特集 2011年11月9日

あったか~い炭酸飲料って美味いの?

ホットコーラ向きのコーラはどれだ?

どう考えてもネタ的な飲み物としか思えなかった「あったか~いコーラ」ですが、実際やってみたら意外と美味しくてビックリしました。

温度によって味の印象が変わるのも面白かったので、調子に乗って色んな炭酸飲料をあったか~くして飲んでみたいと思います。
!
!
まずはこちら。

さっきまではコカ・コーラを使ってホットコーラを作っていましたが、ペプシコーラも温めてみないと不公平ですよね。
ホットペプシ完成!
ホットペプシ完成!
……いやあ、ほとんど画が変わらなくてスミマセン。今回は全編にわたってこんな感じですよ。

見た目はホットのコカ・コーラと同じようなモンですが、それ以外の印象はだいぶ違います。まず、ニオイがなんか焦げたような香りなんですよ。そして味も苦みが強いような……。
!
冷やした状態だと、どっちかというとペプシの方がフルーツ感のある甘みが強い印象ですが、温めたらなんだか苦みばかり目立つ飲み物になってしまいました。

長年コーラ戦争を繰り広げてきた両者ですが、ホットに関してはコカ・コーラに軍配を上げざるを得ないでしょう。
コーラ戦争終結か!?
コーラ戦争終結か!?
さて、続いて気になるのがゼロカロリーのコーラを温めたらどうなるのか?
コカ・コーラゼロ
コカ・コーラゼロ
ペプシネックス
ペプシネックス
人工甘味料の味にクセがあるので、ボク的にはあまり好きではないのですが、温めてみたら意外と美味しいかもしれませんよね。
こうして見ると普通のコカ・コーラよりかなり色が薄い
こうして見ると普通のコカ・コーラよりかなり色が薄い
まずはコカ・コーラゼロから。

昔のダイエットコークなどと比べると、だいぶノーマルのコカ・コーラに近付いた感じがしていましたが、温めてみたらその差は依然大きかった!

ホットのコカ・コーラにあった苦みやレモン風味が全部なくなって、ただただ甘い飲み物と化しています。こんなに変化が出るとは……。
ほぼ砂糖入りのお湯味
ほぼ砂糖入りのお湯味
コカ・コーラゼロよりはかなり色が濃厚です
コカ・コーラゼロよりはかなり色が濃厚です
一方、ペプシネックスは?

ノーマルのペプシコーラと同じく若干焦げたような香りがあるものの、全体的にあっさりめな味となっています。

ホットコカ・コーラゼロと比べると、甘~い意外の要素も残っており、ややこちらの方が美味しく感じますね。
温めても普通のペプシに近い味……ということは、良くできたゼロカロリーコーラともいえますな
温めても普通のペプシに近い味……ということは、良くできたゼロカロリーコーラともいえますな
さて、ここまでやってきたホットコーラ比較ですが、美味しいランキングをつけるとすれば。

ホットコカ・コーラ

ホットペプシ、ホットペプシネックス(ほぼ同列)

ホットコカ・コーラゼロ

というような順番でしょうか。喫茶店で当時出されていたホットコーラにどれが使われていたのかは不明ですが、ボク的には圧倒的にコカ・コーラがオススメです。

炭酸飲料を片っ端から温める

!
ここからは、コーラ以外のジャンルから。まずは「三ツ矢サイダー」!
!
正直、甘~いお湯になるのかな? と予想していたのですが、甘み+苦みを中心に意外と複雑な味が口の中に展開されました。

サイダーって炭酸水に砂糖をぶっ込んだだけの飲み物だと思ってたけど、違うんですねぇ……あなどっててスミマセン。
若干、苦みが気になる複雑な味。サイダーってこんな味だったのか
若干、苦みが気になる複雑な味。サイダーってこんな味だったのか
!
お次は、青春の甘酸っぱ~い思い出がよみがえる「レモンスカッシュ」。
見た目はあったか~いレモン汁といった感じですが……
見た目はあったか~いレモン汁といった感じですが……
コレも、炭酸入りのレモネードか、「ほっとレモン」みたいな味になるのかなーと思っていたんですが、温めてみたらメインの味成分であるハズのレモン味がほとんどなくなってしまい、なんか苦甘~いだけの液体に。

これじゃレモンスカッシュじゃなくて、ただのスカッシュだよ……いや、スカッシュの意味もよく分からないけど。
温めたらレモン風味が消えた……
温めたらレモン風味が消えた……
!
こちらも男子中高生がよく飲んでそうなイメージの青春感が高いジュース「ファンタグレープ」!
!
ぶどうの汁を温めるのって意外とアリな感じするじゃないですか。ホットワインとかあるくらいですし。

……ということで、このファンタグレープにも期待大だったのですが、ニオイだけは濃厚なぶどう臭がして美味しそうだったものの、味の面ではぶどう感がかなり弱まっており、またしてもビミョーな味に。
色&ニオイには期待感があったんですけどねぇ
色&ニオイには期待感があったんですけどねぇ
どうもフルーツ味系の炭酸飲料は加熱するのに向いていないようです。
!
それならばということで、「自然界にこんな味あんのかよ!?」というケミカルなテイストがクセになるビタミン系の炭酸飲料「ドデカミン」を温めてみましょう。
!
ケミカルな味の飲み物を加熱したら、色んなアレがアレしてなんかスゴイことになっちゃうんじゃ……と若干不安だったのですが、完成したのはオレンジ~レモンっぽい柑橘系でフルーティーな飲み物。

ビタミンCなどの味が強調されてこういう味になってるんでしょうか? 冷やした状態よりもこっちの方が好き、という人もいるんじゃないかというくらい美味しいです。
意外なフルーティー感
意外なフルーティー感
!
余談ですがこの原稿を書いている最中に、眠気覚ましになにか買おうと思ってコンビニに行ったらこんな商品を見つけてしまいました。

ホット専用の「ドデカミン・エナジードリンク」! えええーっ、商品化されてたの!?
!
さすがに炭酸入りではありませんでしたが。

味的には、温めたドデカミンをもうちょっと濃厚にした感じ。これもわりと美味しかったです。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓