特集 2021年9月19日

風雲たけし城に出た気になりたい

今まさに、この城を巡って、壮絶なる戦いの火蓋が切って落とされようとしていた

〝東京都港区赤坂5丁目TBSテレビ「たけちゃんと遊ぼう!」係〟
かつてそんな募集告知をするテレビ番組が存在した。いまや伝説となっている「風雲たけし城」である。

ああ、たけし城にでて、たけちゃんと遊びたい!

と願ったところで30年以上前に番組は終了しているためにそれも叶わぬ。

その代わりと言ってはなんだが「たけし城」に出た気になれる方法を思いついたので説明したい。
 

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。

前の記事:もう、ものまねに真似は必要ない

> 個人サイト 日本海ぱんく通信

たけし城とは、SASUKEのルーツ的番組

「風雲たけし城」とは、1986年から3年間に渡って放送された視聴者参加型の体力勝負のアトラクションバラエティー番組。

2.jpg
たけし城の概要

守備である番組側が用意した数々の難関アトラクションに、攻撃軍として毎週100名程度の一般応募者たちがチャレンジ。
すべてのアトラクションをクリアした者だけが、最後のカート戦に参加。

城主のビートたけし氏の乗るカートの的を見事破ることができれば賞金100万円を手にすることができるというもの。

ちなみに先日、ビートたけし氏が生放送終了後、つるはしを持った暴漢から自身の乗る自動車のフロントガラスを割られるという事件があったが、その際たけし氏はこのカート戦のことを思い出していたという。うそだが。

攻撃軍の格好でテロップをつければたけし城!

たけし城の攻撃軍は各々用意してきた動きやすい服装で、赤いヘルメットをかぶっていた。

3.jpg
攻撃軍っぽい赤ヘル
4.jpg
動きやすい服装で軍手をしている者も多かった

同じように私もたけし城の攻撃軍にありがちな服装をして、外へやってきた。

この格好でそれっぽいところで撮った画像に、パソコンで画像処理をほどこせば、たけし城に参加している風の写真が撮れ、出演した気分を味わうことができるかもしれない。

5.jpg
まずは城のような建物の前に立ち
6.jpg
番組タイトルを入れると

ほーら、もうほとんどたけし城である。だんだん気分も盛り上がってきたぞーーー!

と思った瞬間、私には番組恒例、攻撃軍の谷隊長による
「行けーーーーーーーー!」
の号令が聞こえてきたのである。

7.gif
谷隊長の「行けーーー!」と、攻撃軍(一人)

「谷隊長を先頭に新たなる攻撃軍が怒涛のように攻め込んで来た。今回新たに参加してくれた精鋭は総勢1名。今日こそ、たけし城を攻め落とせー!」

(というようなナレーションが毎週オープニングで流れていました)

まずは難関「ジブラルタル海峡」

バレーボールを抱えたまま、高所に設置された細い手すりの無い吊り橋を、守備軍からの高速バレーボール攻撃を避けながら渡り切れればクリアできるというアトラクション。

ちなみに我々世代は「ジブラルタ生命」を目にするたびに、お笑いコンビ〝ポップコーン〟の発するイントネーションで「ジブラルタル海峡ぉぉぉ~~~っ!」と言ってしまうという悲しい性質を植えつけられた世代だ。

ということで、まずはジブラルタル海峡から攻め落としていこう。

8.jpg
攻撃軍はチャレンジ前にポーズを決め、そのたび谷隊長が「行け!」と合図を出していた。
9.jpg
橋のうえにボールを持って立ち…
10.jpg
テロップを入れると…

「ジブラルタル海峡ぉぉぉ~~~っ!」
我慢ができなくなった同世代のあなたも、一緒に口に出して言いましょう。
せーの
「ジブラルタル海峡ぉぉぉ~~~っ!」

番組ではアトラクション終了ごとにクリアした人数が表示された

アミ~~~~ゴ~~~!

いったん広告です

つづいて難関「竜神池」

つづいてはたけし城の代名詞ともいえるアトラクション「竜神池」。

池の真ん中に設置された飛び石を使い、池を渡り切ることができればクリア。飛び石の中にはグニャグニャと曲がるダミーのものがあるので注意が必要である。

それではさっそく行ってみよう!

12.jpg
「行け!」
池でも
海でも

 

公園でも

飛び石っぽいところであれば、だいたいどこでも竜神池になることがわかった。 

オリジナルの難関を考えよう

たけし城には無いアトラクションでも、この格好でテロップをつければ、オリジナルのたけし城アトラクションがつくれるかもしれない。

ということで勝手に作ってみる。

まずは、道路で
 

17.jpg
「行け!」
18.jpg
〝横断歩道〟

ただの横断歩道だが、たけし城のフォーマットに当てはめてみれば難関に挑戦している気分になる。

つづいて、ありきたりなマンションでも

20.jpg
「行け!」

21.jpg

22.jpg
〝君もジャッキー〟

この格好でいるだけで、超ド級の難関に挑戦している気になってくる。

最後に、大型ショッピングモールでも 

24.jpg
「行け!」
25.jpg
〝電車でポン!〟

ただ遊んでいるだけでもたけし城の難関に挑戦している気がしてくるのである。

この格好で乗るのはある意味本当の難関だったが。

いったん広告です

赤いヘルメットといえば野呂圭介

ここまで撮影したものを見返してみて、たけし城の攻撃軍にも見えるが他の何かにも似ている気がする。
なんだったっけなあ?
 

27.jpg
えーと、敬礼をして
28.jpg
愛想笑いをつくって
29.jpg
プラカードを持つと

そうだ!「元祖どっきりカメラ」の、どっきりである旨を知らせにくる人だ!

だがしかし、思いつきでそんなことを書いてしまっていいのか?

ここまでたけし城に出た気分になりたいという記事を書いてきて、いきなりどっきりカメラの野呂圭介に見えると言われても読者諸氏は混乱するに決まっている。

書いてる私が混乱しているのだから絶対である。

しかし、このプラカードを持ってたけし城のアトラクションにチャレンジすれば、たけし城と元祖どっきりカメラとで化学反応が起こり、面白い写真が撮れるかもしれない。

どうするべきか?

30.jpg
「行け!」
31.jpg
「行け!!」
32.jpg
「行け!!!!!!!!!!」

迷っていたところに「行け!」の掛け声が私には聞こえたため、自分の思いつきと谷隊長の激励を信じてここは突き進むことにする。

33.jpg
元祖どっきりジブラルタル海峡
元祖どっきり竜神池

結果、化学反応は起こりませんでした。


戦いは終わった…

ほんの少し工夫するだけで、子供のころから憧れていた風雲たけし城に出演したような気分を味わうことができた。

遠くにあると思っていたたけし城は、意外にも近くにあったのだ。

35.jpg
画像フォルダに、なにがなんだかわからない写真が増えました。

 

チャールズ・チャップリンは言った。
「人生に必要なのは、勇気と想像力、そして少しのお金だ」と。
私はこう言おう

「たけし城に必要なのは、外撮影とテロップ、そして少々の谷隊長だ」と。 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ