特集 2011年10月3日

京都のディープスポット・ネコと飲める店「ネコ穴」

ネコを転がしながら飲む
ネコを転がしながら飲む
僕は京都にはあまり土地勘がないのだけど、観光客視点のイメージだと、祇園界隈といえばそりゃもういわゆる「京都」イメージの代表格、そこで飲食店といえば、高級料亭?なんて思ってしまう。

そんな界隈の一角に、ひっそりと存在している飲み屋がある。そこはネコと一緒に飲める店、ただしかなりのディープスポットだというのだ。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:おとなの算数ゲーム「つり銭たくさんもらい競争」

> 個人サイト nomoonwalk

とにかくディープという前評判

別件で京都に行くことになったので、ついでになにか取材できないかと思い京都在住の友人に尋ねたところ、この店の名前が出てきたのだ。

なんでもネコと一緒に飲める飲み屋だそうだ。僕もネコは好きなので「じゃあそこ行ってみます」と即答。しかし返ってきた返事は「かなりディープ空間ですよ…いいんですか…」というものであった。

…そんなこと言っても自分で紹介したんじゃないか。
問題のお店
問題のお店
「スペース・ネコ穴」。
事前にネットで調べてみたところ、その店には「超常現象的居酒屋」「世界に一つだけの店」「祇園のオアシス」など、先達の手によっていちいち独創的な異名がつけられていた。それらをだいたい平均にならすと「ディープスポット」という評価で間違いなさそうだ。

若干ドキドキしながら、紹介してくれた友人に案内してもらう。当サイトライターの西村さんも一緒だ。3人で祇園の街を抜け、細い路地に入った先にその店はあった。
ハンドメイド感MAXの看板文字
ハンドメイド感MAXの看板文字
外観。一見、家っぽい。
外観。一見、家っぽい。
土間があるあたりも家っぽい。
土間があるあたりも家っぽい。
あ、こりゃほんとに家だ。
あ、こりゃほんとに家だ。

家だ

「家っぽい店」はこれまで当サイトではいくつも紹介してきたのだけど、いずれも建物だったり内装だったりが「家っぽい」というものであった。それにくらべてネコ穴は、散らかり具合や生活感、物の多さまで総力を挙げて家っぽい。かなり腰の入った「家さ」なのだ。
逆のアングルから。家っぽすぎて壁に貼られた「大衆酒場」の文字がなんかの冗談に見える
逆のアングルから。家っぽすぎて壁に貼られた「大衆酒場」の文字がなんかの冗談に見える
雑然と積まれた漫画はまさしく友達んち
雑然と積まれた漫画はまさしく友達んち
ジョッキの箸立ては友達んちを越えてもはや実家っぽい
ジョッキの箸立ては友達んちを越えてもはや実家っぽい
そしてちゃぶ台に座ってビールなんか飲み始めちゃうと、実家すらも超越してもはや「我が家」の感
そしてちゃぶ台に座ってビールなんか飲み始めちゃうと、実家すらも超越してもはや「我が家」の感
さんざんディープスポットと聞かされていたので少なからず身構えてやってきたのだが、いざ入店してみると10秒後にはすっかりくつろいでしまった。
お店のたたずまいが家なら、「あー、こんにちは」という感じで出てきたお店の人もきわめてラフ。
この雰囲気、なんというか、尻が畳にしっくりとおさまる。

ごはんが勝手に出てくる

お店にはいって一応食べたい物を聞かれるのだけど、この店では注文もなんかうやむやなのだ。
いちおうお品書きはあるのだが
いちおうお品書きはあるのだが
メニューのつもりで見ていると途中からマンガになっていたり
メニューのつもりで見ていると途中からマンガになっていたり
かと思うと実物が直接貼ってあったり
かと思うと実物が直接貼ってあったり
じゃあ蕎麦でも、と思うとこれはメニューじゃなくてネコの名前なのだ
じゃあ蕎麦でも、と思うとこれはメニューじゃなくてネコの名前なのだ
店内はお客さんが持ち込んだと思われるポスターやらビラやらの貼り紙が至る所に貼ってあって、もうどれがメニューなんだかもよくわからない。ただし、わかんなくてもなんとかなる。
だって料理は勝手に出てくるから
だって料理は勝手に出てくるから
勝手に出てきたゴーヤチャンプルー
勝手に出てきたゴーヤチャンプルー
勝手に出てきた自家製の塩辛
勝手に出てきた自家製の塩辛
同じく勝手に出てきたぬか漬け。熟成しきっていてチーズみたいな味でうまかった
同じく勝手に出てきたぬか漬け。熟成しきっていてチーズみたいな味でうまかった
厨房は圧倒的な物量で、要塞のようだ
厨房は圧倒的な物量で、要塞のようだ
最初に突き出しっぽくゴーヤチャンプルーが出てきた。それをつまみながら3人で京都の地名の話とかをしてると、軟骨の唐揚げが出てくる。これ美味いですねーとか言いながら食べてるとスルッと塩辛が出てきて、ワー気が利いてるなー、って。

そのあとイカの天ぷらが出てくると、それまで料理を作っていたお店の人がおもむろに酒瓶をつかみ、ちゃぶ台の空いてる席にすわった。
あ、飲むんだ。
あ、飲むんだ。
料理の合間にちょっと飲んじゃおうか、みたいな感じではなく、グラスにかなりなみなみ注いでいた。この方が、店主のたまさんである。
このあともタイミングをみてはちょこちょこといろんなおつまみを作って出してくれるのだが、それ以外の時間はだいたい飲んでいた。

じつはたまさんはここの2階に住んでいて、たまさんが起きてるときは店が開いてるし、寝てたりいなかったらやってない、といった具合らしい。だからこの店、家っぽいというより、ほんとに家なのだ。

建物自体は町屋を改装したものだそうで、このへんを歩いてたらたまたま見つけた物件だとか。たまさん本人も「どう見ても家なのに店舗物件になってておかしい」と思ったそうだが、結局それがそのまま自分の店になってしまった。「この店、最初からこんな感じだったんですか?」ときいたら、たまさんは「最初はもうちょっときれいでした」と笑った。
エヘヘと笑う顔が似合うたまさん
エヘヘと笑う顔が似合うたまさん
こんな具合なので店を開けててもつい酔っぱらって寝てしまうときもあり、そういうときは常連の客さんが料理を振る舞ったりするとのこと。あー、学生時代の家飲みってそんな感じだった。あれが大人になっても味わえるんだから、そりゃ居心地もいいよね。それで店だっていうんだからすごいけど。
そんな店のネコ紹介は次のページで
そんな店のネコ紹介は次のページで
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓