特集 2012年4月23日

全自動のりたま分離器で「たま」だけ食べ放題

オレ流で行く

そもそも、唐箕をベースとしたコンセプトに無理があるのではないか。
のりたまを落下させる場合、ファンの前をのりたまが通るのは一瞬。その一瞬の間に、吹き飛ばそうとするから困難なのだ。
後で使おうと思ってた、ザル
後で使おうと思ってた、ザル
「俺さ、のりが分離できたらさ、そのあとザルに受けるんだ!それからそのザルを使ってさ、大きい「たま」と小さい「その他」に分けるんだ!」
そう無邪気に考えていたあの頃から、もう何時間が経っただろうか。

その夢はいちどは潰えたが、かわりにこんな形でザルが生きてくるとは。人生何が幸いするかわからない。

どう使うかって?まあ黙って見ててくれよ。
丸材をつけた
丸材をつけた
これ、作らなくてもこういう器具あるよな。
ラーメン屋とかに。
ファンは下の方に移動
ファンは下の方に移動
Ver.2、完成
Ver.2、完成
「のり」を飛ばしたあと、ざるで「たま」「その他」を分離、そうやって2段階に分けるからややこしいのである。

そうじゃなくて最初から全部ざるに入れてしまって、「のり」を飛ばしながら「たま」「その他」をザルで分けていけばいいのだ。
実演してみよう。
ザルが手動なのがちょっとダサいが、いい感じで「のり」が吹き飛び、「その他」が落ちる。
こうして分離されたのりたまが、これだ!
わ、わかれた…!
わ、わかれた…!
やった!分離してる!!!!
純度100%で完璧に分離、とは言えないものの、かなり分かれていると言っていい。自動のりたま分離器、完成である。
めでたしめでたし。はい、おしまい。

…で、いいのだろうか。これって自動なのか?ザルの操作にけっこうコツがあって、上の結果は10回くらい練習した後の写真だけどいいのか?そのたびにのりたま回収するのけっこう大変だったけどいいのか?これでも自動のりたま分離器といえるのか!?
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓