特集 2011年11月8日

深刻な若者の車離れ、それにスキップ離れ

とてもいいものだが150万か

はじめてのディーラー入店は濃い体験で舞い上がってしまった。車高が1cm違うことを謝られたり、さらっと電気自動車が売られていたり。(もうそんな時代なのか!)

そして肝心の「車がある生活のメリット」もいくつか挙げてもらった。実際それを聞くと、車があるといいなと強く思った。

デメリットである費用についても伺った。軽自動車でも最初に150万くらいは用意しておかないといけないようだ。

「ガソリン代や保険のグレードにもよるんですけどね~」

営業マンの声が次第に遠くなり、私はスキップのことを考えていた。
スキップ。それはタダ。とんだりはねたりこれだけしてやってタダなのだ。
スキップ。それはタダ。とんだりはねたりこれだけしてやってタダなのだ。

スキップが選択肢として見えてきた

軽自動車でさえ150万かかるのに、スキップはタダ。

例えば屋台で売られている、あの厚みも、味も、色さえもぺらっぺらのソースせんべいがあるだろう。スキップはあれより安いのだ。

さあ、にわかに立ち上がってきましたスキップという選択肢。

「アクティブ家族の賢い選択」実はそれこそがスキップなのかもしれない。

アクティブには「元気な」という意味もある。元気なのはルークスよりスキップの方だろう。(もちろん後に「アクティブ家族の愚鈍な選択」であることが判明する)

今後は車の代わりとしてスキップを検討していくことにする。
たとえば家族でIKEAにスキップで行けるのだろうか? (写真は記事『手近なお店で海外旅行、そしてIKEAはすごかった』より)
たとえば家族でIKEAにスキップで行けるのだろうか? (写真は記事『手近なお店で海外旅行、そしてIKEAはすごかった』より)

車の強み

それでは実際に車の代わりにスキップで行こう。

車で行きたい場所としてパッと思いついたのはIKEA。郊外の家具屋に行ってみたいと思う。

なぜIKEAなのか?ここで聞き出した車のメリットをざっくり箇条書きにしてみよう。

・行動範囲がひろがること
遠くに行ける。雨が気にならない。

・行動目的が増えること
物を運べる。人も運べる。

・プライベートスペースが持てる
子供が騒いでもいいし、 授乳もできる

・こだわりとして
車はかっこいい

・趣味として
ドライブは楽しい

やはり大きいのは車の行動力なのである。
IKEAはどこにある?という妻に、駅前の地図でいうならこの左下くらい、徒歩4~50分の距離だ、と。
IKEAはどこにある?という妻に、駅前の地図でいうならこの左下くらい、徒歩4~50分の距離だ、と。

スキップでIKEAまで行く家族

IKEA港北店は新横浜駅からシャトルバスが出ている。帰りのバスではみんな大きな荷物を抱え「車があればなあ」というCO2の高そうな空気を鼻から噴き出している。車内には車欲しいガスが充満し、小鳥などはすぐ死ぬ。

このIKEA行きがスキップで達成されれば「遠くにいける」「物を運べる」 という大事なニ点でほぼ車に肩を並べたと言ってもいいだろう。
徒歩40分には妻もガクッときたようだ。わかるぞ、その気持ち。
徒歩40分には妻もガクッときたようだ。わかる、でも誰も悪くないんだよ。

スキップでIKEAまで行く

さすがに最寄り駅までは電車で移動した。

バスの出てない小机駅まで来た。ここからだと徒歩40分くらいだろうか。IKEAに行きそうな人はだれもいない。

40分と聞いた妻の顔に黒い雲がたちこめる。おや、これは一雨きそうだ。
雨はご心配なく。この上着はナイロン製だし、荷物もベビーカーにたくさん入ります。
雨はご心配なく。この上着はナイロン製だし、荷物もベビーカーにたくさん入ります。

一気に3つ肩を並べた

しかし大丈夫、雨といえば私の着ている上着はナイロン製なので雨に強い。これで車メリットの「雨が気にならない」 を達成できたのではないだろうか。

1才半の娘はベビーカーに乗せて、ある程度の荷物もこのベビーカーに積んだ。「物を運べる」「人を運べる」 もこれで達成。

達成したのはナイロンの上着とベビーカーの力も大きいが、全部込みでのスキップ行、さあ出発だ。
ともあれ出発したときには楽しげな空気になるこのスキップ力
ともあれ出発したときには楽しげな空気になるこのスキップ力
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓