特集 2012年4月2日

大阪のゴミ処理場のギャップが凄い

!
大阪市のゴミ処理場が誰でも自由に見学できる、ゴミ処理場オープンデーというものがあった。

それは楽しそうだと見に行ったところゴミ処理場とゴミ処理場の違いが凄かった。同じゴミを処理する施設なのにお金持ちの友達の家とおばあちゃん家くらいの違いがあった。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:みかん果汁100のハンバーグ

> 個人サイト owariyoshiaki.com

見た目はどっちもカッコ良い

通常は事前申請の上でなんやかんやしなければ見学できないらしいが、オープンデーの日は3ヶ所のゴミ処理場がふらっと行ってふらっと見学出来たのだ。

見に行きたい!と思って出来るだけ回ろうと思ったが行けたのは二ヶ所。その二ヶ所のギャップが凄くて面白かった。
大阪市のラストダンジョン
大阪市のラストダンジョン
今回行ったのは、舞洲と東淀川のゴミ処理場。

東京では都庁がロボになるので、都知事になるには操縦を覚えなければならないらしいが、大阪の市長になるにはここでボスを倒して剣を抜かなければならない。って事なら、すっごく支持する。
絶対姫とかいますやん。捕まってますやん。
絶対姫とかいますやん。捕まってますやん。
このゴミ処理場はかなり有名で、当サイトでも紹介していた(舞洲ワンダーアイランド)が、直接見るのは今回が初めて。デザインに色遣い、植物の生え方とか、その存在感に圧倒される。
ここは有名デザイナーに作られたんだから、ゲームの世界のボスも有名デザイナーにお願いしたのかな。
ここは有名デザイナーに作られたんだから、ゲームの世界のボスも有名デザイナーにお願いしたのかな。
本当にゲームの中のお城のようで現実感が希薄になる。周りにある倉庫とかあんまり目に入らなくなる。

「勇者よ、この中にいる敵を倒すのじゃ」とか言われたら絶対断る。ゴミ処理場ってわかってたら、楽しい建物だけど、そうと知らなければ超怖い。家の近所にいきなり建ったら多分なんかの訴訟が起こる。
それに対するこの剛直さよ。
それに対するこの剛直さよ。
もう一ヶ所見学に行ったのが東淀川区にある、2010年に出来たばかりだという東淀工場。舞洲工場とのギャップが凄い。四角!グレー!同じ、ゴミを焼く施設だと思えないこの違い。
どっから見ても四角い。
どっから見ても四角い。
舞洲の工場のボスを倒した後、世界に平和が訪れた…。みたいなエピローグで出てきそうな感じ。

この二つの工場、外観だけじゃなくて中もかなり違って面白かった。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓