特集 2011年10月14日

グラスボートで釣り&世界遺産みたいな岩

魚が泳ぐ様子からエサを食べる瞬間まで、すべてを見ながら釣れる。
魚が泳ぐ様子からエサを食べる瞬間まで、すべてを見ながら釣れる。
うちの小学2年の娘は最近釣りが大好きで、隙あらば釣りに連れて行けと迫ってくる。

そんな流れで行ったグラスボートに乗ってする「あらかぶ釣り」。グラスボートとは船底がガラスになっている船で、水の中を見ながら釣りができる。これが予想以上の面白さだったのでレポートしたい。



※カサゴのことを九州では「あらかぶ」と呼びます。
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。

前の記事:トルコライスの写真展と面白いおじさんの写真展

> 個人サイト 長崎ガイド

これが我々が乗ったグラスボート。定員は12名。
これが我々が乗ったグラスボート。定員は12名。

最高過ぎる

グラスボート自体は全国あちらこちらの海で乗れるところがけっこうあるが、グラスボート+釣りとなるとできるところはまだ少ないようだ。

今回我々が乗ったのは長崎は外海(そとめ)の神浦港(こうのうらこう)から出る船。ホームページを見たら要予約と書いてあったので、その日の朝電話して予約を入れた。
船はトイレ付き。
船はトイレ付き。
時間は約2時間。
そのうち1時間が釣りタイムで、残りの1時間は港からポイントまでの往復と岩鑑賞の時間である。

今回、乗客は我々だけの貸し切り状態だった。そこに操縦士と案内の人とが付く。
海風が心地良い。
良い映画は始まってすぐにそれが良い映画だとわかるものだ。それと同様に、船が動き始めるやいなや、すぐに「これはイイ!!」と直感した。
前に海底炭鉱ツアーで訪れた池島の横を通過。
前に海底炭鉱ツアーで訪れた池島の横を通過。
その隣にある母子島(無人島)に接近。
その隣にある母子島(無人島)に接近。
!
無人島を見るとつい、どうやって住むか考えてしまう。
無人島を見るとつい、どうやって住むか考えてしまう。
この辺りから船はゆっくりになる。速度が落ちると水中のの様子がよく見えるようになる。グラスボートの本領発揮である。
船底がガラスになっていて、海の中が見える。
船底がガラスになっていて、海の中が見える。
サンゴだ。
サンゴだ。
このあたりは海草がほとんどなく、代わりにサンゴが繁殖している。サンゴと言ってもカラフルできれいなやつではなく、わりと現実的な色合いをしてるやつだった。
娘がえらく饒舌になってる。
このあと、この船で釣りをするのだが、その前に「大角力」という穴が開いたかっこいい岩を見に行く。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓