特集 2019年1月4日

二重振り子に体をつける



二重振り子というものをご存知だろうか。振り子の重りが二重になっているものだ。簡単な仕組みなのだがとてもおもしろい動きをするのでよく話題になる。

さて、これを腕に見立てて体をつけてみたらどうなるだろう。ものすごくダンサブルになるのではないだろうか。

1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。(動画インタビュー)

前の記事:会社に休暇申請せずに行くインド

> 個人サイト Twitter

二重振り子に体をつけた結果はこちら

二重振り子に体をつけたらどうなるだろうか? まずは動画があるので見てみてほしい。

二重振り子に体をつけたらどうなるのか?

002.jpg
二重振り子はこういうもので、簡単な仕組みなのに思ってもない動きをする。とても愉快だ。
003.jpg
これを腕に見立てて体をつけたらどうなるか、というのが今日の議題である

一体どうなるのか。引き伸ばさずにさっさと結果を見てもらいたい。

004.gif
躍動感がすごい
005.gif
ほぼDA PUMP

なんかバタバタしていることを無視すればほぼDA PUMPである。貼り付けられたこの顔は僕のものなのだが、実物である僕はこんなダンサブルな動きはできない。

006.jpg
作り方をかんたんに紹介しよう

分かる人はもっと上手に作るだろうし分からない人はそもそも作らないだろうが、せっかくなので作り方を紹介する。

007.jpg
見ての通り基本構造は木材を使っている。金属を使いたかったもののよくわからなかった。
008.jpg
ネジが付いたベアリング(そんなのあるんだ)と金属の板を使って関節を作る。左右の腕がぶつからないように前後にずらすのがポイント。

作るのに半日かかった。それも忙しい年末に、である。焦燥感が高まる。

009.jpg
体、腕、手など細かい装飾をして完成。

なお体が平べったいのは、厚みを持たせるとすぐ干渉してぶつかるからだ。

010.gif
完成!

ところで……。

011.jpg
光る棒を持たせたらヲタ芸っぽくなるのではないだろうか
012.jpg
なりそうだぞ
013.jpg
と思ったのだが、重心がずれて胴体を破損した。

機械の体にヲタ芸はまだ耐えられる業ではなかった。これはただ唯一人間がやるべきことなのかもしれない。

014.jpg
「ことしこれが流行るのではないか」と感じさせるものであったことは疑いがない

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓