してんマップ

あなたの「あの場所」も教えてください! → スポットを投稿する

サムネイル

富士山が良く見える河原
富士山が良く見える河原です

サムネイル

箕面温泉スパーガーデンの展望エレベーター
自然あふれる景色の中に、突如現れる近未来的なエレベーター

刑務所のなかに家
府中刑務所としっかり書いてある門の向こう側に、住宅街がある。中にも入れる。門を通って行ってもそこはまだ刑務所ではない。この門は何…?という不思議な場所です。

ころんだ場所
新宿駅の東西自由通路ができたばかりで、サイネージのある柱のところで待ち合わせた友人らがやってきたので談笑していた。人通りも多いので柱にもう少し寄ろうと後ずさったら、ヒールを履いていたからか、何かを踏んで、バランスを崩して転んでひっくり返った。 見回すとなぜか知らない男性を押しつぶしていて、慌てて退いた。男性2人組が、私たちのいる同じ柱を背もたれにして座っていたのだ。人は駅で地面に座らないはずなので、まったく想定外だった。私は打ち付けた腿をさすりながら、男性らに謝って友人らとそそくさとその場をあとにした。 私の尻アタックを食らった人は、その後どう思っただろうか…?

サムネイル

散歩道のステージにしかけられたトラップで転ぶ
隅田川沿いにある散歩道、荒川遊園地の裏にはステージを兼ねているところがああり、写真の通りに何も無い所なので通常転ぶはずも無いのだが、この白い地面に白いモルタルかコンクリが薄らと落ちていて、それを気付かず踏んでしまい目の前の景色が急に空に変わる勢いで転びました。 川の工事をしている車両から落ちて誰も気が付かなかったのか片される事も無くそのままだったので、数年経った今も踏んだ時の足跡が残っていて、見かける度に転んだ瞬間の「あ!これ救急車レベルか!?」という恐怖を思い出します。

転んだ場所
私が小学生の頃ここには体育館がありました。道路から少し坂を上がったところにあり、温泉もあったと記憶しています。 小5の冬にこの体育館で太鼓を習うことになり、初日の練習が終わった後に派手に転んで骨折しました。 練習が終わり友人たちと喋っていたら近くでチャルメラの音がしました。子供だったので屋台のラーメン屋は見たことがなく、みんな面白がって音のする方向へ走って行きました。 私もその後に続いて行こうとしたのですが、圧雪のある坂を走って滑って転びました。 頭はちょうどふかふかの雪があるところに落ちて無事でしたが、受け身を取ろうとしてついた左腕が尋常じゃないほど痛くて、震える手で家に電話をして親に迎えにきてもらいました。 土曜日の夜のことだったので、翌々日の月曜まで待ってから病院へ行ってレントゲンを撮ったら左腕の二の腕部分の骨がきれいに真っ二つに折れていました。 処置してもらった後に遅刻して学校に行ったら、同じ日の違う時間帯に骨折した同級生がもう2人いて、なんというか…笑うしかないな、と思いました。 この年は全部で40人ほどの学年で7人も骨折しており、骨折の流行年でもありました。

雨の日に転がり落ちた歩道橋
雨の日に足を滑らせて階段を4段くらい転がり落ちました。 頭は必死に守ったので腕・肩・腰・足の打撲で済みました。 通りがかりのスーツの男性が二人がかりで助け起こしてくださり、 東京にも人情があるのだなあ……と思いながら、 「すみません!ありがとうございます!すみません!ありがとうございます!」 としか言葉が出ず、ご連絡先なども聞けずお礼もままなりませんでした。 この歩道橋は雨の日とても滑るので気を付けてください。

ナイススライディングした場所
15年ほど前の冬、出張で訪れた真冬の札幌。夜の街に繰り出す人々で賑わう、すすきのの交差点で転びました。 現地の取引先の方に言われた「歩道は融雪されてるけど、横断歩道は凍ってるから気をつけてね!」という言葉が頭をよぎった、その次の瞬間には天地がぐるっと回り、顔の横に地面が。そして上空には、ビルと夜空を背景にぽかんと口を開けてこっちを見ている上司の顔が見えました。 通りかかったおばさま方が「あらあらあら、だいじょうぶ~?」と助け起こしてくれるに至っても、まだぽかんと見ているだけだった上司に「助けてもくれないなんて酷いじゃないですか!」と訴えたら、「だって、あまりに華麗なスライディングだったから…」と、理由にならない理由を呟いておりました。 ちなみに本当にナイススライディングだったようで、打ち身も怪我もまったくなく、無事、札幌の美味しい海鮮とお酒とラーメンを堪能しました。今でもその時の上司と飲むと、「あのとき助けてくれなかったし!」と苛めています。

真上に友達がいた場所
渋谷横丁で飲んでたら、友達が宮下公園にいるSNSをあげていて、高さによるすれちがいをしていた。

階段から落ちた場所
友人との待ち合わせ前、るんるんで階段を下りていたら、「あ、なんか、落ちるな」という予感の直後、足を踏み外して落ちました。正座で滑り落ち、1人だったので恥ずかしく、後に脛がカラフルに内出血していました。この階段を克服するために、後日再訪し、覚悟を決めて下りました。勝ちました。

酔ってすっ転んでついでに吐いた場所
今から5年以上前の話、このビルにあったキャバクラで知り合いが働いていました。 知り合いがお金を出してくれると言うので沢山飲んだら帰りにビルの前でコケて謎の大アザができるわ、マーライオンするわ、介抱してくれた同行者にひどい絡み方をするわ散々だったそうです(全てあとから聞かされた話で私の記憶は1ミリも残ってません) そのキャバクラはありませんし、知り合いとも縁が切れてしまいましたが、つい最近この前を通り一気に記憶が蘇ったので投稿します。

キャリーごと転んだ
心の王子様、ミッチー(及川光博さん)のお泊まりライブのために広島入り。 ホテル周辺はコンビニすらないので、部屋飲み用のビールをしないで購入して移動するためキャリーとビールを持って歩いていました。広島の歩道はレンガ敷きっぽいのですが、さほど段差があるわけではないのですが、うまく溝にキャスターがはまって静止したキャリーにつまずきそのまま転倒。缶ビールが歩道に散乱 近くを通ったお兄さんもビール集めを手伝ってくれましたが「いや、こいつらどんだけ飲むねん」と思われたかと思うと…擦りむいた膝より心が痛かったです。

1998年ごろ原付バイクでころんだところ
学校の帰り。その日の夜は大雪で、朝に駅まで乗って行った原付バイクを家まで押して帰るのがめんどうだったので、おそるおそる乗ってみたら案外いけた。でも下り坂でブレーキかけた途端にころびました。いつもより静かな、街灯に照らされた雪道のまんなかで、そりゃまあ、ころぶよなあ。としみじみおもったのを覚えています。

スーパー銭湯の前
スーパー銭湯の前で暗闇で段差が見えなくて、自転車で転倒しました。 肘が血まみれになったので、お風呂には入らず帰りました。 最近工事をして反射板が付いたので、安全です。

ロードバイクではじめて転んだ場所
初めて買ったロードバイク、ペダルはピンディングといってペダルと靴が接続する形のもの。はじめての街乗りでここまで順調にペダルの付け外しができていたはずが突然外し方を忘れてしまい信号待ちでスローモーションに倒れていきました。初走行でばっちり傷付いたロードは勲章です

寝ながら歩いて停まっていた自転車に突っ込んだ場所
以前新宿から歩いて帰ることができる場所に住んでおり、飲んだ後はよく歩いて帰っていました。ある時、歩きながら寝てしまったようで衝撃と大きな音がして目を開けると、歩道橋の下に停められていた何台かの自転車に突っ込んで転んでました。 走っている車じゃなくて本当によかった…。

サムネイル

花見に行って斜面転げ落ちました
お花見でしこたま飲んで、ほぼ泥酔状態で斜面でおしっこしてたら、バランス崩して斜面転げ落ちました。 おでこに木の切り株かすってハート型の傷ができてしまったのもいい思い出です。

中3のときに自転車で転んだところ
中3の夏休み後半くらいのころ、トロンボーンを持って自転車を片手運転して友達の家へ向かってたら、この辺りでバランスを崩して転びました。 バランスを崩した理由は、自転車のギヤを変えようとして運転してる方の手を離して両手離し運転になったからです。我ながら、なんでそんなことした?と思います。 その結果、トロンボーンのベルがひしゃげてしまい、とても悲しかったです。

サムネイル

はじめて自転車二人乗りして土手から転げ落ちた場所
小学校2年か3年の頃です。僕はみんなよりも自転車に乗れるようになるのが遅くて、ようやく補助輪を外せたくらだったと思うんですが、友だちの大島くんがおまえ二人乗りできるか、と言うのでやったことないしできるわけないのに「できるに決まっている」と答えました。僕の子供用自転車は大島くんを荷台に乗せたまま3メートルくらい蛇行したあと転倒し、そのまま土手から畑まで落ちて止まりました。大島くんには「できねえじゃねえか!」と怒られましたが、それでも僕は「できる」と言い張ったのを覚えています。

サムネイル

転んだ場所(大森駅の階段)
大森ベルポートで勤務しているときに、1階のホールで定期的にビアホールが開催されていました。 閉幕間際に飲み物が100円で売られるので、水のようにたくさん飲みフラフラに。 帰宅時に大森駅のホームへ行く階段で10段落ちたものの、頬にアザができる程度の軽症でした。 ※転んだ日ではないビアホールで写真を添付しました。 https://dailyportalz.jp/kiji/110801146405

1998年ごろ自転車でスライディングした場所
学生のころ、田無駅から自転車で学校に通っていたことがありました。 いちど、途中でどこかに寄ったかなにかの関係でいつものルートを外れて道に迷い、きょろきょろしながら自転車をこいでいたところ、車道と歩道の縁に前輪をすべらせて転倒。 しかもそのままスライディング形式で、ザシューと勢いをつけてすべってしまいました。 悪いことに場所が武蔵野大学の正門の真ん前でして、門を通過し学校の敷地内まで滑り込みました。 恥ずかしすぎてスッと起きて通りがかった学生さんに目的地を聞きました。

引率しながら転んだ
イベントが終わり、代々木公園でビールでも飲むかと思って歩いてたら転びました。 山手線の橋脚の土台に足が引っかかり、あ、引っかかったと思ったけど足をそれ以上あげられず静かに転びました。 膝から血が出てましたが、打ち上げ会場に引率する役割だったのでコンビニで絆創膏買って貼って芝生でビールを飲みました。

水路に落ちた
出張の夜、夕食を買い、店を出て街灯もない暗闇の中スマホを見ながら歩いていたら駐車場沿いに走る水路に落下した。トム&ジェリーで普通に歩いてたら空中で足元に何もないのに気づき、落ちるようなあの感じ。意表をつかれたので受け身も取れず膝を強打、血だらけになった。

自転車ごと落ちたドブ
中学生のころ、塾の帰りに自転車ごとドブに落ちました。20分前に一生懸命書いたノートが全部水没したので悲しかったのと、次の授業で先生に言われた「ドブに落ちたって漫画でしか聞いたことないぞ」という言葉を覚えています。その後開発されたようで、ストリートビューにはドブの姿はありませんでした。

品川シーサイド駅
会社員時代、品川シーサイド駅の上りエスカレーターでコケました。朝の通勤ラッシュでサラリーマンがぎゅうぎゅうのところに転んだうえに、エスカレーターに挟まりそうで、怖恥ずかしかったです。

池袋駅西口前の広場
広場のど真ん中にある、ヒザぐらいの高さの鉄看板に激突して「あぎゃ〜!」と叫びながら転びました。 三角形のけっこう大きい看板なんですが、待ち合わせ場所を探すためにスマホ見ながら暗い中をうろうろしていたので全然気づきませんでした。歩きスマホはよくないです。   持っていた傘や荷物がすべてふっとんだんですが、周りにいた人が「痛かったね」「大変だったね」と言いながらすべて集めてくれました。大人になってから初めて見ず知らずの人にあやしてもらいました。池袋って温かいところだなと思います。

サムネイル

京都駅ビルとビックカメラの間の階段
壁に挟まれた階段で、上がった先が空しか見えなくてちょっと異様な感じがしました。

サムネイル

スーパーの裏手には室外機が寄り添っている
一生懸命に館内の空調を管理しているエアコンの隠している裏側を見ちゃった感じ?がして好きな場所。

サムネイル

炭焼ホルモンだるま
毎晩飲んだくれてる場所で、看板見るとホッとします。

サムネイル

上越線土合駅
下りホームが新清水トンネル内にあって、真夏でも真冬でも気温15℃の地下駅。駅舎から400段以上の階段を下りないと到達できない。低温高湿度のためホーム上は薄らと霧がかかっている。

サムネイル

ロンドン交通博物館
路線図大好きライター西村さんが愛読書『Transit Maps of the World(トランジットマップ オブ ザ ワールド)』の著者であるロンドン在住のジャーナリスト、マーク・オーブンデンさんを取材した場所。 路線図大好き同士、完全に意気投合した。 路線図の聖地ロンドンで、路線図マニアと路線図について語る https://dailyportalz.jp/kiji/180110201699

サムネイル

ヘリコプターで逃げ去った場所
遠近法を使った工作でヘリコプターで逃げ去るシーンの撮影に成功しました🚁

サムネイル

スケバン刑事の鉄仮面の扮装で歩いた場所
スケバン刑事Ⅱの鉄仮面を被らされて育った主人公の気持ちを味わうためにやりました。

サムネイル

謎の大物になってパンダカーに乗った
おじさんの夢を叶える記事の撮影でいきました。

サムネイル

大田区産業プラザPio ウェブメディアびっくりセール
ウェブメディアが集まる同人誌即売会を実施。 大田区産業プラザPioといえば即売会の会場として有名で、関係者はその っぽさに奮えた。 第一回があまりに好評で気をよくして年内に第二回を実施してしまうほどだった。 https://dailyportalz.jp/b/bikkurisale01/ https://dailyportalz.jp/b/bikkurisale02/

サムネイル

サイト開設15周年を祝って宴会芸を披露した 蒲田温泉
サイト開設15周年記念事業として関係者が宴会芸を身につけることに。 芸は蒲田温泉の宴会場で来場の読者のみなさまに披露した。この日、乙幡さんがコブラになったことが一同の一生の思い出となる。 https://dailyportalz.jp/kiji/161101197959

サムネイル

喫茶デイリーポータルZ
2020年4月のエイプリルフール企画の撮影場所。 デイリーポータルZは喫茶店になりました、として、1日本当に営業する予定だったがコロナ禍に突入してしまいあえなく開店せず閉店した。 https://dailyportalz.jp/kiji/what_is_cafe_dailyportalz なお、現場のヒマナイヌスタジオ高円寺は今や「原稿執筆カフェ」としてさまざまな企画を連発し超話題のスポットに。 https://twitter.com/MWC_tokyo

サムネイル

イッツ・コミュニケーションズ 用賀オフィス
デイリーポータルZ編集部が2017年から2021年まで在籍したイッツコムのオフィスがある場所。 駅直結のオフィスビル(世田谷ビジネススクエア)の高層階にあり景色がよいため、編集部員は出社すると常に遠くをみていた。 ステーキがたくさん食べられるお店があり、ライター江の島くんはもちろん撮影した。 https://dailyportalz.jp/kiji/i-can-eat-much-more

サムネイル

毎朝歩いてる場所
毎朝ウォーキングで歩いてる場所です。 左側を見れば朝日がとても綺麗に見えて、右側を見ると工場地帯が怪しげに光っていて不思議な風景を見る事が出来ます。

サムネイル

林、痔の手術をする
ショッピングモールに入っている専門の病院で手術。 名医。 待合室で斜めに座っている写真。

サムネイル

いかだで渡った多摩川
ペットボトルで作ったいかだで川下りのイベントに参加。 途中でばらばらになりつつゴールした。 https://dailyportalz.jp/b/2010/09/18/a/

サムネイル

北野武監督にインタビューした場所
映画「アウトレイジ」の監督インタビューにも関わらず、ビートたけしさんとのしてのコケる芸やコマネチをやってもらった。 前の日に何度も起きるぐらい緊張した。 会場となったホテルはもうない。 https://dailyportalz.jp/b/2010/06/10/e/index.htm

サムネイル

デリーポータルZ
サイト開始からのパートナーだった住さんが休載し、メンバー減ってもおもしろいことしなきゃという焦りもあってインドへ。 悩んでインドという王道のパターン。

サムネイル

フィーエルヤッペンで飛び越えた小川
フィーエルヤッペンという競技をやってみたくて、まず手始めに飛び越えてみた小川です。 フィーエルヤッペンはじめました https://dailyportalz.jp/b/special06/03/08/

サムネイル

ハトに生命保険を選んでもらった河原
ライフネット生命とのコラボ企画、ハトが選んだ生命保険に入るの撮影をした場所。 東京都内は野鳥にエサをあげてはいけないので川崎側で撮影。(現在は神奈川でも禁止)

サムネイル

30歳になった記念に塗った壁
沖縄には記念に壁を塗る文化があります。30歳になった記念に塗ってみました。 自分のために壁を塗ろう https://dailyportalz.jp/b/special05/07/20/

サムネイル

年末スペシャル時代劇『江戸無血開城』ロケ地
デイリーポータルZ製作・大北栄人監督の長編時代劇のロケ地のひとつ。 編集部の石川くんがメガネをかけたまま演技をしてしまい、すべて撮り直しになって気まずくなった。 https://dailyportalz.jp/b/2008/12/31/a/6.htm

サムネイル

高圧洗浄機で壁の塗装を剥がした建物
壁をきれいにしようと思いレンタルしてきた高圧洗浄機が強力すぎて塗装までぜんぶもっていかれました。 大掃除は高圧洗浄機で https://dailyportalz.jp/b/koneta04/11/17/01/

サムネイル

島根取材中、住が胃潰瘍になり板の上で寝る(後日カラオケにされる)
石見銀山の取材中、住さんが胃が痛いといって座る。銀山を見て戻ってきたら板の上に寝ていた。 そのようすを心配するでもなく、いたがるようすをカラオケ動画にしたことで住さんの不信感を買う。 世界遺産、の近くにある変わったパン https://dailyportalz.jp/b/2008/01/31/a/

サムネイル

エイプリルフールで机を持ち出した河原
2006年4月、デイリーポータルZのエイプリルフール企画で机と椅子を持ち出して会社にした場所。 机は休日の会社から黙って持ち出した。