特集 2021年8月19日

街にある「区またがり地図」は他の区が空白

大阪の街に設置されている、他の区を全く描写しない地図を「区またがり地図」と名づけて集めてみました。

自由律俳句と路上観察をしています。大阪在住。私家版の自由律俳句集『麦わら帽子が似合わない』『ブルマ追いかけて八位』『待ち受け画像がちらし寿司』も販売しています。

前の記事:右向きの防犯カメラのアイコンはちょっと珍しい

> 個人サイト note

大阪の街を移動しているとき、いつも気になっていることがあります。
それは――

1.jpg

道路沿いなどに設置されている区の地図が、

2.jpg

他の区にかかっている場合、全く描写しないということ。
他県ではどうなっているか知りませんが、少なくとも大阪市内はこんな感じです。
(ちなみに、他の区にかかっていない地図は普通)

別に区同士でケンカしているわけではないでしょうが、地図の一部が白いというのは不思議な感じがしますし、自分の区だけ表示するというのは非常にお役所的っぽくて、妙に納得してしまう部分もありました。

ちなみに実際の区境はというと――

3.JPG

もちろん、道路の向こうの城東区は普通に存在していました。
写真の場所は、今の地図のちょうど正面にある道路で、手前の車線あたりまでがたぶん都島区。
これを地図通りに再現するならば――

4.jpg

こうなってしまいます!
簡単な加工ではありますが、先のグラフィックが表示されていないゲームみたいで、ちょっと恐怖ですね。

そして不意に「区またがり地図」という、ちょうどよさそうな単語も思いついたので、俄然やる気になって大阪中を探し回りました。
まずは街で見かけたものをいくつか紹介したいと思います。

1、区またがり地図

5.jpg

区境としてよくあるのが、線路で隔てるタイプ。
ここも線路の向こうが生野区でした。

上の方も白いので他の区なのかと思いましたが、単に掲示板と地図のサイズが合っていないだけのようでした。

6.jpg

倒れそうなのか、なぜか縛られている地図もありました。
左から下にかけてガッツリ他区となっており、かなり白い部分が多いです。
そして白い部分は空いたスペースのように思われているのか、張り紙が貼られていました。

7.JPG

鶴見区にあった地図では、端っこが真四角に消えていました。
緑色の部分の鶴見緑地は、真ん中で鶴見区と守口市に分かれているので、ちょうどそのあたりになります。
これはどちらかというと「市またがり」ですね。

8.JPG

3つもまたがってる!と思いきや、上と左は同じ中央区でした。
2またがりで、やっぱり天王寺区の地図はサイズが合ってなかったです。

9.JPG

今度こそ左から港区・西区・浪速区の3またがり。
川と川が合わさって、巾着みたいになっていました。

あとは無関係ですが、映り込んだ路面表示がいい感じ。

10.JPG

こういうのもありました。横顔に見える地図。

11.jpg

さらに逆向きも。
こっちの方がアゴがあって、より顔っぽいですね。

いったん広告です

2、理想の「区またがり地図」は○○○にある

こうして街を出歩くたびに地図を確認しまくっていったところ、ついに「これは!」と思う区またがり地図を発見。
それがあったのは――

12.JPG

区役所!

字が小さいですが、上から時計回りに旭区・鶴見区・東大阪市・東成区・中央区・都島区の5区1市に隣接し、区の形を見せるために周りが圧倒的に余白でした!

区役所にある区の地図なので、当たり前といえば当たり前かもしれませんが、今まで路上で見てきた地図とは明らかに別格で、これまで以上に興味をそそられました。

そこから大阪の区役所を巡る日々が始まり、ついに全24区役所を制覇。

13.jpg

2カ所は建物周辺に地図が見当たらなかったものの、まずまずの数が揃いました。
しかもどれもキャラの濃い地図ばかり。

しかしさすがに全て紹介するには多いので、こちらも気になったものをピックアップしていきます。

14.JPG

まずは天王寺区役所。
区またがり地図は、こういう緑色の掲示板の裏にあることが多いです。

15.JPG

ありました!

上から時計回りに、中央区・東成区・生野区・阿倍野区・西成区・浪速区・中央区・中央区。

16.jpg

中央区多すぎて笑いました。

17.JPG

ちなみに天王寺区役所には区のマスコットキャラ「ももてんちゃん」が飾られていました。
他の区役所ではあまりこういうのを見なかったですが、華やかでいいですね。

18.JPG

他には珍しいところだと、中央区では緑の部分が大阪城周辺だったり、

19.JPG

北区は川の形に切り取られていて、土地がピンクがかっていたのでハートのようだったり、

20.JPG

あとは他に類を見ないほど地図が汚れているところもありました。

21.JPG

では、ここからはさらに変わり種を。
此花区の区またがり地図はかなり特殊で――

22.JPG

左側が入りきらないため、上下に分かれていました!
正方形の掲示板に対して、横長の区だと上手く収まらないみたいですね。

23.JPG

人工島である舞洲や夢洲は右下へ。
天気図などで見る沖縄のように、黒い仕切りをつけられていました。

24.JPG

西淀川区の地図は超立派!
デカいし横に長いし、寄贈された特別仕様なだけあって他とは一味違いますね。

25.JPG

ちなみに別の場所には、かつて使われていたであろう掲示板も発見。
今は防災地図が貼られていて、活用されているようでちょっとホッとしました。

26.JPG

最後は東淀川区。
2本の大きな川に囲まれて、妙にうねうねしています。

27.jpg

よく見ると、ここだけぽっかりと吹田市。気になりますね。
この場所から近いこともあって、ちょっと寄ってみました。

28.jpg

一瞬で到着。
大きな歩道橋があるところで、何回か通ったこともある道ですが、この先から吹田市になっていたとは今回初めて知りました。

では、ここから後ろにある横断歩道を渡り、交番を過ぎたあたりに移動。

29.JPG

この一番奥の、左右に渡っている歩道橋の手前くらいからが吹田市のようでした。

ちなみに地図を実写化するとこんな感じです。

30.jpg

やっぱり怖っ!

現実世界でいきなり真っ白だと、圧迫感がこの上ないですね。

31.JPG

さらにせっかくなので、逆方向にも行ってみました。
この地図の真ん中の、旭区へとつながっている豊里大橋を渡ります。

32.JPG

幸い天気もよく、とてもいい写真が撮れました。
しかし地図を実写化すると――

33.jpg

あああ旭区がっ!青空がっ!
これに向かって垂直に突入する勇気はない……

この世の果てというか、川を渡っているので三途の川っぽさも相まって、渡りたくない気持ちでいっぱいです。

やはり「先がない」というのは単純に恐怖なので、区またがり地図の中だけの方がいいですね。


国や都道府県の形はよくクイズ番組などで見かけたりしますが、区の形って案外気にしてなかったかもしれません。

そして『天王寺区だけ地図のサイズが合っていない問題』という、新たな発見もあったのでよかったです。

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ