特集 2011年10月24日

金魚の名産地では道ばたに金魚が泳いでいる

奈良県で金魚すくいをしてきました。
奈良県で金魚すくいをしてきました。
金魚の名産地、奈良県の大和郡山市では道ばたの側溝とかに金魚が泳いでいるらしい。

いやー、それはウソだろう。流石にそれは無いわー。と思って行ってみたら、本当に泳いでいた。凄いぞ金魚の名産地。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:イングリッシュマフィンの周りに付いてる粉は必要なのか

> 個人サイト owariyoshiaki.com

これはあるかもしれないな

金魚の名産地って言ってもそんな金魚で溢れてるわけでもなし、道沿いにいたりするわけないじゃん。

そう思ったが、以前、玉葱産地の淡路島の海には玉葱が浮いている。と聞いて行ってみたら本当に浮いていたという事があった。

今回も、もしかして…と思ってとりあえず地図を調べてみたら。
なんだこれ、池?もしかして、全部金魚のための池?こんなに!?

まさかこんな状況だとは。これならば、その辺に金魚がいるというのも分かる気がする…。と、いう事は…
金魚すくいし放題なのでは!!
金魚すくいし放題なのでは!!
と、いう事でポイ(金魚すくいの網)を持って大和郡山市に向かった。

そんなに金魚じゃない

大阪から1時間ちょっと。意外と近い。
大阪から1時間ちょっと。意外と近い。
ウキウキしながら到着した大和郡山市、実際に来てみると意外と普通の駅で金魚の気配は無し。ポイを持って歩いている人もいない。
金魚じゃないんだ、ふれあいの街なんだ。
金魚じゃないんだ、ふれあいの街なんだ。
地図で見るとほぼ金魚が支配していたが、実際は人が文化的な生活を営んでいた。まぁそうか、大阪でもお好み焼きのコテを持って歩いている人はいないか。
銭湯がカッコ良かった。
銭湯がカッコ良かった。
とはいうものの、予想以上に金魚要素の無い町並みに不安を覚えつつ、地図上で池だらけだった辺りに向かう。

金魚の王国だ

おぉ、見渡す限りに池!
おぉ、見渡す限りに池!
実際は全然金魚とかいなかったらどうしよう。と思いつつ向かうと、一気に景色が変わり、見渡す限りに池が広がった。
でも、金魚の気配は無い。
でも、金魚の気配は無い。
おぉ!ホントに池なんだ。地図で見た妙な風景が実際に目の前に広がっているのを見ると嬉しくなったが、金魚の姿はない。

池がほとんど緑色になっちゃってるし、もう使ってないのかな。季節ハズレだったりするのかな。と、思ったが、違う!!
この点々、全部金魚!!
この点々、全部金魚!!
よく見ると何か動いている、近づいて見ると全部金魚!金魚だらけ!!うおおおお、ちょっと怖いくらいに金魚だらけ。

これ、ここにこれだけいるって事は、見渡す限りにこれだけの金魚がいるって事だよな…
ここ全部に、あの金魚たちが…!?
ここ全部に、あの金魚たちが…!?
甘く見てた…。これ、絶対人口よりも金魚の方が多い。金魚が名産でーす。じゃなく、金魚の国に住まわせてもらってますって感じだ。

これ、いるわ、いるに違いないわ

どこ見ても金魚、溢れんばかりの金魚。ここに来て確信する、これは道ばたの側溝で金魚泳いでるはずだ。むしろ、泳いでないとおかしい。
側溝の方が水が透き通ってる。
側溝の方が水が透き通ってる。
遮る物はこれだけだぜ。
遮る物はこれだけだぜ。
これだけの金魚、溢れんばかりというか、溢れてると思う。溢れかえって側溝にいても全然不思議じゃない。

側溝と金魚池を隔てる壁の高さが5センチ位。こんなの雨降ったらすぐ繋がるだろう。
さがせっ!
さがせっ!
よし、金魚、すくってやる!!
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓