特集 2019年4月5日

丸好き中国で愛でる四角い建物たち

基本的に中国人は丸いものが好き。中華料理に欠かせない円卓、せいろ、上海の東方明珠タワー。街を歩けば、丸いもの、流線型を利用したものなど、やわらかい形のオブジェや建造物が多いような気がする。

ではこの記事では丸を探すのか?というと、違う。あいにく私は無類の四角好きなのだ。丸にあふれた中国で四角を探す、そんな旅にお付き合いいただきたい。

※この記事は、 世界のカルチャーショックを集めたサイト「海外ZINE」の特集「ライターがオススメする裏観光」の記事をデイリーポータルZ向けにリライトしたものです。

海外ZINEは、世界各地のカルチャーショックを現地在住ライターが紹介する読み物サイトです。 / 上海在住。中国の家庭料理「宮保鶏丁」が好きすぎて、大量に作って冷蔵庫にストックするのが幸せ。

前の記事:パンダに対して冷静すぎるよ中国人

> 個人サイト 海外ZINE

「丸いもの」を愛する中国人

まずはじめに、中国人の丸好きっぷりを紹介したい。

image6.jpg
食べ物にも丸い食べ物が多く、
image16.jpg
建造物にも丸や流線型が多い。

これは断じてこじつけではない。

実際に周りの中国人の知人・友人たちに「丸と四角はどちらが好き?」と聞いてみたところ、突然の質問にしばしきょとんとした後、「…丸だけど」という回答。さも当然に、ほとんどがこのようなリアクションであった。

風水的に良いかまでは調べられなかったが、中国には「団団圆圆(トゥアントゥアンイェンイエン)」という言葉がある。日ごろは様々な地域にいる家族・親戚が丸いテーブルに集まって輪になって団欒するという意味。主に中国のお正月である春節でのことで、その時に「湯園(タンユエン)」というスープに入った丸い団子を食べたりもする。やはり丸いものは縁起が良いそうだ。

 

日の丸に見えると言われしかたなく四角になった空洞

中国人の丸好きエピソードはまだまだある。上海の浦東にある高層ビル群、その中で二番目に高いのが「上海ワールドフィナンシャルセンター」だ。

image1.jpg
これ

ビルって基本的に四角いものだと思うのだが、上海浦東地区の高層ビル群を見渡すとやはり、球体をはじめ流線型が多く使われているように感じる。その中にあってこのビルは比較的角ばっている。通称「栓抜きビル」と言われているようにその先端には四角い空洞があるのだ。

image11.jpg
確かにテコがうまく効きそうだ

この空洞は平たくなっているビル上部への風による加重を下げるためのものだが、当初は丸くくりぬく予定だった。しかし、「日の丸を連想させる」との声があり、このように仕方なく四角いデザインになったという。丸くくり抜きたいが、日の丸になっちゃう。この葛藤を感じるエピソードからも、やはり中国人は丸が好きなことが窺えるだろう。なお空洞の上部は展望台になっている。

また、丸から曲線に広げれば、近代的な建物に見られるばかりではない。1842年の南京条約締結を機に、フランス、イギリスなどの租界が形成された上海市内。そこは、今でも当時の名残である欧風の古い建造物が多い。

image7.jpg
なんてことのない古い団地の塀でも、よく見ると凝ったデザインが施されている。

曲線を多用したアール・ヌーボー様式か、直線を使いつつもわりとごてごてと複雑なデザインのアール・デコ様式か、そのどちらでもないのかわからないが、古いアパートの門はこのようにアーチになっていることが多い。

これはこれで素敵だと思いつつ、ここで冒頭に書いたことを思い出してほしい。この記事は丸探しではなく四角探しだ。まずは、私の四角愛を語らせていただきたい。

 

ひっそりと「マイキューブ」を持っている

私は特に立方体が好きで、面と面の境である「辺」が鋭利であればあるほど萌える。かつて日本で放送していたお昼の番組「ごきげんよう」で使われていた、辺が丸っこいサイコロにはいらいらさせられたものだった。

image5.jpg
私の宝物・ステンレス製のマイキューブ

この5センチ四方の立方体は、ステンレス会社に勤めている知人に頼んで特注で作ってもらったものだ。手が切れたら危険だからと辺を面取りされてしまったのが残念だが、理想に近い立方体が手に入って満足している。

というように、私は自分で言うのもなんだが根っからの四角好き。丸いものを好む中国において、四角い物体、もっと言えば「四角を感じさせる建造物」に常にアンテナを張っている。さて、いよいよここからが本番だ! そんな私が見つけた中国上海の四角たちを紹介したい。

 

上海の四角い建築は日本人設計多し!

中国、とりわけ上海には日本人建築家の作品が多い。そして日本人は私のように四角好きが多いのか、彼らの作品には四角くスタイリッシュな建造物が多数見られる。

 

■建築系学部が有名な大学に集まるモダンな四角

まず向かった先は、中心部から北に地下鉄で20分北上した場所にある「同済大学」。総合大学でありながらも建築デザイン関係の学部がとくに強く、その分野においては上海でナンバーワン。中国全土でもトップクラスのレベルだという。大学の建物自体は古いが、周辺には大学関係施設や、デザイン関係の会社が多く入ったモダンなビルが建ち並んでいる。これが垂涎物の四角なのだ。

image27.jpg
安藤忠雄氏設計の「上海国際設計中心(上海国際デザインセンター)」

大学の研究室やオフィスが入っている。写真からは伝わらないかもしれないが、建物自体はかなりの大きさで迫力がある。

image12.jpg
硝子とコンクリートの使い方は、同じく安藤忠雄が設計した表参道ヒルズにも似ている。

街全体としては新しくはないのだが、この他にも界隈にはモダンな四角いビルが数多い。

image10.jpg
私としては大げさでなく!
image9.jpg
歩いているだけで鳥肌が立つ街だ…!

写真の右下に写っているが、塀の上に立方体のランプが置かれているさまは、まさに「四角」を意識したつくりといえよう。つくり手の四角に向かう意志が窺える。

image26.jpg
駅に戻るとビル前で踊る集団に遭遇。比較的年配の方々が行うこれは「広場ダンス」と呼ばれ、中国各地で見ることができる。彼らは四角いビルの前で円になって踊っていた。

 

■フランス租界だったレトロな街でも見つけた四角

お次は、上海中心部の、いわゆるフランス租界と呼ばれるエリア。そこにあるモダンな建築「Z58」は通常のオフィスビルで、駅からは20分以上歩かなければならない少し不便な場所にある。しかもこの日は寒かった。

image13.jpg

発見! このような光る素材✕四角の組み合わせは個人的に大好物なので、駅からの長い道のりも忘れ疲れも吹き飛んで、興奮のあまり一気にカッと体が熱くなる。

image18.jpg
見よ! 見上げるこの迫力! もう、興奮しかない。

なお設計者は、2020年東京オリンピックのメインスタジアム・新国立競技場を手がける隈研吾氏。細長い木や鉄の角柱を多用するスタイルは隈氏の作品に多く見られるので、その中においては典型的なデザインと言ってもいいかもしれない。

image23.jpg

Z58の近辺にも四角くモダンな建築が集まっているエリアがあり、こちらはレストランやカフェ、書店など楽しめる施設が充実していた。とにかくすべておしゃれ。左の写真も光る素材✕四角であり、かなり好みである。

レトロで味がある老房子(上海の古い家を指す呼び名)が多い界隈において、ふしぎなものでこの一角だけは四角い建築が多く見られた。四角は四角で集まる習性でもあるのだろうか? まるで野生に生きる動物のようだ。

image3.jpg
こんな私でも1日中四角探しをしていると、疲れが襲ってくる。昔ながらの老街(ラオジエ/古い街)でしばし四角探しを休憩。

 

■巨大なランプ? モダンログハウス調レストラン

日本人建築家つながりということで、こちらもご紹介。市内中心部の一等地である静安寺エリアに構える、坂茂氏設計の高級レストラン「CALYPSO」

image25.jpg

三角屋根ではあるものの、デザインの基本は四角ガラス張り。そのため夜は内部の光が漏れることにより、建物全体が巨大なランプのようにも見えるおしゃれ設計。

 

■名前が最高なホテル、その名も「ザ・キューブ」。

最後はこちら。上海の浦東空港に程近い場所にある高級ホテル、その名も「ザ・キューブ」

image2.jpg

外観はご覧の通りで、ホテルのWEBサイトを見る限り内装も適度に四角形が使われていた。このホテルの設計者は調べられなかったが、その名に恥じない四角っぷりだ。いつか泊まって内装も満喫してみたいと思う。

このように、郊外エリアにもどんどん「四角の波」が寄せてきている(ような気がする)。付いてきてますか? どうですか?? さて、最後は四角好きたちの天国へ。

 

上海嘉定ニュータウンは四角好きにとっての天国

実は私の自宅から地下鉄で2駅と、家から目と鼻の先という比較的近い場所に四角いニュータウンがある。それが「上海嘉定ニュータウン」。四角が好きすぎて、四角の方が私を呼んだと言ってもいいくらい、四角い建築物にあふれている街だ。この街のシンボルは、こちら。

image4.jpg
なぜずらす

これもまた安藤忠雄設計、高級ホテル「ハイアットリージェンシー嘉定」。ザ・四角! なぜそこをずらす! と言いたくなるデザイン。しかし、角が増えることで私のような四角好きたちの興奮をさらに増すことに成功していると言えよう。完全に私は安藤忠雄の掌の上にいる。

この上層部(ホテル)と下層部(オフィス)の「ズレ」は、素人の私でも設計は相当大変に違いないと想像する。ちなみに客室内を調べてみるとそこはごく普通のモダンデザインでありました。で、はい、そのまたハイアットリージェンシーのお隣にある建物がこちら。

image21.jpg
昼間から、
image22.jpg
夜まで眺めても飽きない…。

こちらもまたまた安藤忠雄設計の「上海保利大劇院」。さっきから上海は安藤忠雄が好きすぎるのではないか。そういえば、昨年上海にある安藤忠雄設計の書店にて彼の展覧会も行われていた。

ここは世界の有名なバレエ団や交響楽団の公演も行われる本格的な巨大劇場である。美しすぎて、写真のように明るいうちから日が暮れるまで、ずっと外観の見学をしていても全く飽きることがなかった。他にも、このニュータウン内にはたくさんの四角い建物が存在する。

image24.jpg

こちらはなんと幼稚園。「かわいい」「まるい」という元来のイメージを覆すに違いない設計だが、外観くらいはこれくらいかっこいい幼稚園があってもいいだろう。四角好きびいきだと言われれば否定はしないが。

段々と趣味の世界に深く浸りつつありますが、まだまだあるので最後にまとめてぜひ紹介させてください。

image20.jpg
左上から時計回りに、マンション、マンション、図書館、建築途中のマンション、オフィスビル、オフィスビル。

まだまだ設計中のものも多数あるので、これからこの街はどこまで四角くなっていくのか楽しみな次第だ。

実はこの嘉定ニュータウンは日本人建築家の黒川紀章や、日本の大手デベロッパーが都市計画に関わっているそうで、「やはり日本人は基本的に四角形が好きな人が多いのではないか!」という思いがより強くなった。

image17.jpg
四角だけのお堅い街ではなく、こんなザリガニオブジェが突然現れるお茶目な一面も。

 


古きよき時代、新しき時代、どんな建物もみんないい。

丸いものが好きな人が多い中国に抗うように、上海では郊外エリアを中心に、日本人をはじめとした有名建築家による四角いビルもどんどん生まれていっている。

租界エリアのレトロな建築と、シンプルモダンな四角い建築。さらには、日本でも幻の新国立競技場で話題にになったザハ・ハディド作のような、モダンで丸い建築だってどんどん増えてきている。まさになんでもありだ。

そんな中国、上海は日々古い建物が壊され、新しいビルが建築されてと、目まぐるしく変化しており、見ている方としても飽きない。もちろん重要文化財など国で指定された建物はしっかりと残されている。上海全体で見るとまだ少ないが、いずれモダンな四角い建築が逆転するのかしないのか。それは神のみぞ知るのかもしれない。

image19_400.jpg
シムシティのように典型的な四角い建築物が続々と建っていく様から目が離せない。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓