特集 2011年8月17日

青森でかいものめぐり

スケール感が歪む
スケール感が歪む
青森県の津軽地方には「やたらでかいもの」が幾つか点在する。
津軽地方の青森県民はどうやら巨大なものが好きなようなのだ。そんな津軽の「やたらでかいもの」を見てまわってみた。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。(動画インタビュー)

前の記事:駄菓子屋だらけの町

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

やたらでかい田舎館村の田んぼアート

まず最初に向かったのは田舎館村の「田んぼアート」だ。

「田んぼアート」とは、田舎館村が1993年から行っているイベントで、色の違う稲を植えて、田んぼに巨大な絵を描くという試みだ。

現在では、日本各地で同じようなイベントが行われているけれど、元々はこの田舎館村の田んぼアートが最初なのだ。

だだっぴろい津軽平野を車で駆け抜け、田舎館村へ近づくと、村の集落の中に明らかにテンションのおかしい建物が見え始める。
あれ?
あれ?
あ、天守閣だ!
あ、天守閣だ!
実はこのお城風の建物は村役場で、天守閣部分が展望台になっているのだ。田舎の金持ちの屋敷みたいな建物だけれど、あくまで村役場だ。

田んぼアートは、この村役場の展望台から眺望できるようになっている。さっそく展望台に登ってみた。

稲への価値観が揺らぐ

巨大すぎてカメラに収まらない
巨大すぎてカメラに収まらない
順番をしばらく待った後、天守閣のバルコニーにでると眼下には巨大な地上絵がひろがる!
おじいさんとおばあさんももちろんでかい
おじいさんとおばあさんももちろんでかい
月へ帰るかぐや姫
月へ帰るかぐや姫
これ全部、稲だ。

稲ってこんなにカラフルだったっけ? という気もするが、これは古代米の稲や、観賞用の稲をうまく組み合わせて作っているらしい。よく見ると、確かに紫色や赤色の稲もある。

これだけきれいな絵が描けるのならば、もう稲は画材といってもいいかもしれない。鉛筆、絵の具、稲。

近くで見てもかなりの迫力

今度は、展望台から降りて、稲に近づいて見てみた。
紛れもなく稲
紛れもなく稲
衣のたわみの部分
衣のたわみの部分
近づいてみるとさすがに何が描かれているのか分からないけれど、先程展望台から見た絵を踏まえて鑑賞すると、あそこの部分があれか! という発見があり、なかなか面白い。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓