特集 2012年2月9日

地下鉄駅採集

虫たち(地下鉄駅)の足(出入口)の秘密

ところでこの竹橋駅、なんでこんなに長いのかといいますと
ところでこの竹橋駅、なんでこんなに長いのかといいますと
ひとつには東西線の車両とホームが元々すごい長いせいもあるのだが、
ひとつには東西線の車両とホームが元々すごい長いせいもあるのだが、
竹橋の場合、ホームのはじっこに
竹橋の場合、ホームのはじっこに
こんなふうに、水増し部が存在するのだ。
こんなふうに、水増し部が存在するのだ。
反対側のホームにもこのとおり。ここ、おもしろい。
反対側のホームにもこのとおり。ここ、おもしろい。
形がかわいいなと思っていた虫たちだが、実際、形を切り出してみると、「ここ、なんでこうなってるんだろう?」「ほんとにこんな形なのかな?」と気になるところがいろいろあった。
たとえば、赤坂駅のこの三角にとがった部分は何かというと、
たとえば、赤坂駅のこの三角にとがった部分は何かというと、
実際にたしかに三角の階段だったりする
実際にたしかに三角の階段だったりする
銀座一町目駅のこのツノみたいなところは
銀座一町目駅のこのツノみたいなところは
左右に運命の分かれ道みたいになってた
左右に運命の分かれ道みたいになってた
足にたくさんの節がある新富町駅は
足にたくさんの節がある新富町駅は
行ってみると、ほぼ迷路。
行ってみると、ほぼ迷路。
階段の途中にまずひとつめの節(5番出口)
階段の途中にまずひとつめの節(5番出口)
ふたつめの節は、実際にはのぼったりくだったり大変なことに。
ふたつめの節は、実際にはのぼったりくだったり大変なことに。
うわぁこれはいい足(階段)!
うわぁこれはいい足(階段)!
なんてことはない。地図をみて、実際に行ってみて、やっぱりおもしろかった。ていうだけなんだけど、こっちは虫の足のつもりでいるので、なんというか、躍動感を感じますな。
途中で、「あ、路線の”ろ”って、右側、”各”じゃなくて”名”じゃん!!私のバカ!!(注:”各”であってます)」とゲシュタルト崩壊しながら、昆虫(駅)ラベルを作成。学名(路線名)和名(駅名)のつもりである。
途中で、「あ、路線の”ろ”って、右側、”各”じゃなくて”名”じゃん!!私のバカ!!(注:”各”であってます)」とゲシュタルト崩壊しながら、昆虫(駅)ラベルを作成。学名(路線名)和名(駅名)のつもりである。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓