特集 2011年10月13日

山手線の踏切の跡

踏切の跡っぽい
踏切の跡っぽい
山手線には、踏切が1つだけある、という話はわりあいよく知られていると思う。駒込と田端の間にある。

ただ、地元の人の話によると、昔はその隣にも踏切があったようだ。だいぶ前になくなってしまったそうだが、言われてみるとそれっぽい痕跡が確かにある。

山手線の、そういう、前は踏み切りだったけど、今はそうじゃないような場所をめぐって痕跡を探してみました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:屋上にあがりたい

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

山手線には踏切が1つだけある

これがその、山手線に1つだけあるという踏み切り。
大きなゴルフボールが目印
大きなゴルフボールが目印
家の近所なのでぼくにとってはなじみが深いんだけど、山手線に乗ってるとあっという間に通り過ぎちゃうので、気づくのはなかなか難しい。

そんなこの踏み切り、名前を「第二中里踏切」という。第二。カンのいい人なら、じゃあ第一踏切がどこかにあったはずと思うだろう。
ここがそうです
ここがそうです
場所は、さっきの踏切から駒込駅に向かって坂を若干下ったあたり。地元の人の話によると、以前はここに人ひとりがやっと通れるくらいの小さな踏切があったようだ。
言われてみると確かにあやしい。1)上空の高圧電線の注意標識は踏切によくある 2)コンクリートの構造物がここだけ途切れてる
言われてみると確かにあやしい。1)上空の高圧電線の注意標識は踏切によくある 2)コンクリートの構造物がここだけ途切れてる
以前このあたりを歩いていたとき、昔はなにかがあって閉鎖されたっぽいなあとは思ったんだけど、それが踏切で、なるほどだから今ある踏切は第二なんだと繋がったときにはちょっと感動した。
俯瞰すると確かに線路をはさんで道が連続してる
俯瞰すると確かに線路をはさんで道が連続してる
gooの古地図サービスで昭和38年の航空写真を見ると(こちらをクリックして地図上部の「古地図」から昭和38年を選択)、たしかに山手線の線路をナナメに横切る白い跡が見える。これが踏切だったのだ。

警報機も遮断機もない牧歌的なつくりで、あぶないから子供は渡っちゃいけないと言われていたそうだ。そういう踏切は第4種踏切と呼ばれていて、地方の単線とかではたまに見かける。
例)小湊鐵道の第4種踏切。デイリーポータルZ「小湊鐵道・第4種踏切めぐり」より引用。
例)小湊鐵道の第4種踏切。デイリーポータルZ「小湊鐵道・第4種踏切めぐり」より引用。
こういう踏切が山手線にあったんだと思うと感慨深い。

山手線は複線で、貨物線も入れると計4本の線路がある。けっこう長い踏切なのに警報機も遮断機もないんじゃ、たしかに危なかっただろう。現に事故も多く、あえなく廃止となったようだ。

ただ、地元の人の利便を考えてただ廃止にするだけじゃないのが国鉄のえらいところで、その後、付近には人が通るように線路の下にトンネルが作られた。
アンモナイトも泳ぐ中里第一隧道
アンモナイトも泳ぐ中里第一隧道
さらに昭和22年の航空写真を見ると(先ほどと同様に古地図から昭和22年を選択)、もっと駒込駅に近い場所、むしろ現駒込駅ホームを横断するような形で、踏切っぽい白い跡が見える。
現場はこちら
現場はこちら
昭和22年というと70年ほど前だ。さすがに地元の人に聞いてもその踏み切りについては分からないとのことだった。

昔は、山手線の車両がいまのように11両もの長い編成じゃなくて、だからホームも今より短くて済んだ。そのときに、当時のホームをかすめるようにしておそらく第4種踏切があったんだろう。残念ながら痕跡はまったく見つけることができなかった。
手前のコンクリートの蓋の下は水路。昔は蓋もなく、こどもがよく水遊びしてたそうだ。山手線わきで!
手前のコンクリートの蓋の下は水路。昔は蓋もなく、こどもがよく水遊びしてたそうだ。山手線わきで!
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓