特集 2011年9月14日

スカイツリーのてっぺんにのっかる方法

影のてっぺんはどこだ?
影のてっぺんはどこだ?
来年5月22日にオープン予定の東京スカイツリー。地上部分の工事はまだ終わっていないものの、電波塔部分の建設はすでに完成しており、押上の街に高さ634メートルの巨大な塔がその姿を見せている。

ところで、ぼくはこのスカイツリーをみるたびに、あの電波塔(ゲイン塔というらしい)の一番さきっぽに乗っかることできないかしら? と、ふと思う。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。(動画インタビュー)

前の記事:ぼくとドラえもん・藤子F不二雄ミュージアムに行ってきた

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

無理なのは分かってる。でも影のてっぺんなら……。

あそこに行ってみたい……
あそこに行ってみたい……
ただ、現在はもちろん、おそらくスカイツリーが開業したとしても、あのゲイン塔の頂上に登るなんてことは、無理だと思う。でも、スカイツリーの「影」のてっぺんだったらどうだろう? これなら乗れるんじゃないだろうか。しかも今すぐ。

影なら、街のどのあたりに落ちるのかを計算で求めることができるはず。たぶん、こんな感じで計算すればいいんじゃないかな?
太陽の角度がわかれば影の長さわかるんじゃねーの?
太陽の角度がわかれば影の長さわかるんじゃねーの?
たしかこれ、三角関数ってやつだ。数学の時間で習った記憶はある。ただし、実際にどういう計算式にどういう数値を代入して計算すればいいのかはよくわからない。わからないけれど、もう36歳の大人なんだし、今はネットで色々調べたり、計算機も使っていいわけだし、なんとかなるんじゃないか。

そう思ったぼくは早速、図書館に行って太陽観測の本を借りてきた。

ナメてた

『天文アマチュアのための』らしい
『天文アマチュアのための』らしい
借りてきたのは『太陽観測』という本だ。「天文アマチュアのための」って表紙に書いてあるぐらいだから、たぶん初心者でもわかるだろう。
えーと太陽の角度は……
えーと太陽の角度は……
か、角度…… …
か、角度…… …
かくどっ……
かくどっ……
とりあえず、スカイツリーの影の長さを計算で求める。というのは無しにした。だって分からないから。
よく考えたら、ぼくは数学の成績で3以上をとったことが無いということを思い出した。
無謀だった。

そんなやつでも「三角関数ぐらいネットで検索すればなんとかなるんじゃないか」なんて思わせちゃうインターネットって、危険。

これが巷で喧伝される「ネットの闇」ってやつに違いない……恐るべし、インターネット!

別の方法を考える

要はその日、その時間にスカイツリーの影のてっぺんが、街のどのへんに落ちているのかがわかればいいのだ。

そうだ。本屋で売ってる墨田区の区分地図の縮尺と、同じ縮尺のスカイツリーの模型を地図にたてて、直接太陽に照らせば、影のてっぺんがわかるんじゃないか?
こんなのを作ればいいのでは?
こんなのを作ればいいのでは?
我ながらかなりの妙案。さっそく制作に取り掛かりたい。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓