特集 2022年8月15日

スローモーションはドラマチックだ!

ピストルの引き金をひく映像をスローモーションでみると、通常のスピードでみるよりも迫力が増してドラマチックに感じる。

であれば、日常的な風景もスローモーションにしたらある程度ドラマチックにみえるのではないか?

実際はどうなのか、やってきたので報告します。

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。

前の記事:言えばなんでも正解、クイズ!どんどん答えましょー!!(後編)

> 個人サイト 日本海ぱんく通信

外出するだけでドラマチック

まずは、扉を開けて外出するところから試してみよう。

日常的な風景の最たるものといえるそんな場面もスローモーションにしたらドラマチックになるだろうか?

2.jpg
ただここから出てくるだけ

それではよーい、スタート!

3.gif
日常

こんな日常的な風景をスローモーションにすると…

4.gif
スローモーションだとドラマチックになる!

ほらほら!ただの外出風景もこれから復讐に向かう男のようにみえてくるではないか!

ちなみに音声もつけると更にドラマチックになるので動画でもご覧いただきたい。

※音が出ます。

ちなみに、撮影時にたまたま扉の外にお掃除中の管理人さんがいた場合には…

5.gif
管理人さんが

復讐に向かう男を、外出直後に始末する管理人に変装した殺し屋にみえてくるのである。 

振り返るだけでドラマチック

つづいては、呼ばれて振り返るというシーンでやってみよう。

6.jpg
向こうを向いている者が振り向くだけ

それではよーい、スタート!

7.gif
普通

こんな日常的な風景を、スローモーションにすると…

8.gif
あたかも学園ドラマの主人公風になる

おお、ただ振り返っているだけなのに、金八あたりの型破り教師が生徒に呼ばれて「おはよう」とこたえるオープニングシーンのようだ!

そのうえ、うさんくさいところまで金八同様である。

さあ、音声つきなら更にドラマチックですのでぜひ動画ででもどうぞ。

※音がでます

 そろそろこの記事の流れがわかったところで次行ってみよう!

いったん広告です

ただの食事もドラマチックだ

今度は、ただそばを食べるシーンをスローにしてみよう。

9.jpg
ただの食事風景

それではよーい、スタート!

10.gif
ただ食べてるだけ

こんなありふれた風景を、スローモーションにすると…

11.gif
ほとんど美味しんぼ

コンビニのそばだとあなどっていたにもかかわらず、それを口にした瞬間、おおこれは、本枯かつお節、さば枯節の厳選品を使用しただけでなく、超特選しょうゆに純米本みりん、砂糖を加えて熟成させた本がえしの効いた秘伝のつゆではないか、と食通が思わず目をむいてしまったシーンになるのである。

さらに音声つきならドラマチックなので、ご面倒かと思いますがぜひごらんください。

※しつこいようだが音がでます

 まあ、コンビニのざるそばでこれだけ感動できれば幸せかもしれんなあ、などと急にエモいこと書いてますけども。

階段もドラマチック

つづいては、ただ階段をのぼってくるところをスローにしてみよう。

12.jpg
ただ階段をのぼってくるところ

それではよーい、スタート!

13.gif
階段も

こんな日常的なシーンをスローモーションにすると…

14.gif
ドラマチックになる!!

もう一段あると思っていた階段がなかったというよくある場面も、こうしてスローにするだけで九死に一生を得た瞬間のようにドラマチックになるのである。

これがまた音声付きならドラマチックに拍車がかかるので、そんなこと言わずにごらんください。

※ですから音が出るんです

いったん広告です

非日常はどうなるか?

ここまでの結果、日常的な風景をスローモーションにするとドラマチックになることがわかった。

では、非日常の光景をスローモーションにするとどうなるか?

ということでやってみよう。

15.jpg
心なしか身構えるような表情

それではよーい、スタート!

16.gif
日常にはあまりないタライの落下

このような非日常な光景を、スローモーションにすると…

17.gif
かえってくどくなる

このように、スターどっきりマル秘報告のブーブークッションにおけるマンボNo.5のようなくどさを感じる結果になるのである。

※意味がわからない若者は年長者に聞いてみよう!

四回目であるが音声付きならさらにドラマチックだ。つりばんど岡村からの最後のお願いだと思って、どーかひとつ動画でごらんください。

ただし、タライのぶつかる音はスローにするとド迫力!

 


まとめ

野村克也監督は生前「配球も人生も、大事なのは緩急」という名言を残した。

これは、人生は急ぐばかりではなく、ときには日常的な風景をスローモーションにしてみると、ドラマチックにみえてくるだろうが、なあ古田よ、古田よ、そうだろう、なあ、古田よ、なあ、っておい、さっきからお前、ワシの話を聞いとるのか、と怒りながら言ったとか言わなかったとか言われている言葉である。というか言われてない。

だから今回の記事とこの野村監督の名言は何の関係もない。

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ