デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


エキサイティング火曜日
 
ペットボトルで魚とり

sakana14.jpg (18195 バイト)
ぶらーん
sakana15.jpg (17905 バイト)
アウトドア派への転身を賭けて
sakana16.jpg (12349 バイト)
うどん好きのエビ

見えてきた希望

翌日は普段より早く起きてみた。こんな早起きは久しぶりだ。

アウトドアというと早朝から活発に活動というイメージがあるが、私の場合は単に人目を避けるために朝早いだけ。もう中学生たちの沈黙には遭いたくない。今回はたまたま早起きという結果が一般的なイメージと一致しているに過ぎない。

早起きと言えども、そこにさわやかさはない。これがアウトドア自分流。

しかし、魚が入っているかもと考えると気分も楽しくなってくる。橋に向かう足取りも自然と早くなる。まずはうどんのペットボトルから引き上げてみよう。

するすると上がってくるペットボトル。近づいてきても魚の姿は見えない様子。あー…と、がっかりしつつもよく見てみると、あれ?なんかピチピチいってるぞ?

エビだ!エビゲット!

魚こそ入らなかったものの、川エビが1匹だけ入っていた。正直言って小物だが、予想外にうれしい気持ち。うどんにつられて入ってきた川エビ。そう考えるとエビもいとおしくなってくる。お前もうどん食べたかったんだな。

高ぶってくるテンション。アウトドア派初級編はもう合格だと勝手に決定。


sakana17.jpg (17100 バイト)
もはや棒ではない
sakana18.jpg (17999 バイト)
虫たち自体はまだまだ元気
sakana28.jpg (17185 バイト)
すでに何もなくなっていたうまい棒ペットボトル

甘くないアウトドアの現実

とりあえずの収穫に気をよくして他のペットボトルを引き上げてみる。うどんは一番期待できないんじゃないかと思っていたが、予想に反して入っていた分、期待は高まる。

まずはうまい棒……だが、なにも入っていない。

本当なら自分が食べたいという気持ちをおさえて投入したうまい棒も、すでにペースト状。魚にコーンスナックは受け入れられなかったのか、、あるいはテリヤキバーガー味というチョイスがまずかったのか。

続いて虫のペットボトル。釣り好きの知人イチオシだったこともあって期待が高まるが……やはりこちらも何も入っていない。

エサとしてしかけた虫は、今回ターゲットとする小魚が食べるにはニョロニョロと長すぎるんじゃないかな、と、うすうす気づいてはいた。でも処理するのがいやで、長いままにしたのが敗因だったか。

思えばそういった部分でも及び腰だった試み。

しかしまだ一晩しか経っていないというのも現実。もしかしたらこれからかかるかもしれないと思い、再び川に放り込んで数日間待ってみた。

……が、結果は同じ。何も入っていない。特にうまい棒のペットボトルは、長い間水に入れておいたためか、すっかりエサが流れ出してしまっていた。

美しい川の水と時の流れは、全てを洗い流していく。喜びも、かなしみも、そしてうまい棒も…。

急にリリカルになっている自分。しかし私が住んでいるのは千葉の奥、別に川や橋があるのはここだけではない。別の場所でもリベンジだ。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.