短い記事 2022年3月21日

指を立てて歌うと八代亜紀さん級に歌がうまく見える

歌がうまいと一目置かれる。

だから歌がうまくなりたい!

などと言ってもボイストレーニングなどはしたくない!

この際、歌がうまいと思わせられればいい!

と考えた結果、簡単にできる方法を発見したので紹介したい。

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。

前の記事:燃えろ!頭の湯気でジンギスカン

> 個人サイト 日本海ぱんく通信

いったん広告です

消極的な姿勢はダメ

まず、私が歌がうまいと思われていない原因は、自信がないため「早く曲が終ればいい」と考えてしまい、淡々と、抑揚なく歌ってしまうためである。

2.jpg
淡々と抑揚なく歌ってしまう私

その結果、それまで盛り上がっていた場は一気に盛り下がり、しきるタイプの人がインターフォンで追加注文をしたり、挙句の果てに自分以外の全員がトイレに行ったりすることになる。

3.jpg
意を決してステージに立ってみる

「これではいけない」「みんながトイレから戻ってくるように場を温めよう」と、ステージに立つがモニターに映し出される歌詞を追うばかりで表情は暗い。

当然メンバーは戻ってこず、追加のドリンクを運んできた店員と二人きりになり気まずい空気が流れる。

4.jpg
リズムに合わせて体を前後に揺すってみる

少しは動いた方がいいかもしれないと、リズムに合わせてうなずくように歌ってみた結果、往年のオールスター家族対抗歌合戦で周りのみんなに肩を叩かれながら歌う有名人の老父の様相を呈してしまうのである。

これでは歌がうまいと思ってもらえるはずがない。

八代亜紀さん風アクションで歌えばいい!

歌がうまい人の歌唱力は並大抵の努力では真似できないが、身振り手振りだけなら簡単に真似できる。

動きだけ真似すれば歌のへたさはごまかせるはずだ。

で、歌がうまい人といえば八代亜紀さんである。

つまり、八代亜紀さん風アクションで歌えば、歌がうまいと思ってもらえるのである。

 

この動画を研究した結果、やり方はこうだ。

5.jpg
まず眉間にシワをよせて笑う
6.jpg
人差し指を立てる
7.jpg
「あんたイカしてるね!」というような気持ちで行えば人に指をさしても不快感を与えることはない。
8.jpg
「あんたイカしてるね!むしろ炙ったイカしてるね!」
9.jpg
ダブル指さしもアリ!
10.jpg
八代亜紀というよりちょっと江口のりこに似ている
11.jpg
洋楽だっていけちゃう
12.jpg
憎たらしい

笑いながら指を立てて歌う。人はこれだけのことで八代亜紀さんのように歌がうまいと思ってもらえるという大発見をしてしまった。うそではありません。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ