感じです。
都心なのにどこかローカル。
都心なのにどこかローカル。
Beans&Leaves

東京都荒川区西日暮里2-17-7
さて口まわりさっぱりした後はヘビーな、さらにヘビーな味を!と行く予定だったのは「油問屋」運営のお店。これが横浜と東京でみつけてたのだけど、行ってみたらどちらも盆休み!油業界はお盆を尊ぶのですね…。
楽しみだったけどなー。
楽しみだったけどなー。
舌が油を欲している!
舌が油を欲している!

目の前でザク切りされる東京名物

油がほしいよう…ということで最後に来たのは秋葉原。東京の多くの駅弁コーナーに売ってある「万世のかつサンド」、その出来たてを食べれるという「万世直営」のお店があるのだ。
いわゆるアキバなストリートの逆側にある万世のビル。
いわゆるアキバなストリートの逆側にある万世のビル。
絵可愛いけど彼らの末路は…と思うと切ない。
絵可愛いけど彼らの末路は…と思うと切ない。
といっても、ここでカツサンドが食べれるのは東京人にとってはそんな珍しい話でもない。ただ個人的に喜ばしいのは立ち飲みしながら注文できるという点!万世ビルの下にある「万世橋酒場」、ここは夕方5時までがラーメン屋でそれ以降が立ち飲み屋(ラーメンも注文できるけど)という時間割のお店なのです。
ビル全体がレストランですが、ここは1人呑みにも使える!
ビル全体がレストランですが、ここは1人呑みにも使える!
やってきたのは開店したばかりの夕方5時過ぎ。早い夜飯なのか、食べ損ねた昼を今食べてるのか、まだラーメン客の方が多い。

とりあえずカウンターでカツサンド、あとせっかくなので(何がせっかくかはさておき)チューハイを。しっかり居酒屋メニュー充実してるので、仕事帰り客も多そうです。
キンミヤのおいしいやつです。
キンミヤのおいしいやつです。
今あの油のプールで俺のカツが…。
今あの油のプールで俺のカツが…。
万世のかつサンド、駅弁コーナーなどによく置かれているので見る機会は多い。神奈川が崎陽軒のシュウマイなら、東京は万世のかつサンド、みたいな位置づけですね。

他には串揚げや煮物などザ・居酒屋なオーソドックスなメニューが中心のこちらのお店。中でもかつサンドは人気メニューなようで、目の前でかつサンドが出来ては他の卓へ…と思ったら3番目に来た。箱に入ってないやつは初めてだ!
見た目は箱と変わらず。ポテトが脇に構えております。
見た目は箱と変わらず。ポテトが脇に構えております。
おお、やはり箱のとはパンのふかふか具合が違う。そして口にすると…柔らかーい!!いや、正直びっくりしたなあ。もっとカツらしい食感あるやつかと思ったら、衣も肉も柔らかい。メンチカツかと思うほど。しかししっかりカツだ。
ヒョイパクはもったいないので味わいつつ。
ヒョイパクはもったいないので味わいつつ。
チューハイとかつサンドの夜食。贅!
チューハイとかつサンドの夜食。贅!
ポテトももちろん揚げたて。
ポテトももちろん揚げたて。
いやあ、よく駅弁大会でも「作りたて駅弁」とか売ってたりするけど、これは破壊力あるなあ。しかも目の前でザクザク包丁で切ってくれるとこ見れるのもいい。味的にもビジュアル的にもザ・直営だ。
ビルの向いにもこんなかつサンドスタンド?があった。
ビルの向いにもこんなかつサンドスタンド?があった。
「直営」という愛おしき響き、そしてそれに違わぬ味やサービス。工場から現場、もしくは現場=工場という間をスッ飛ばしたライブ感がたまらない。もっといろんな直営があっていいよねえ。

タモリの番組でも紹介されたそうで撮影率高い。
タモリの番組でも紹介されたそうで撮影率高い。

とりあえずお腹さえ膨れれば

今回は行く店がかぶったり、お盆で閉まってたりとなかなかの大変さで…。食べ物取材は行った先が美味いととりあえず救われた気になるのがいい所です。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓