特集 2017年4月25日

50年後にささげるコンビニのフライドチキン食べ比べ

50年後の人たちにお送りするコンビニのフライドチキンまとめ記事です。
50年後の人たちにお送りするコンビニのフライドチキンまとめ記事です。
24時間365日我々の生活を助けてくれるコンビニエンスストア。かつては色々なコンビニがあったが、合併したり、閉店してしまったりと次々に失われつつある。
am/pm(エーエムピーエム)がなくなり、サークルKとサンクスが合併したと思ったら、2017年現在ではファミリーマートがサークルKサンクスと合併したりと多くのコンビニが失くなっている。
もしかしたら、50年後にはコンビニは1種類になっているかもしれない。

未来に向けて、かつてあったコンビニについて書いておこう。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。

前の記事:コンビニのシュークリームのクリーム吸い比べ


未来にコンビニはありますか?

今、この記事を見ている50年後の方々へ。この記事を書いているのは2017年4月である。そちらの世界にはコンビニというものがあるだろうか。昔は24時間、365日開いている食べ物や飲み物、ちょっとした生活日用品が置いているお店があったのだ。

そして、どこのコンビニにもレジの横にホットスナックという、ちょっと小腹が空いたときに食べることができる温かい食べ物がある。
高校生が学校終わりにコンビニの店の前で食べている光景は未来にもあるのだろうか。
高校生が学校終わりにコンビニの店の前で食べている光景は未来にもあるのだろうか。
食欲を刺激する色々なものが置いてあるが、どこの店にも共通して置いてあるのが「フライドチキン」である。
それぞれのコンビニでそれぞれの味付けのフライドチキンがあったのだが、最近、ファミリーマートとサークルKサンクスが合併してしまった。サークルKサンクスのフライドチキンは2度と食べることができない。
ファミリーマートのフライドチキンになっていた。2度と食べることができない失われたフライドチキン。
ファミリーマートのフライドチキンになっていた。2度と食べることができない失われたフライドチキン。
2017年に感じるフライドチキン絶滅の危機にいてもたってもいられず、筆をとっているわけである。

現時点のコンビニ全てに行きたいのだが、行っているうちにもコンビニがなくなってしまうかもしれないので、行ける範囲のコンビニでフライドチキンを食べ比べてここに存在していた記録を残そうと思う。

天下をにぎる王者のフライドチキン

コンビニの売上ランキングで1位のセブンイレブン。商品のクオリティの高さからの支持だと思うが、そんなことよりもフライドチキンである。
揚げ鶏。フライドチキンを日本語に訳しただけではないのです、未来の人よ。
揚げ鶏。フライドチキンを日本語に訳しただけではないのです、未来の人よ。
入れてもらった袋。これでもかとロゴを入っている。見えますか、未来の人。
入れてもらった袋。これでもかとロゴを入っている。見えますか、未来の人。
おいしい! 未来にもあるなら食べてほしい。
おいしい! 未来にもあるなら食べてほしい。
食べると口の中にはしょうゆの風味を感じる。ぜひ、50年後にも残しておきたい古き良き和風の味であった。

黄金とLチキの最強ダッグ

売上第2位のローソン。そこで売られているフライドチキンは2種類ある。チームを組んで未来へ残ろうとする強い気持ちを感じる。
情報量が多い。
情報量が多い。
情報過多ではあるが、ここにフライドチキンが2個隠れている。このときウォーリーを探せのフライドチキン版だなと思ったが、そんなのないな。
ローソンの外にカフェテラスがあったのでここで食べよう。
ローソンの外にカフェテラスがあったのでここで食べよう。
カフェテラスの銀色が未来感ある。もしかしたら、「銀色が未来って、旧人類じゃないだから」とこの記事を見ている未来人に言われそうだが、旧人類なんですよ。こんにちは。
まるで北欧からやってきたTシャツみたいな包み紙。多分4Lとかないんだろうな。着れない。
まるで北欧からやってきたTシャツみたいな包み紙。多分4Lとかないんだろうな。着れない。
フライドチキンの2枚持ちにテンションがあがった。これでババ抜きしたい。
フライドチキンの2枚持ちにテンションがあがった。これでババ抜きしたい。
Lチキは少し、スパイスの香りがしっかりとする味が印象的だったのかメモには「カレー」と書いたあった。このメモを見たらローソンでカレーを食べたくて、カレーと書いた人だと思われそうだ。カレーはいつだって食べたい。

黄金チキンの方は鶏の味を引き立たせる為か、スパイスがLチキよりも控えめだ。さっぱりとした印象がある。
こちらもぜひ、未来に残っていてほしい。
こちらもぜひ、未来に残っていてほしい。

カリスマのフライドチキン「ファミチキ」

ファミチキ。コンビニのフライドチキンと言えばファミチキと言う人がいるくらい有名だろう。
未来の人、聞いてくださいよ。骨のぬきのうまさですって。
未来の人、聞いてくださいよ。骨のぬきのうまさですって。
近年、その店舗を増やしているファミリーマート。サークルKサンクスをその手に収め、まだまだ勢いが止まらないその姿は戦国時代の織田信長を連想させる。
英字新聞に包まれているようなおしゃれさ。エプロンにしたい。
英字新聞に包まれているようなおしゃれさ。エプロンにしたい。
いい茶色をしている。
いい茶色をしている。
味は衣が他のフライドチキンよりもしっとりしている。スパイスの香ばしさがおいしい。これで200円で食べられるなんて日本はとても良い国だ。
上を見たら、
上を見たら、
顔が見ていた。
顔が見ていた。
なんだか、未来を生きるために健康に気をつけていこうと思った。
なんだか、未来を生きるために健康に気をつけていこうと思った。

ジューシーフライドチキンが僕にジューシーを教えてくれた

そのフライドチキンは橋の向こうにあるという。
そのフライドチキンは橋の向こうにあるという。
例え大きな事件が起こり、世界が変わってしまったとしてもちょっと休めるスペースは未来えいごうあり続けるであろう、ミニストップ。そこにはどんなフライドチキンがあるのだろうか。
ジューシーフライドチキン。名前にジューシーが入ってくる。
ジューシーフライドチキン。名前にジューシーが入ってくる。
食べる前からジューシーである。どれほどのジューシーさなのか、これは食べるしかないだろう。タイムワープするほどのジューシーさなのだろうか。
袋もかわいい。トートバッグにしたい。
袋もかわいい。トートバッグにしたい。
アルプス山脈のようなワイルドさもあわせもつその姿。
アルプス山脈のようなワイルドさもあわせもつその姿。
ジューシーだ!
ジューシーだ!
その名に恥じないジューシーさだった。口の中に肉汁がこれでもかとあふれ出る。そうか、ジューシーとはこういうことかと理解ができるほどである。この肉汁さを持って、未来に立ち向かってほしい。悪のフライドチキンをその肉汁でけちらせ!(多分、今、キン肉マンを見ているからこんな感じになったのだと思います。)
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓