ちょっと聞いてよ 2022年10月13日

芝生に枕で昼寝すると最高

公園の芝生で寝転がるのが好きだ。

初めて寝転がる時は土とか虫とか犬のフンとか大丈夫かなと思うが、一度寝転がればどうでも良くなる。

柔らかい芝と緑の匂いに包まれて、まぶしい空に自然と目を閉じると、周りの音が遠のいていき、時間がゆったりと流れはじめる。

とても心地よい。

このために生きてると思ってしまうほど最高のひとときである。

 

芝生での昼寝はすでに心地よいのだけど、よりよくするアイテムを見つけたので、ぜひ聞いてほしい。

1995年、海の近く生まれ。映画と動物とバーベキューが好きです。オレンジジュースを飲んでいたコップに麦茶を注いでもらう時でも「コップこのままでいいよー!」と言えます。

前の記事:和服から洋服にトランスフォームできる服を作りたい

> 個人サイト たびっこ動物

枕だ

公園ではレジャーシートやテントでくつろぐ人たちをよく見かけるが、私がおすすめしたいのは枕である。

枕ひとつで大地はベッドになるのだ。

pillow_1.jpg
めちゃくちゃ気持ちいい。

昨年の夏にたまたま枕を公園に持って行く機会があり、試してみたらかなり快適だった。

 

枕なしで芝生に寝転ぶのが「露天風呂」だとしたら、枕ありは「絶景の露天風呂貸切」くらいレベルが上がる。

ほんのひと手間で、気持ちよさにプラスして贅沢さも感じられるのだ。

この心地よさが忘れられない。

もう一度やろうと思い、枕を持って芝生の公園へ向かった。

枕があるといいところ

枕がないと、頭が地面につくことに抵抗がある。

pillow_2.jpg
しかし枕があれば全く抵抗なく寝転がれる。

枕がないと、寝返りを打つのにも抵抗がある。

横を向くと顔に芝の跡がついてしまうし、目や鼻や口が地面に近づくので間違って虫が入ってくるかもしれない恐怖がある。

しかし枕があればその心配は薄れる。

pillow_3.jpg
寝返りもうてる。横向きにも寝れる。

枕がない時よりも格段に寝心地がいい。

枕のおかげで寝転がる時の抵抗が全てなくなり、ストレスフリーでリラックスできる。

気を抜くと本当に眠りに落ちてしまいそうだ。

 

pillow_4.jpg
遠くから見るとファンタジー。

休日のちょっとした贅沢である。

他の方の迷惑にならないように、ぜひ暖かい晴れの日に試してみてほしい。

帰る途中、公園のベンチに大きな枕が置いてあった。

pillow_5.jpg
もしかしたら、もう流行っているのかもしれない。

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ