特集 2011年8月25日

群馬県と埼玉県の境は川の跡

田んぼの真ん中を走る草の部分が、群馬県と埼玉県の県境なのです
田んぼの真ん中を走る草の部分が、群馬県と埼玉県の県境なのです
先日、群馬県の板倉町を訪れた。板倉町は群馬県、栃木県、埼玉県の境界に位置する町で、利根川と渡良瀬川の合流点付近に位置する、水の郷だ。

私はそこで、なんとも不思議な光景を見た。両岸に延々と堤防が連なっているのに、その間に川が無く、田んぼになっているのである。しかも、そこが群馬県と埼玉県の境であると知って、より興奮した。

今回は、そんな板倉町で見かけた、ささやかなリリカルをお伝えしたい。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:うどん食べて大師のもとへ~遍路日記まとめ~

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

水の郷の、水の文化を見に行った

私が板倉町に興味を持ったのは、水に関する独特の文化があると聞いた事による。

利根川、渡良瀬川という二本の大河川が交わる地点に位置する板倉町は、農業に適した肥沃な土地が広がる一方、極めて水害の多い土地でもある。この地に住む人々は、様々な工夫を編み出し、水に順応してきたそうだ。

私はそのような、板倉町の水の文化を見に行こうと思い、板倉町を訪れた。

より大きな地図で表示
板倉町があるのはこの辺り。周りは見事に水ばかり
板倉町へのアクセスは、東武日光線を利用し、板倉東洋大前駅で下車するのが便利である。駅の近くにはレンタサイクルもあり、板倉町散策の拠点とするに最適だ。

レンタサイクルを借りて、とりあえず駅の東へ向かうと、目の前になみなみと水を湛えた広大な湖、渡良瀬遊水地が現れた。
まずやってきたのは、渡良瀬遊水地
まずやってきたのは、渡良瀬遊水地
渡良瀬遊水地の湿地帯は、広大ですなぁ
渡良瀬遊水地の湿地帯は、広大ですなぁ
この渡良瀬遊水地は、明治時代に作られた渡良瀬川の遊水池で、元は上流の足尾銅山から流れてきた鉱毒を沈殿させる目的で、谷中村という村をまるまる一つ潰して作られたそうだ。

今では治水目的に利用されており、その広大な土地には湖や湿地帯が広がり、鳥類も豊富な湿地帯として貴重だという。

うむ、この渡良瀬遊水地だけでもなかなかの眺めであるが、今回の目的は、渡良瀬遊水地へと流れ込む、谷田川をたどる事である。

より大きな地図で表示
谷田川は利根川の近くを流れる小さな川です
というワケで、渡良瀬遊水地の散策もほどほどに、私は自転車の進路を谷田川へと向けて、その沿岸を走り出した。
渡良瀬遊水地の水門を越えて谷田川へ
渡良瀬遊水地の水門を越えて谷田川へ
その沿岸の、のどかな道を西に向かって進む
その沿岸の、のどかな道を西に向かって進む
すると、凄く良い風情の茅葺家屋が
すると、凄く良い風情の茅葺家屋が
そのすぐ側には……おぉ、沈下橋まであるのか!
そのすぐ側には……おぉ、沈下橋まであるのか!
沈下橋とは、川が増水した時に流されないよう、欄干などを設けない橋の事だ。この橋は床版が木製で、なかなかに情緒がある。

谷田川をたどり始めていきなりこのような景色に出会う事ができるとは、幸先が良い。これはこの先もなかなか期待できそうだと、自転車のペダルをこぐ脚にも力が入る。

さぁ、引き続き、谷田川をたどって行こう。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓