特集 2011年8月8日

おまえも指紋検出してやろうか

「指紋検出」といえばDNA鑑定やらプロファイリングやらとならんで警察の捜査手法のひとつで、なにやら高度な専門技術であるイメージ。しかし調べてみるとその敷居は意外に低いようなのだ。そうとわかれば、すぐに試してみたくなるのが当サイトである。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:「うまい棒」から「うまい砲」へ

> 個人サイト nomoonwalk

秘密はアルミニウムにあり

刑事ドラマなんかで見る、鑑識の人が証拠品に粉を乗せて耳かきみたいなのでポフポフやるシーン。あの粉はなにか専門的な薬品なのかと思っていたら、どうもアルミニウムの粉末なのだそうだ。
25グラムで398円。2個買った
25グラムで398円。2個買った
手芸なんかに使うことがあるようで、東急ハンズでも売っていた。(これは安かったので通販で買った)
紙に包むだけという武骨な包装は「わかってる人向け」な感じで高揚する
紙に包むだけという武骨な包装は「わかってる人向け」な感じで高揚する
とにかく細かい。一瞬、まちがえて固形のブロックを買ってしまったかと思ったテクスチャ
とにかく細かい。一瞬、まちがえて固形のブロックを買ってしまったかと思ったテクスチャ
使いやすいように小瓶に詰めてみた
使いやすいように小瓶に詰めてみた
手がアルミメッキに
手がアルミメッキに
粉末はかなり細かくて、ちょっとの衝撃でもすごく舞い上がる。瓶に移す時なんかモックモクである。

この企画を企画会議で出したときに、「アルミの粉は吸い込むとアルツハイマーになるらしいですよ」とかなんだか眉唾っぽいことを言われたのだ。ほんとかよ、と思いながらも、作業中はついつい息を止めてしまう。

心配になってネットで調べると、アルツハイマーについては賛否あるようでよくわからなかったが、それとは別に「水やアルコールに触れると爆発を起こす」と書いてあった。刑事ドラマでは脇役の鑑識の人たち、実は刑事に負けず劣らず死と隣り合わせの仕事なのかもしれない。

いざ採取

まずは簡単そうなサンプルで試してみよう。プラスチックのフタにべっとりと、自分の指紋をつけてみた。
指をべっとりと押し当てる
指をべっとりと押し当てる
指紋ついたかな
指紋ついたかな
肉眼で見ると、汚れているのはわかるけど、紋の識別ができるほどクッキリとは見えない。
あの危険な粉を使えば、これを浮き彫りにしてくれるのか。
粉を落として筆で塗りつけ
粉を落として筆で塗りつけ
例の耳かきみたいなやつ…がなかったので耳かきを買ってきた。これでよけいな粉末を払う
例の耳かきみたいなやつ…がなかったので耳かきを買ってきた。これでよけいな粉末を払う
くっきり!
くっきり!
化石でも発掘するかのように慎重に要らない粉を落としていくと、アンモナイトのような渦巻きがバッチリ現われた。力強い指紋。鮮明すぎてここに写真を載せるのを躊躇してしまうほどである。

ネットリテラシーの基本「気軽に個人情報を載せないようにしましょう」に指紋は含まれるのだろうか。
テープを貼って
テープを貼って
剥がせば指紋採取完了
剥がせば指紋採取完了
こうして僕の指紋の標本ができた。作業的には5分もかからないが、やると周囲が半径1mの範囲で粉だらけになるので注意しよう。事件現場を粉だらけにしないでスマートに作業するのは、やはり鑑識のプロだけができる技なのだ。

ちなみに指紋が浮き出るしくみは単純で、皮脂にアルミがくっつくから。皮脂を拭き取ってしまうと、この方法では指紋は採取できない。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓