特集 2016年11月23日

ドーナツを美味しく食べられるのは7個目まで

この中から好きなだけ食べられるって、夢の世界だと思う。
この中から好きなだけ食べられるって、夢の世界だと思う。
秋といえば、何を思い浮かべるだろうか。
やっぱり食欲の秋だろう。
秋は美味しい食べ物がたくさんある上、過ごしやすい気候で食欲も衰えることを知らない。

そんなわけで、ドーナツをたくさん食べてきた。
1980年北海道生まれ。
気が付くと甘いものばかり食べている偏った食生活を送っています。


前の記事:かんたん!ハーレクイン入門


ミスタードーナツ『ドーナツビュッフェ』をご存知か。

ドリンク付き1200円(税抜価格)の『ドーナツビュッフェ』。
ドリンク付き1200円(税抜価格)の『ドーナツビュッフェ』。
『ドーナツビュッフェ』。
『あれもこれも食べ放題!』
なんと魅惑的な響きだろう。
数多くの種類を食べようか、それとも好きなものだけを食べようか。
最初は軽めにして後半に重めのものを持ってきて…など、言葉だけで頭の中でいろんなシミュレーションを行ってしまうほどの力を持つ言葉だ。
ドリンクもいろいろ選べちゃうよ!
ドリンクもいろいろ選べちゃうよ!
たまに「コスパが悪い」とか言う人もいるようだが、コーヒーが250円でフレンチクルーラーが130円なので、コーヒーを2杯飲んでフレンチクルーラーを6個食べれば十分なのだ。超余裕だ。
ていうかコスパって何だよ!
好きなものを好きなだけ食べられるのがいいんだろう!
一個当たりいくら…みたいなことばっかり考えるんだったら、ヤングドーナツでも食ってろ!

すみません。取り乱しました。
何が言いたいかというと、1200円が高いとか損とかそんなことは決してないということだ。
ちなみに、ヤングドーナツに恨みはない。むしろ大好きだ。
安くドーナツを楽しみたい方は4個入りで50円程度のヤングドーナツを!
安くドーナツを楽しみたい方は4個入りで50円程度のヤングドーナツを!

いざ、ドーナツビュッフェ。

コスパが悪いとか言う人もいる、と書いたが、本当にコスパが悪いのか。
実際に食べて試してみることにした。
ミスタードーナツのドーナツビュッフェはすべての店舗で行っているわけではないので、公式サイトで開催店舗リストをチェックしてほしい。以前ドーナツビュッフェを行っていた店舗が開催を終える場合もあるので、そのあたりも注意が必要だ。
私の行きつけのミスドでは行っていなかったので、リストの中から選んで山梨県笛吹市にある石和店に初訪問した。
私が食べ放題させてもらったミスタードーナツ石和店。
私が食べ放題させてもらったミスタードーナツ石和店。
店舗によって、平日のみの開催やセール中の開催休止など開催日に制限がある場合がある。
また、開始時間も客側が自由に決めて予約できるところもあれば、1日数回開催時間帯の設定がありその中から選ぶスタイルの店舗もある。
自分が選んだ店舗がどのような体制を採っているかは運次第だ。
石和店はセール期間中も開催しており、夕方6時までなら開始時間を自由に選べるという理想的な体制だった。
たまたま選んだ店舗がここまで神対応なのは、おそらく私のドーナツ運の良さによるものだと思う。

時間制限が1時間、一度に皿に載せていいのは3個まで、ラストオーダーが終了時間の5分前、というのは全店舗共通のようだ。
先にお会計して、終了時間の記載されたビュッフェ用カードを受け取る。
先にお会計して、終了時間の記載されたビュッフェ用カードを受け取る。
神対応の店員さんが厚意で5分サービスしてくれていた。
神対応の店員さんが厚意で5分サービスしてくれていた。
「ショーケースに並んでいる中から自由にお取りください。取ったものはレジを通すので、カウンターまでお持ちください」
という説明を受け、ショーケースへと急ぐ。
この中のドーナツ、全部が食べ放題!
この中のドーナツ、全部が食べ放題!
私はこれを求めていた。
1個当たりいくらとか合計いくらとか、そんな計算はどうでもいい。
「ここに並んでいるドーナツ、好きなだけ食べていいよ!」
という自由さを私は欲していたのだ。

私がジョン・レノンだったら、
「想像してごらん、ショーケースの中からドーナツを好きなだけ食べていい世界を」
と歌っているところだ。特にうまいこと言っていないし何の思想も込められていない。
この自由さを手に入れただけでドーナツビュッフェに大満足だが、とりあえず1皿目を選ぼう。
いったん広告です

ドリンク付きで11個食べられるので大変お得。

1皿目、フレンチクルーラー尽くしとアイスコーヒー
1皿目、フレンチクルーラー尽くしとアイスコーヒー
食べ放題でいかに食べるか、それには戦略が必要だ。
コース料理がサラダとかスープとか軽めのものから始まるように、食べ放題も最初はお腹を慣らしながら徐々にペースを上げていくべきだと思う。
まるで霞でも食べているかのような軽い食感のフレンチクルーラー、軽さを残しつつチョコレートとゴールデントッピングで食感にアクセントが加わったゴールデンフレンチ、クリームが軽さとボリュームに絶妙なバランスを与えているエンゼルフレンチ。
ドーナツビュッフェのオードブルにふさわしいラインナップのはずだ。
穴の向こうにうっすら見える「108円」の文字。セール期間中でした。
穴の向こうにうっすら見える「108円」の文字。セール期間中でした。
もちろん、1皿目はあっという間に完食した。
2皿目、イースト系粉糖攻め。
2皿目、イースト系粉糖攻め。
ふわふわのパンのような生地が魅力のイースト系ドーナツから、シュガーレイズド、カスタードクリーム、エンゼルクリームの3つを選んだ。
1皿目で軽くお腹をあたためたところに、口当たりは軽いがそこそこボリュームあるものを投入する作戦だ。
穴も好きですが、とろりとしたクリームも芸術的だと思う。
穴も好きですが、とろりとしたクリームも芸術的だと思う。
イースト系ドーナツで意見が分かれるのはハニーディップ派かシュガーレイズド派か、エンゼルクリーム派かカスタードクリーム派か、といったあたりだと思うが、私はシュガーレイズド・カスタードクリーム派閥だ。
話が長くなるので詳細は割愛するが、どこにでもありそうなメニューでありながら本職ドーナツ屋のノウハウを感じさせる素晴らしい商品である。
2皿目も余裕の完食だった。
3皿目、ちょっと冒険のイースト系尽くし。
3皿目、ちょっと冒険のイースト系尽くし。
3皿目は、ストロベリーリング、チョコリング、きなこリング。
これは私にとっては冒険的メニューである。
まず、日頃フレンチクルーラーやしっとりした生地のケーキドーナツを食べることが多く、そんなにイースト系を食べない。そして、きなこリングは食べるの自体が初めてだ。
とはいえ、ストロベリーリングまでは何の問題ない。大変おいしゅうございました。

ちょっとした違和感を覚え始めたのはチョコリングからだ。
穴にチョコが入り込んだチョコリング。かわいい。
穴にチョコが入り込んだチョコリング。かわいい。
何となくお腹が重くなってきて、これまでほどの速度で食べ進めるのが難しくなってきたのだ。美味しく食べたけれども。
そして、この後9個めのきなこリング。明らかな異変が起こるのを感じた。
目がうつろになってるよ、と言われる。
目がうつろになってるよ、と言われる。
今まで、ドーナツを食べるなど呼吸をするが如く行ってきた。
だが、大量のきなこが口の中の水分を奪う上、ふわふわ軽いくせにそこそこのボリュームのあるきなこリングは一口食べるごとに私の気力を奪っていき、ひとつ食べるのに5分以上を費やしてしまった。
それでも、3皿目もどうにか完食した。
4皿め、気分を変えてしょっぱいもの投入。
4皿め、気分を変えてしょっぱいもの投入。
度重なるイースト系で胃が重くなったので初心に帰ってフレンチクルーラーと気分を変えるべくしょっぱいもの・フランクパイ、それとアイスティーをチョイス。
結論からいうと、これが失敗だった。
フランクパイがきつい。
フランクパイがきつい。
空腹で食べれば美味しいフランクパイだが、一口噛むたびに口の中に広がるパイとフランクフルトの油がきつかった。

ていうか、私は前から思っていたのだ、ミスドにパイは不要だと。
ドーナツじゃねえじゃん。
しょっぱいものが食べたい人は飲茶選べばいいんだし、もうフランクパイ廃止でいいよ!
飲茶もドーナツではないがそれはさておき、この時は本気でそう思った。

フレンチクルーラーすら重かった。
フレンチクルーラーすら重かった。
どうにかフランクパイを食べ終えた満腹の状態では、大好きなフレンチクルーラーすら重い。こんなに沈んだ表情でフレンチクルーラーを食べるのは人生で初めての経験だ。
どうにか完食。
どうにか完食。
苦しみながらやっと完食した頃、ちょうど制限時間がやってきた。
制限時間フルで使った。
制限時間フルで使った。
最初に5分おまけしてくれなかったら、フランクパイは食べきれなかったかもしれない。ありがとう店員さん。

ということで、ドーナツ10個、パイ1個とドリンク2杯でビュッフェ料金1200円を超えることができた。
ただ、8個めから違和感を覚えたことを鑑みて、美味しい思い出のままお店を出たい人は7個前後で抑えるのがベストである。
油分が多くボリュームのあるパイは価格の高さに惑わされずきっぱり避けると、気持ちよく食べ放題タイムを過ごせると思う。
いったん広告です

成人女性の場合、7個前後が最適量

どのように選ぶかによって性格が表れる気がする。
どのように選ぶかによって性格が表れる気がする。
美味しい思い出を残したい人は7個まで。
これは私のみではなく、一緒に行った友人も8個あたりから苦しかったと言っていたので、一般的成人女性はそのあたりが限界なのではないかと思う。

ちなみに、友人のチョイスは以下のものである。
友人の一皿め。
友人の一皿め。
一番好きだというココナツチョコレート、コーティングもトッピングもない潔さが気になったポン・デ・リングプレーン、期間限定のスヌーピードーナツ。
本当にその時食べたいものを選ぶ純粋さに、戦略とかぐだぐだ考えていたわりにあまり食べられなかった自分が恥ずかしくなった。
これまた食べたいものだけ集めた2皿目。
これまた食べたいものだけ集めた2皿目。
期間限定のポン・デ・パンプキン、スパイダーチョコリング、ドーナツポップ(16個入り)。
確かに「ショーケースの商品はどれを選んでもいい」とは言われたが、ドーナツポップも食べ放題の対象であることに驚いた。

ていうかドーナツポップは小さいサイズでたくさんの種類が楽しめるのが売りなのに、いくらでも種類を試せる今なぜこれを選ぶのか。友人の正気を疑った瞬間である。
ちゃんと16個入っているか数える気合の入れよう。
ちゃんと16個入っているか数える気合の入れよう。
「こんな小さいサイズでもクリームがちゃんと入っていて、普通のサイズよりも割合的に多い!」と喜んでいた。
食べ放題でも純粋にドーナツを食べることを楽しんでいる姿勢に、正直負けたと思った。
まだまだ攻める3皿目。
まだまだ攻める3皿目。
エンゼルフレンチ、アーモンドホワイトチョコレート、ポン・デ・リングプレーンの3つだが、この3皿目から限界を感じ始めたらしい。
8個めのアーモンドホワイトチョコレートあたりから苦しくなってきたというのだ。
そう、先ほどドーナツポップを16個食べたけど、友人の中では1個扱いなんですよ。
4皿め、締めのパイ。
4皿め、締めのパイ。
限界を感じたと言いつつ、フランクパイ、エビグラタンパイ、ハニーチュロの3つを追加し、4皿を完食しての終了。
「全部ちゃんと美味しかったけど8個からはきつかったから、7個の間に本当に食べたいものを選んでおく方がいいかもしれない」
と言っていた。
日頃の食生活がまったく違う人間ふたりが同じようなことを考えたので、これは一般的に当てはまると言っても過言ではないはずだ。

計ドーナツ10個、パイ2個、ドリンク3杯。やっぱり1200円は全然高くない。

食べた量の栄養比較と最高記録保持者

今回食べた量のカロリーを表にまとめてみた。ついでに、価格についてもまとめたのでご覧いただきたい。
私も頑張ったつもりだが、友人がすごい。
私も頑張ったつもりだが、友人がすごい。
カロリーだけ見てもピンと来ない方は、栄養摂取基準から30代女性の必要量・目標量を算出したものと並べてみたので以下をご覧ください。
赤くなっているのは目標量を超えているものだ。
わりと真っ赤。
わりと真っ赤。
一日の摂取カロリーをおやつだけで超してしまったが、夜ご飯に野菜を食べたから多分大丈夫。
この結果をみたら我々はそこそこイケてるんじゃないかという気になるのだが、店員さんにお話をうかがったところ
「当店での今までの最高記録は、36個を召し上がった女性のお客様ですね。男性の方の最高記録は18個です」
とのことで全然及ばない。
その女性客がたまたまフードファイター級の実力者だったのかもしれないが、これが標準で私が小食なのだとすると、ふつうは7~8個まで美味しく食べられるという持論が覆されてしまう可能性が出てくる。
皆様の体験談もお聞かせいただけると幸いです。

損はしません

ドリンクもおかわり自由だし、値段的に損をすることはないと思う。

ただ、勘のよい皆さんは気付いたかもしれないが、実はここで書いているドーナツの価格は改定前の価格である。11月9日から定番35種が値下げされ、うち12種類は100円になっているので、私が行った時よりも食べ放題のお得感は薄れているかもしれない。
しかし、一面のショーケースからどれでも食べていいという状況の興奮は筆舌に尽くしがたいものがあるので、時間と胃袋に余裕がある人は是非体験してほしい。

今回お邪魔した石和店は石和を『いさわ』と読むことを初めて知ったくらい何も知らずに行ったが、店内ののどかな雰囲気と店員さんの接客レベルの高さが素晴らしかった。
残念ながら今はドーナツビュッフェを行っていないようだが、何かの機会にまた行きたい。
富士五湖を巡り、食べたのはドーナツのみでした。
富士五湖を巡り、食べたのはドーナツのみでした。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓