特集 2012年4月23日

全自動のりたま分離器で「たま」だけ食べ放題

もっと文明にはできることがあるはずである。米を炊くのだって昔は技術が必要だったが、今は炊飯器でボタンひとつである。
人類に、練習しないでのりたまを分離できる世界を!
モーターにアンバランスに重りを接着
モーターにアンバランスに重りを接着
ザルに付けて
ザルに付けて
バイブレーター機能つきザル
バイブレーター機能つきザル
ザルを使ったことがある人なら、この有用性はすぐにわかるだろう。
というか、これ普通に市販されててもいいんじゃないだろうか。
だってこの便利さである
前ページの動画、ザルのふちをやたらダンボールにガンガン叩きつけているのが気になった方もいると思うが、ザルってそうしないと、ふるい切れないのである。そこを自動化したのが、この新型ザルだ。

半自動のりたま分離器にこの半自動ザルをくわえれば、半+半で全自動と言ってもいいのではないか。

試作3号、その性能を上からのアングルで見ていただこう。
分離したのりたまがこちら。
前ページと遜色ない仕上がり
前ページと遜色ない仕上がり
分離精度は変わらないが、作業効率はずいぶん上がった。ザルはたまに持ち上げて、のりたまを寄せてやるだけでOK。ガンガン叩き付けなくてよくなったので、夜遅い時間にものりたまを分けることができる。ひとり暮らしで残業の多い、独身サラリーマン向けのモデルである。

これにて自動のりたま分離器、完成!寝ます!(夜中までかかった)
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓