特集 2018年8月22日

平日の昼間から飲める店を巡った

 平日の昼間から飲みたい!
平日の昼間から飲みたい!
横浜の野毛地区で平日の昼間から飲める、安くて美味しいお店ってあるのか、はまれぽ編集部で調べてみました。
はまれぽ.comは横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。はまれぽが体を張って徹底調査します。

前の記事:超激辛ラーメンを食べたら汗で紙エプロンが破れた


「ぴおシティ」

1968(昭和43)年5月11日、JR桜木町駅前に誕生した複合施設「桜木町ゴールデンセンター」。1982(昭和57)年4月の改装より「ぴおシティ」の愛称で親しまれ、2018(平成30)年で創業50周年を迎える。
ビル上層部はオフィス、下層部はショッピング街、地下は飲食街だ
ビル上層部はオフィス、下層部はショッピング街、地下は飲食街だ
過去に、日本酒が注がれる自動販売機寿司処「かぐら」の立ち飲み店などの取材でお世話になったが、>野毛ちかみちに接続する地下街は昼間からお酒を楽しめる居酒屋さんが軒を連ねており、知る人ぞ知る安くて美味い店がにぎわいをもたらしている。

そこで今回は、ぴおシティ地下街で昼間からお酒を飲める居酒屋さん3店舗をご紹介。平日でも土日でも、明るいうちから気持ち良く酔っ払いたい方は必見だ!

大衆酒場ホームベース2

まずご紹介するのは、2018(平成30)年2月末、ぴおシティ地下2階にオープンしたばかりの「大衆酒場ホームベース2」
JR桜木町駅南改札西口を出て地下通路へ
JR桜木町駅南改札西口を出て地下通路へ
野毛商店街方面へ進み「ぴおシティ」入り口からすぐのお店
野毛商店街方面へ進み「ぴおシティ」入り口からすぐのお店
取材日はゴールデンウィークの中日、午後2時ごろだったがすでに店はにぎわっていた。
開放的な立ち飲みスタイル
開放的な立ち飲みスタイル
10分あれば1杯……なんて素敵な響き!
10分あれば1杯……なんて素敵な響き!
こちらの人気商品は「塩もつ煮(390円/税込・以下同)」「どてスジ串(120円)」「かちかちレモンサワー(390円)」。
ドリンクもフードも立ち飲み価格
ドリンクもフードも立ち飲み価格
今回は名物3品を注文することに。
3品で900円とお財布に優しい! キニナルお味は……?
3品で900円とお財布に優しい! キニナルお味は……?
圧力鍋で調理した塩もつ煮は、野菜とモツを別々に炊いてあるそうでモツがとろっとろ。あっさりとした味わいに、添えられた柚子胡椒がアクセントになってお酒がすすむ。

どてスジ串は味がしっかりと染み込んでいてコリコリとした歯応えがたまらない。
これだけで1杯飲めてしまいそうだ
これだけで1杯飲めてしまいそうだ
名物のかちかちレモンサワーは、氷の代わりに凍らせたカットレモンが4~5個入っており、レモンを潰しながら飲むのだとか。「追いチュー(280円)」なるおかわりチューハイで3~4杯ほど楽しめる。本当にかっちかちなので、暑い日にはもってこいの1杯だ。
潰すとフローズンドリンクのようになる
潰すとフローズンドリンクのようになる
店内には20代後半~60代のお客さんが思い思いにお酒を楽しんでおり、2~3人のグループもいれば、1杯飲んで出て行くお一人様も。

お仕事がお休みという男性2名にお話をうかがうと、「いつもはこんな時間から飲めないからね(笑)。昼間から飲むお酒は格別だよ」と嬉しそうに話してくれた。
 
枝豆、ホッピー、焼きナスなどを注文していた
枝豆、ホッピー、焼きナスなどを注文していた
お店の方によると、「日によって人の入りはまちまちですが、午前中から飲めるお店は限られているので土日は結構昼間から人がいらっしゃいます」とのこと。オープンしてまだ2ヶ月だが、顔なじみのお客さんもいるらしい。
ぴおシティのニューカマーとして、今後、地下街を盛り上げてくれるに違いない。



レモン丸々1個分使った大人気のタワーレモンって!?
いったん広告です

立ち呑み処 ふくふく

続いてご紹介するのは、2017(平成29)年4月17日にオープンした「立ち呑み処 ふくふく」。
店内は10名ほどの人がぎゅうぎゅう詰めになって飲んでいた
店内は10名ほどの人がぎゅうぎゅう詰めになって飲んでいた
平日は午後12時30分~午後10時、土日祝日は午後12時30分~午後9時まで営業しており、開店してすぐにお客さんが来ることも珍しくない人気店だ。
女性店主が営む立ち飲み処
女性店主が営む立ち飲み処
そんなふくふくの名物といえば、「凍結丸ごとレモンサワー(500円)」。店主の谷口さんによると、このレモンサワー目当てに来店する人もいるらしく、来店するほとんどのお客さんが頼むのだとか。
その噂のレモンサワーがこちら!
レモンがタワーになっている!!!
レモンがタワーになっている!!!
こちらのレモンサワー、人気の秘訣は見た目だけじゃない。レモンの味をしっかりと感じられる上に、レモンシロップが入っているので少し甘みもあるのが特徴。2杯目からはシロップなしにすることも可能とのこと。
こんな風にレモンを崩しながら飲む
こんな風にレモンを崩しながら飲む
人気メニューのため、およそ1個分のレモンを1日100個分ほど仕込んで、丸2日間凍らせているという。チューハイは250円でおかわりできるので、平均で4杯前後おかわりする人が多いそうだ。

まるでレモンをそのまま飲んでいるかと思うほど酸味があるので、仕事終わりにクイっと1杯飲んだら疲れが吹っ飛びそう。
	満席の場合は、お隣の本店「一休」でも注文できる
満席の場合は、お隣の本店「一休」でも注文できる
ふくふくで凍結丸ごとレモンサワーを飲んでいたお二人に声をかけてみた。
	地元が横浜という男性と川崎からお越しの女性
地元が横浜という男性と川崎からお越しの女性
「レモンのタワーにはびっくりしました! お刺身も安くて美味しいし、初めて来たけどとても楽しい場所ですね」と笑顔の女性。男性は「ぴおシティは昼間でも大体やっている」と、野毛周辺によく飲みに来るそうだ。
今日の刺身が350円前後で食べられる
今日の刺身が350円前後で食べられる
さらに、裏メニューとしてこんなサワーも。
凍結丸ごとグレープフルーツサワー(500円)
凍結丸ごとグレープフルーツサワー(500円)
「レモンのほかに、裏メニューとしてグレープフルーツ、キウイ、ミカン、パインなどがあります。『今日は何がある?』と声をかけていただければ、その日に用意してあるフルーツでサワーをお作りします」と店主の谷口さん。

30分少々の取材だったが、その間も通り過ぎる人が足を止め、入れ替わり立ち代わりでにぎわっていた。写真映えもする極上レモンサワー、ぜひ一度試してみは?


オール300円!12年以上営業する食券制の大衆酒場とは?
いったん広告です

すずらん

最後に、2012(平成24)年にも一度取材させていただいた、食券制の大衆酒場「すずらん」で〆る。
ぴおシティで12年以上営業している
ぴおシティで12年以上営業している
料理も飲み物もすべて300円なので、値段を気にすることなく飲めるのが嬉しい。店内には椅子も用意されているので、「立ち飲みはハードルが高い」という方にもオススメだ。
食券を購入する前払い制
食券を購入する前払い制
3000円分購入すると1枚お得なので、グループならまとめて購入するのがベスト。
年齢層は割りと高めだが、女性同士の姿も
年齢層は割りと高めだが、女性同士の姿も
店長の山下さんや女将さんのさっちゃんなど、お店の方がとても親切なので入りづらい雰囲気はない。近くの養護学校の子どもたちが書いた絵などが飾られており、地域との関係性が深いように感じる。
料理も美味しいと評判
料理も美味しいと評判
新聞片手に緑茶ハイを飲んでいた男性は、「さっき上で馬券を買ってきたんだよ。馬券を買ったらいつもここにきて、飲みながら楽しんでいるよ」という。
タバコを吸いながら飲みたい人にもオススメ
タバコを吸いながら飲みたい人にもオススメ
ぴおシティ7階には川崎競馬場外発売所「ジョイホース横浜」が、8階には競輪の車券を購入できる会員制場外車券売場「サテライト横浜」があり、すずらんでは競馬や競輪を楽しむおじ様方が多いのだとか。
店内では競馬や競輪のテレビ放送をしており、野毛のウインズ横浜までお客さんが馬券を買いに行くこともあるそうだ。

ユニークな常連さんが多く、お店のいたるところに常連さん手作りの品が置いてある。
競馬と競輪の箸立て
競馬と競輪の箸立て
手書きのメニュー表
手書きのメニュー表
食券キープ用の小箱
食券キープ用の小箱
4月下旬に海外から日本に帰ってきたばかりのIさんは、「1年の3分の1は海外にいるんだけど、帰ってきたら成田からここへ直行する。全然知らない人同士でも乾杯すればもう友達みたいなもんで、皆さんほとんど顔なじみだし、いろんな人に出会える場所だよ」と笑顔で話す。
横浜高校出身のIさん、いつも注文するハイボールとコロッケ
横浜高校出身のIさん、いつも注文するハイボールとコロッケ
取材中、Iさんにレモンサワーを1杯、お隣に座っていた常連さんからチヂミをごちそうしていただいた。お客さん含め、すずらんの家庭的な雰囲気は、素直に「また来たい」と思える。
次回はここに食券をキープしたい
次回はここに食券をキープしたい

取材を終えて

飲みに行くとなると野毛商店街の方に意識が向いていたが、改めてぴおシティの良さに気付けた。
安くて美味しいだけじゃない、この場所に集まる人々との出会いも「ぴおシティ」地下街の魅力のひとつだろう。
初めましての方と気軽に乾杯できるかも
初めましての方と気軽に乾杯できるかも
50年の節目を迎えたぴおシティ、これからも人々の憩いの場であってほしい。

「ぴおシティ」
住所/横浜市中区桜木町1丁目1「ぴおシティ」地下2階

大衆酒場ホームベース2
営業時間/午前11時~午後10時
電話番号/045-224-4882
定休日/年中無休

立ち呑み処 ふくふく
営業時間/平日・午後12時30分~午後10時(フードは午後9時、ドリンクは午後9時半まで)、土日祝日・午後12時30分~午後9時(フードは午後8時、ドリンクは午後8時30分まで)
電話番号/なし
定休日/不定休

すずらん
営業時間/平日・午後2時~午後10時 、土日祝/午後12時~午後10時
電話番号/045-201-4880
定休日/不定休
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ