特集 2012年1月30日

食べ物「スーパーX」を探せ

使い古されたようで新鮮な響き
使い古されたようで新鮮な響き
「スーパーマン」や「スーパーマリオ」のように、スーパーという単語を冠した言葉がある。 訳語はいくつかあるようだが、感覚的にしっくり来るのは「超」とか「すごい」というあたりだろうか。そういう意味なので、下に来る言葉を強調したい場合に用いられることが多いと思う。

力強さを表すためか、有名どころだと「スーパードライ」や「スーパーカップ」のように、食品につくこともある。他にも例えば……えーと、何があったっけ?
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:ビリビリ来るぜ!ドクキノコあめ

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

「スーパー」の具体像求めて

よくありそうに思えるのに、改めて考えてみると、それほど思いつかない食べ物の「スーパーX」。そんなことを考えたきっかけは、宮城県名取市を訪れた際に気になって入ったラーメン屋さんの名前だ。
かっこいい
かっこいい
仙台空港近くに立つ「スーパーラーメン」である。ありきたりなようで、冷静に考えると聞いたことのない組み合わせの言葉。「スーパーカップ」というカップ麺は有名だが、こちらはずばりスーパーラーメン。白地に赤のスピード感ある書体に続けて「290円」と価格があるのは、アピールポイントだからなのだろう。
青空とのコントラストも美しい
青空とのコントラストも美しい
ロケーションにも気持ちが引き締まる
ロケーションにも気持ちが引き締まる
確かにラーメンが290円というのは安い。「幸楽苑」といった大手チェーンでも同様の価格で出しているのでインパクトこそ薄れたかもしれないが、それにしても業界最安レベルだろう。ここで言う「スーパー」とは、まず価格がスーパーということになるのだと思う。
気になるな
気になるな
気になるんだけどな
気になるんだけどな
ではそのラーメンを食べようと思って入店。食券を買うシステムなのでボタンを一通り眺めると、気になるウインナーを発見。キムチウインナーも肉じゃがウインナー聞いたことがない。食べてみたいが、売切ランプがついている。

念のため店員さんに確認してみるが、やはり両方ともないとのこと。キムチウインナーはキムチっぽい味がするウインナーとのことだが、今ひとつピンと来ず、謎が深まる。
普通ゆえに手堅くおいしそう
普通ゆえに手堅くおいしそう
290円のラーメンは醤油と塩から選べて、今回は醤油を選んでみた。ご覧の通りオーソドックスでシンプルなラーメン。

ちなみに少々計算が合わないのだが、税込み価格で300円。大手は税込みできっちり計算を合わせて304円なので、わずかにスーパーラーメンの方が安い。
安くても具はしっかり押さえてある
安くても具はしっかり押さえてある
このどんぶり欲しいな
このどんぶり欲しいな
低価格のラーメンだが、ちゃんとチャーシュー入りなのがありがたい。たまに「学生ラーメン」といった名前でほぼ具なしのメニューを出す店を見かけるが、こちらはチャーシューの他にメンマやキクラゲも入る充実度。キクラゲは細切りで歯ごたえがコリコリと気持ちいい。

そしてどんぶりに「スーパーラーメン」と入っているのもうれしい。スーパーラーメンという響きのスカッとした気持ちよさが、食器からも伝わってくる。
スーパーをパワーアップするシステム
スーパーをパワーアップするシステム
漬け物類は5種類の充実度
漬け物類は5種類の充実度
さらにこの店、メインメニューと合わせて200円のライスセット、または300円の餃子セットを注文すると、ご飯と漬け物が食べ放題となるオプションを導入。今回はそれほど空腹ではなかったので頼まなかったが、はらぺこの人が 力一杯満腹になりたいときには魅力的なシステムだと思う。
「新食感!」が気になるなー
「新食感!」が気になるなー
基本メニューの安さに加えて、手頃な価格で満腹になれるこのお店。堅実なスーパー性のある店だったと思う。 次はまた違った方向性の「スーパーX」を探してみよう。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓