特集 2011年10月18日

おでんにクリームチーズという悦び

俺の中のおでん革命が起こった
俺の中のおでん革命が起こった
つい先日のことなのだが、酒のつまみを買いに入ったコンビニで、おでんと、なんとなくkiriのクリームチーズを買った。
最初はそれぞれ別につまんでいたのだが、たまたまのタイミングでおでんとクリームチーズをいっしょに口に入れてしまったところ、ものすごくうまくて驚いた。
1973年北海道生まれ。物心ついた頃から飽きっぽい。そろそろ自分自身にも飽きてきたので、神様にでもなってみたい今日この頃。

前の記事:実の親子丼を作りたい

> 個人サイト 「月刊 馬泥棒」 ツイッター

これはすぐに伝えねば

ふだん情報らしい情報を書いていないが、ライターというのは本来情報を人に伝えるのが仕事だ。
先週末に偶然発見したおでんとクリームチーズの組み合わせの妙、そのうまさに大興奮したのだが、幸いにしてそれをみなさんにお伝えするすべを僕は持っている。
僕が味わった(文字通りの意で)衝撃を、今すぐ伝えたい。
これを読み終わったら、みなさんどうかコンビニに行っておでんとクリームチーズを買ってきてください。
クリームチーズがいとおしく思えてくる
クリームチーズがいとおしく思えてくるほどうまいのだ

なぜ君たちは出会わなかったのか

コンビニのおでんはたもう日本の国民食と言っていいだろう。
地域によっていろいろな食べ方をされているが、これまでなぜクリームチーズと出会わなかったのか、この味を知ってしまったいまとなっては、不思議ですらある。
まさかの融合
まさかの融合

食べ方は至って簡単

おでんとクリームチーズ、食べ方はなにも難しいことはなく、おでんにただのせて食べるだけだ。
それだけで目眩くほど幸せな世界へと僕たちを連れて行ってくれる。
ちなみに最初のクリームチーズはローソンで買ったが、スーパーで買った方が量が多くておすすめだ。
ちょっとはんぺん様の上に
ちょっとはんぺん様の上に
たとえば、はんぺん。
おでんの定番だが、これにクリームチーズを箸でちぎってのせる。
分量はお好みでいい。
好きなだけクリームチーズをのせてほおばるだけでいい。
このようにたっぷりとトッピング
このようにたっぷりとトッピング
そうするとどうでしょう、さてどうなるでしょう、いったいどうなったのでしょうか。
なんと、はんぺんが、クリームチーズのほんのりとした酸味とごく僅かな甘みで、別次元の食べ物に変化するのだ。
けれども、別次元なんだけど、おでん。
和風ダシの中に広がるコクがハッとするほどおいしいのである。
うひょー、驚きのうまさ
うひょー、驚きのうまさ

大根にもあう

おいしいのは、はんぺんだけだろうか。
否、はんぺんだけではない。
クリームチーズの魅力は、はんぺんだけにとどまるものではないのである。
同じように大根も
同じように大根も
はんぺんの場合、中にチーズをはさんで焼いたものが一般的に食べられているので、それほど意外性はないかもしれない。
しかし、クリームチーズはなんと大根にもぴったりとあってしまうのだ。
海外料理ではポトフにサワークリームをのせたりするが、たぶんあれに近いものなのだろう、大根のほんのりとした辛味とクリームチーズのやわらかい味わいが、これは妙なんじゃないかというほど適合している。
どうしちゃったんだよ君たち。
む! うまい
む! うまい

つみれのミラクル

魚の風味がぎゅっとつまったつみれはおでんの花ともいえるアイテムであるが、クリームチーズはつみれにさらに花を添える。
アジのたたきにレモンやカボスなんかをかけるが、ああいった感じでつみれのクセを和らげて、クリームチーズの「クリーム」部分がつみれのなめらかさを補足する感じだ。
つみれにもマッチ
つみれにもマッチ

複合素材のがんもどき

いままでは、わりとストレートな素材の具にクリームチーズを合わせていたが、豆腐に野菜などがあわさったがんもどきはクリームチーズと一緒になるとどうだろうか。
がんもどきさんには
がんもどきさんには
あうだろうか
あうだろうか

なんなのこのコングロマリット

がんもどきにクリームチーズをのせるとシチューになった。
寒い日冬の日に浜美枝が作ってくれる、あれである。
和風ダシなのにクリームシチューというのも変な話であるが、どういうわけだかシチューっぽい。
がんもどきとクリームチーズという、まったくの異業種が組み合わさったのに、一糸乱れぬアンサンブルとなってハーモニーを奏でるのだ。
これには感動さえ覚えた。
うまいんだな、これが
うまいんだな、これが
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓