特集 2012年7月29日

老人になって番組に出る

!
とある
番組に
出演することに
なりました。

老人になって。
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:閉店間際のコンビニが壮絶すぎる

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

!
実はただいま
とある仕事で
とある番組を
つくったりしています。


番組。

みんなもいろいろ見ているかと思いますが、
いわゆる番組って一体どんなふうに作られているのか
みんなもすこぶる気になっていることかと思いますので、
今回は
そんな番組制作の現場を
すごくうっすらと
紹介しちゃおうかと思いますからね!
うっすらとね。
!
ちなみにその番組は
いわゆる入試とかでの
「面接」について
いろいろ説明する番組でございまして、

番組の前半は
面接について語り合う対談VTR

番組の後半は
面接の再現VTRで
構成する予定でございます。


まずその
前半の対談VTRなのですが
その撮影は
!

とあるオシャレな
スタジオで
行われることになっておりまして、
その場所は西麻布
!

いわゆる
六本木でございますね。
ギロッポン。

ギリギリ多摩ですが
番組業界
さすがだと言えるでしょう。

!

そんな
!
スタジオというのが

こちらでございます

!
!!


きゃーーーーッ!!

!
なにココーー!!
!
本!
!
本ッ!
!
本ッッ!!
なんとも
伝統を感じさせる
ステキかつ重厚な本ばかり!
!
本は本でも
いつも見慣れた
ブックオフとはえらい違う
空間!


どうやらこちら
そもそもは
とある著名な方の書斎のようでして
そこが撮影スタジオとして解放されているということで
ステキすぎ!!



さらに随所を
よく見てみましても
!
普段多摩ではそう見られない
ステキな
!
本的知的業界的アイテムが
散りばめられておりまして、
普段はローテンションきわまりない僕も
大興奮でした。


しかも
本棚の一画が
!
ガラッとズラせるようになっておりまして、
ガラッとズラすと
その奥には、
なんと
撮影のためにも

!
メイク室があったりしましてね
さすがだぜ
撮影業界!


ってことで
番組に出演されるみなさんは
そんな感じで
メイクなどが行われることになるのでした。


そうして
撮影のための
照明等が
まずはセッティングされていくわけなのですが、
!
ちなみにこちらの
ステキなスタジオ、
日テレの「ZIP」など
各テレビ番組でも
使われたりしてたので
見たことある方もいるかもしれませんね。




そんなスタジオに
まずは
出演者のみなさんが登場!
!
決まってるね。

ってことで
撮影の準備が整いまして

!
撮影開始!!
ってことで

こんなかたちで
!
主演者のみなさんが出演して
ディレクターさんが指示して
カメラマンさんが撮影して
音声さんが音声して

見事なチームワークで
!
番組の撮影は行われていくわけ
なのでございます。


業界っぽくていいですよね

これで僕らも業界マンです。



ってことで
そんな対談部分の
撮影が無事終わりまして、
どうせなので
僕も記念に浮かれポンチで
!
ちょろっと撮ってもらいましたが、

その後
!
一気に撤収いたしまして
では続いては!
!
今回の番組構成的にが
後半にあたる
実際の面接の現場を再現する
再現VTRを
撮るわけでございます。
!
再現VTR。

つまりは
「ギョーテン」とか
「アンビリバボー」とかでおなじみの
(2日連続でやられるとごっちゃになりがちな)
再現VTRでございますね

ってことで
続いては場所を変え
今度はスタジオではなくて
!
テレビ局の
とある会議室にて
!
撮影することになったのでした。

ちなみに当所、
かなり
都心ゆえに
その窓からは
こんなにも
!
スカイツリーが
見えてしまったりして
!
あ、
これね。
たぶんこれだよね

業界の都心っぷりに
大興奮してしまったのでした。

では
まさに
この部屋を
面接試験の会場としまして、

ここに学生さんが入ってきて
面接官が待ち受けていて
面接するような映像を
撮ることになるわけですが、
!

ここであらためて
これから撮影する再現VTR部分の
台本を
見てみましたところ、

ん…
!
ん?


え!?

ここに
書かれている文字ってもしや…


そのとき特派員が目にしたものとは!!
次のページへ急げ!!


いったん広告です
そんな
台本に
書かれていたものとは!
!
!!

こ、これは!!

吉田氏!?

吉田氏
と!


つまりは
僕のこと!!

つまりは
僕が番組に出て
この面接においての
面接官の役を
やるということッ!

マジかッ!



!
セリフもいろいろと
あるわけでして!
!
マジかッ!


確かに
こんな面接シーンの画を撮る予定ではありましたが
確か面接官はどなたかエキストラの方がやってくれる
話だったような気がするのですが
いつしかこんなことになっていたようでして!

マジかッ!

遊び心かッ!





ってことで
あれよあれよというまに

いつしか
!
メイクの準備が
されてしまいまして!

マジか!
さすがだぜ業界!


でももうこなってしまっては
業界のためには
僕も腹をくくらねば
ならんようでして、

やむをえず
全てを受け入れようかと思います!
!

で、ちなみに
デフォルトでは
こんな感じの僕なのですが

面接においての
面接官って
そこそこ年輩の方がやりがちなもの!


こんなんでいいのかしら
と思っていたら
どうやらメイクによって
老人になる老けメイクを
これからさせられるようでして!!

そういうノリの人間ではないのにッ!




ちなみに今回の
僕の相方として
もう一人の面接官をやってくれる好青年
!
宇都宮氏も、

そんな
年輩気味の面接官に変身すべく
!
こんなふうに
老人メイクがされてしまいまして!
!
マジか!
マジで年老いた!
メイクってすげぇ!!
業界さすがだぜ!!
!
そんな驚異の現実を目の当たりにし、
芸風やアイデンティティの葛藤から
メガネが割れるほどに動揺していた僕でしたが、
!

なんだかいつしか
セットオン!
メイク準備万端なことにッ!

まさに
まな板の上の鯉!

もう
好きなようにしてって感じ!
!
ってことで
いわゆる番組においては
メイクとか
老化のメイクとかも
行われたりしがちなものかと思われますが、
では
このような老化のメイクとは
一体どのように行われるというのか
人はどのように老けていくというのか、
キミのために
我が身を挺して
大公開や!!

そんな挺されても困る?


そこで
!
メイキングをしていただくわけですが、

ゴシップ大好き下衆野郎な僕としては
つい
業界に精通しているメイクさんから
業界裏話を
いろいろ聞き出さんとしてしまったのでした。
その節はすみませんでした。

ちなみに
髪さらさら
って
ほめられまして、
これからは
それをウリでやっていこうと
思っていたそのとき、
!
なんだかスプレーが登場!

なにっ!?
今までの人生
髪に
そういうの
なんにもつけたことがなかったのに!

なんかが発射された!


なおも
老人メイクのためにも
!
多種のスプレーを
発射されてしまっていて!

きゃぁー!!

ってことで
そんな諸塗料を
レイヤー状に重ねられいくうちに、
いつしか
年輩な感じで
完全に
!
七三に
べっとーん!
と!

人生
初七三!!


そのうえ
白髪めいた
ロマンスグレー処置を
!
施されまして!

そうして
顔全体にも
老人的な
浅黒いベースを
!
べっとべとにメイキング!

そして
鼻のよこには

!

年を刻んだシワを!



そして
さらなる老人ディテールのためにも
額のシワや
!
眉間のシワまでも
メイキング!!

ってことで
そんな
見事なまでに
鮮やかな
メイクさんによる
一通りの
老人メイキングにより、

いまここに
突如老人になった
男が
誕生したのでした!
それがこちら!!



次のページへ急げ!!
いったん広告です
そうして
誕生してしまった
老人
ていうか
面接官が
こちら!!
!
!!


おぉ

老人!!!

この
いぶし銀な感じ

!
まさに面接官!


そんな超絶老人メイクにより、

あらためて
!
どこから
!
見てみましても
!
まさに面接官!

になったと言えるでしょう !!




(世の面接官のみなさんステレオタイプで大変申し訳ございません)




ってことで
このたび
無事
老人になれたことですので

どうせですので
!
傍らにいた愛子さん

!
ツーショット
を撮らせていただいたのでした

愛子さん
どうもありがとうございました。


ということで
そうこうされているうちに、
番組においてのシーンの
撮影は
!
プロフェッショナルなスタッフのみなさんのおかげで
!
順調に進んでいきまして、
!
やんややんやしているうちに
面接の入場シーンとなり

ついに、
まさに
僕が登場することになる

!
面接会場にて
面接 が行われる
シーンの撮影になったのでした!
!
ってことで
ついに
!
僕も
出演者として、

撮影の場となる
面接会場としての会議室に
移動!


そして
面接で
面接官が座っていそうな
座席にて

!
面接官っぽく
スタンバイ!


おぉ
決まってるぜ!

決まっているのか!


まぁ
なんだか
!

謎の変なおっさん
のように見えなくもないですが、

そんな僕に対して
!

ディレクターさんからの
いろいろ詳細な指示が!
!
ありがとう
こんな僕のために!!


ってことで
台本を映像として具現化すべく
僕の面接官としての自覚が高まり
!
威厳!!

なんという
威厳!


出てきたか
どうかは知りませんが、
!
番組出演者が
全員この場に揃いまして

ついに
撮影が本格スタート!!


なりまして、

実際カメラが
回り出してしまったわけですが、
!
!!
!
!!
!
!!
!
!!


と、
謎のおっさんが
いろいろ
撮影されてしまったのでした!

あらまぁ!!




なんとも異様な事態ではありますが
そういえば
ではここで!!

そもそもの話、
僕は一体
どんな番組に
出てしまうというのでしょうか、
その番組が
こちらでございます!!




次のページへ急げ!!

いったん広告です
ってことで
このたび僕が
出ることになるのが
コチラ!
!
夏の特別ライブ講義」!!

という番組の
8/1(水)の21:30あたりに
登場してしまいますので、
みなさんもよかったら要チェックや!
どうぞよろしくお願いいたします。

こんな僕ではありましたが
少しでも視聴者のみなさんの
力になれましたら幸いでございます。
!
というわけで
いつしか日も暮れまして
!
スタッフのみなさんの尽力のおかげで
撮影は無事終了したわけですが、



普通
このような
老人などの
やや特殊なメイクをした際には、
!

撮影が終わればその場で
メイクを落としていただくのが
当然なわけですが、

僕におきましては
なんだかおもしろかったので
この状態のまま

!
家まで帰ってしまうことに
しちゃったのでした!!


ということで
都心から
!
多摩までの

なんとも
長い道のりを


!

こんな異様な状態にて!!

マジか!

マナー違反!!



って
ことで
顔には老人メイクが施されているという
異様ないでたちにて

!

電車を何度も乗り継いで

長時間かけて
!
多摩まで
移動してしまった
わけですが
!


道中
とりたてて
何があるわけでも
なかったのでした。


まぁ
わりと
なじんでしまっていたということですね

あらまぁ。


ただ
!
家に
到着後、

我がハムスターと
!

久しぶりに
対面した際にて、
!
「!! 誰コイツ!」
!
「!!」

やや
不審がられてしまいまして
さすがの老人クオリティだったのでございました。


ということで
いずれにせよ
無事
老人化は一通り遂行されまして
その節は
みなさま
本当にどうもありがとうございました。


では
もうそろそろ
いいですよね


ではまた
おやすみなさい…。

はい


以上
いかがでしたでしょうか
今週の
「もう若くはない」。

というわけで
僕がそんなことになってしまっている
そんな番組、
みなさんもよかったら
見てみていただけたらと思いまして
お忙しい所すみませんが
どうぞよろしくお願いいたします
ではまた失礼いたします。
オリジンでもなじんでいたぜ!
オリジンでもなじんでいたぜ!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ