特集 2018年10月4日

国立感染症研究所でDNAを抽出したり蚊を作ったり

研究機関の一般公開イベントは、行くと確実に楽しい
研究機関の一般公開イベントは、行くと確実に楽しい
普通に生きていると、国立○○研究所、みたいなところには縁が無い人が多いだろう。

そこで何が研究されているのか知らないし、施設に入ったこともない。というか、そもそも基本的に入れないし。

ところが、こういうところは年に一~二回、一般公開日というのを設けている場合があるのだ。

つまり、関係ない我々が堂々と研究所に入っていって、中の人に「どういうことしてるんですか」と聞けるのである。

そんなの、楽しいに決まってるじゃないか。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:思い出の膳所(ZEZE)をZOZOスーツで歩く

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

国立感染症研究所って、どういうところなのか

ということで先日の9月29日、早稲田にある国立感染症研究所(NIID) 戸山庁舎の一般公開に参加してきた。

ここは厚生労働省の研究機関で、名前通り病気(感染症)の予防や治療に関する研究が行われているところである。

なんでいきなりそんなところに行ったのかというと、この感染研が僕の自転車通勤ルートの近くにあって、折良く一般公開をやるという情報をたまたま知ったのだ。
早稲田の駅から徒歩で10分ぐらいにある、国立感染症研究所 戸山庁舎。
早稲田の駅から徒歩で10分ぐらいにある、国立感染症研究所 戸山庁舎。
以前は、つくば学園都市にある研究機関がまとめて公開される「科学技術週間」にも行ったことがあるので、この一般公開という催しがすごく面白いというのは知っていたんだけど、それにしたって“感染症研究所”だろう。

正直、語感のおどろおどろしさは否めないし、中身を知らないが故に「なんか怖い研究をしてるんじゃないか」という疑念もある。
ご機嫌なテンションでお出迎えしてくれた肝ちゃん。
ご機嫌なテンションでお出迎えしてくれた肝ちゃん。
で、ちょっとドキドキしながら入ってみたら、入口すぐのロビーからこれである。

感染研では肝炎の研究ももちろんしているということで、日本で唯一の臓器ゆるキャラ「肝ちゃん」だそうだ。ゆるい。でもすっごい子どもに囲まれてた。

うっかり写真を取り損ねたのだが、この肝ちゃん、おしりの辺りにちゃんと緑色の胆嚢がぶら下がっていた。その辺はやはり研究機関ならではのリアルを追求したのだと思う。
子どもたちには、ディスポキャップをかぶったペッパーくんも人気。
子どもたちには、ディスポキャップをかぶったペッパーくんも人気。
肝ちゃんの隣にはきちんと感染予防のディスポキャップをかぶったペッパーくんがクイズを出したりしていて、こちらも子どもになかなかの人気だった。

ただ、そのクイズが「肝臓病の原因はお酒の飲み過ぎだけ? 1. お酒の飲み過ぎだけが原因 2. 他にも原因がある」みたいな、やや重たい内容だったのが気になるけれど。
研究者が防護スーツを着るタイプの設備。かっこいい。
研究者が防護スーツを着るタイプの設備。かっこいい。
もうひとつ、ロビーにあった研究施設のミニチュアが妙にかっこよかった。

これは、細菌やウイルスを扱う研究所の格付け…BSLで最高の4に該当する研究(エボラウイルスとか、天然痘。生死に関わって、しかも感染力が強いもの)ができる施設の中でも新しいタイプのものだそうで、実はまだ日本には存在しないとのこと。

同じBSL4研究所でも、もうちょっと古いタイプ(それでも日本に2カ所しかない)のは国立感染症研究所の村山庁舎(武蔵村山)にあるそうで、ちなみに戸山庁舎はひとつ下のBSL3(生死に関わるが、有効な治療法や予防法がある。狂犬病など)とのことだ。
黄色いクルクルは防護スーツ内の気圧を保つエアーホース。このスーツ着てみたい。
黄色いクルクルは防護スーツ内の気圧を保つエアーホース。このスーツ着てみたい。
BSL3でも生死に関わる病原体の研究をしてるんだから当たり前だけど、今日はそういう設備を見せてもらえるわけではない。

その代わりと言っちゃなんだが、一般公開の良いところは、何か展示物を「へー」って言いながら見ていると、どこからともなく研究者の人がやってきて「これはね…」と的確な説明をしてくれるのだ。

こっちがノーハンドでぼんやり参加しても、帰る頃には新しい知識で脳がパンパンになっている、という仕組みである。

もちろん、さっきからのBSLだの設備の話だのも、僕がぼんやり設備ミニチュアを見ていたら、スッと研究者が現れて、レクチャーしてくれたものだ。
ちゃんと着させてもらいました。顔だけ合成したっぽくて、わかりやすい面白写真だ。
ちゃんと着させてもらいました。顔だけ合成したっぽくて、わかりやすい面白写真だ。
で、話をフンフンと興味深げに聞いていると、「じゃあ簡易版で良かったら防護スーツ体験してみる?」みたいなことも言ってくれたりする。

なので、一般公開を楽しむコツは、展示物の前にいる関係者っぽい人になんでも聞いてみることである。

人生初 大腸菌を調べたり、ブロッコリーのDNAを抽出したり

他にも、会場では体験イベントやツアーがあちこちで行われていて、当日に申込をするといろんなことをやらせてくれる。
こういうツアーは人気なので、午前中早めに行って申し込まないとだいたいすぐに埋まってしまう。要注意。
こういうツアーは人気なので、午前中早めに行って申し込まないとだいたいすぐに埋まってしまう。要注意。
上の写真は、菌やウイルスを安全に取り扱う方法を教えてもらいつつ体験する『バイオセーフティーラボ体験』というツアー。

密閉されたガラスケースやビニールテントみたいなのに手だけ入れて菌を検査するやつで、今回はサンプルの大腸菌がどの種類なのかを同定する実験をさせてもらった。大腸菌を調べたの、人生初体験である。

あとは、「ブロッコリーからDNAを抽出してみよう」というツアーにも参加した。
すり潰したブロッコリーから、DNAを取り出すセット。
すり潰したブロッコリーから、DNAを取り出すセット。
45年間生きてきたけど、もちろんDNAを抽出するのだって初体験だ。

というかDNAってそんな簡単に素人が取り出せちゃっていいものなのか。

話を聞くと、どうやらブロッコリーはDNAを抽出しやすいので、こういう実験によく使われるそうだ。先端の花芽(あのもしゃもしゃしたところ)は容積辺りで細胞がいっぱいあるので、つまりDNAが手軽にいっぱい取れるらしい。
15分ほどのツアーで、誰でも簡単にDNAが抽出できます。
15分ほどのツアーで、誰でも簡単にDNAが抽出できます。
手順としては、新鮮なブロッコリーの花芽をしっかりすり潰したら、そこに食器用洗剤と食塩、水を混ぜた抽出液を加える。

10分ほど放置すると洗剤に含まれる界面活性剤が細胞壁を破壊してくれるので、それを茶こしで濾して取れた液に、キンキンに冷やした消毒用エタノールをゆっくり注ぐと…
これがDNA!
これがDNA!
白濁してモロモロとしたヒモみたいなものが、沈殿したブロッコリー液から浮かび上がってくる。これが、DNAなのだそう。

もちろんお馴染みの二重螺旋構造とかは電子顕微鏡で見ないと分からないが、それでも、薬局やスーパーで買えるものだけを使って、なんか知らんけどDNAが抽出できる、というのはなかなかの興奮である。

アテンドしてくれた関係者の方から「初めてにしてはうまくDNAが出てますよ」と褒められたが、言うまでもなくDNAの出し方を褒められたのも人生初だ。

ちなみに爪楊枝を上手に使えば、浮かんできたDNAの端を引っかけてクルクルと巻き取ることもできるらしい。巻き取れるのか、DNA。

飛び出すサルモネラ菌も見られるぞ

さて、体験ツアーで人生初体験をいろいろ味わったあとは、展示物を見てみよう。

まずロビーから続く廊下には、ウイルスや細菌、寄生虫など感染症を引き起こす病原体の写真パネルが飾られている。

ノロやヘルペスなど聞き覚えのあるウイルスだって見放題だ。あー、SARSが騒がれてた時にこのウイルスの写真新聞に載ってたなぁ、とか。
一見よくわからないウイルスの写真でも、聞き覚えのある名前があると「ほほう」と思う。
一見よくわからないウイルスの写真でも、聞き覚えのある名前があると「ほほう」と思う。
これらの写真パネルの近くに赤青の3Dメガネが入った箱があったので何かと思ったら、サルモネラやレンサ球菌、血を吸ってパンパンに膨れたツツガムシなんかの3D写真も展示されていた。
飛び出すサルモネラとレンサ球菌(飛び出されては困る)
飛び出すサルモネラとレンサ球菌(飛び出されては困る)
今回の取材に同行してくれた編集部安藤さんも「おれ、サルモネラ菌を3Dで見たの初めてですよ!」とテンション高めに話してくれたが、そんなの、もちろん僕もである。

特にレンサ球菌は3Dだとやたらとツブツブ感があり、迫力がすごい。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓