特集 2016年9月1日

雑談が苦手なら「リアルサイコロトーク」だ

「4の話! 略して!」 \よんばな~~~~/
「4の話! 略して!」 \よんばな~~~~/
なにが出るかな。なにが出るかな。トーク番組『ごきげんよう』でサイコロトークというものをやっていた。トークテーマが印刷してある特殊なサイコロを用い、出た面のテーマについて話す。

あれ、ふつうのサイコロでやってみてもいいんじゃないか。
本業は指圧師です。自分で企画した「ふしぎ指圧」で施術しています。webで記事を書くことをどうしてもやめられない。(動画インタビュー)


前の記事:誰でも今すぐ魚の三枚おろしを練習したくなる方法

> 個人サイト ふしぎ指圧

ふつうのサイコロを使う

『ごきげんよう』ではこういうものを使っていたが、
!
ぼくが使うのはこれ。サイコロが違うだけでやっていることはテレビ番組と全く同じ。もちろん数字しか出ないので、数字にまつわる話をしてもらう。これをリアルサイコロトークと名付けよう。
実はトークテーマが印刷してあるサイコロは、ネット通販で買える(パーティーサイコロという名前で売られていた)。

しかし、あんなバラエティバラエティしたものを出されて「話せ」なんて言われたらドン引きである。ここはふつうのサイコロがいい。ふつうのサイコロを用いることにより、なにをやらされているのか、さっぱりわけがわからなくなり、その勢いで話を弾ませることができるはずである。
!

リアルサイコロトークはメチャクチャむずかしい

なにが出るかな、なにが出るかな
なにが出るかな、なにが出るかな
まずは発案者のぼくからサイコロを振らせてもらう。
4!
4!
4が出た。頭の中で小堺一機が「4の話! 略して!」と発声、すかさずスタジオ観覧者が「よんばな~~~」と後を追う。(どうでもいいですが、『ごきげんよう』も『笑っていいとも』も終わってずいぶん経ちますね)
じっとサイコロの目を見つめる
じっとサイコロの目を見つめる
4、4、4……4の話何かあったっけ? きっかり3分くらいは沈黙しただろうか。ようやく思いついた話が以下のもの。
【4人がちょうどいい】

ぼくの仕事はマッサージ師なのですが、弱点がありまして……。もうマッサージ師になってもう4年も経つのに「たくさんの人を施術するのが苦手」なんです。具体的に言うと60分のマッサージだったら気持ちよくできるのが1日に人。

それを超えると、ちょっとがんばっている感じになって、記憶が曖昧になります。仕事を終えて家に帰るときに「今日どんなお客さんが来たんだっけ?」って一瞬わからなくなります。
!
……実際には自分の治療院で4人を超えて施術することもあるので、これあまりしゃべっちゃいけないやつかもしれない。自分で考えた企画にハメられている。

(念のため言っておきますが、4人を超えるときはできるだけ間に休憩などれいれて、パフォーマンスを維持できるように努めております)

よく知っている人とリアルサイコロトークをする

担当編集の古賀さん
担当編集の古賀さん
さて、ここまでの話を聞いてもらっていたのは、デイリーポータルZ編集部の古賀さんだった。次は古賀さんの番である。よく知っている人の意外な一面が出てきたら……という気持ちで来てもらった。
!
前日に 企画を説明したら「話す内容はある程度考えておく必要がありますよね?」とメッセージが来た。しかし「一切何の準備もしなくていいです」と答えている。

このリアルサイコロトークのいいところは、話を「出た目」のせいにできるところだ。つまらない話をしてしまったら「サイコロの目が悪かった」ということになる。
!
それでは振ってもらいましょう
それでは振ってもらいましょう
この目が良いのか悪いのかは他人には全く不明
この目が良いのか悪いのかは他人には全く不明
出た目は……1。古賀さんもかなり悩んだ後で出てきた。
【不可解な通信簿の1】

通信簿あるじゃないですか。5段階評価の。それで私の友達が高校の時に数学で1を取ったんですよ。話を聞いてみると、テストがそこまで悪いわけではなかったらしくて、かなり不可解な話なんです。でも本人的には「……まあいっか」くらいの感じで、あまり追求せず、なんで1を取ったかがわからないままなんです。
!
解決のないミステリー。これもリアルサイコロトークでしか出てこないで話である。また実際に人の話を聞いてみると「話の中でいつ数字が出てくるんだろう」という緊張感があり、結構引き込まれる。
!
古賀さんからは「絶対話さないどうでもいい話を、きっちり聞いてもらえるのがすごく気持ちいい」との感想をもらった。

これは僕の私見だが、意外と心の吐き出し口になるというか、セラピー効果あるんじゃないか、リアルサイコロトーク。
!

指圧治療院の常連さんの話を聞いてみる

別件の取材を手伝ってもらったついでに聞いてみた
別件の取材を手伝ってもらったついでに聞いてみた
続いてリアルサイコロトークをお願いしたのは、デザイナーの米田梅子さん。ぼくがやっている指圧治療院の常連さんだ。せっかくなので常連さんの人となりは把握させていただく。
今回はサイコロを二つにしてみた
今回はサイコロを二つにしてみた
7の話~
7の話~
「話し下手なので全く自信が無いです……」と言いいながら、米田さんから出てきた話はこちら。
【7月に初めてのボーナスが出た】

今年の7月に人生で初めてボーナスもらいました。今まではボーナスが支給されない会社だったんですが、今年にグループ会社の中の別の会社に移って、そこはボーナスが出るんです。そのボーナスはベトナム旅行にほとんど使っちゃいました。
!
単純に楽しそうないい近況だ。ぼくは自営業の指圧師なので、ボーナスは出ようがない。うらやましい。

思わず「ボーナスいいですよね……ぼくももう、どうにかして会社員になりたいですわ……」と言ったら「斎藤さんは治療院を続けてもらわないと、私が困りますね!」など返してくれた。平静を装っていたが、心の中では感動の涙が滝のように流れ出ている。
!

最近一緒に仕事を始めた人に聞いてみる

打合せついでの雑談でリアルサイコロトークしてみる
打合せついでの雑談でリアルサイコロトークしてみる
最後に聞いてみたのはイラストレーターで漫画家のudeさん。元々は治療院のお客さんだったのだが、イラストやマンガが大変上手であることが判明し、最近ぼくが作っている記事のお手伝いをお願いしている関係である。打合せのついでにお願いしてみる。
また7が出た
また7が出た
サイコロを2つ使って足し算すると、7など中間の目が出やすくなってしまう。ここらへんは改善が望まれるところだ。さて「7の話なんてあるわけないじゃないですか……」と言いながらしてくれた話がこちら。
!
【ネット将棋では7六歩を打ち間違える人が多い】

最近スマホでネット対戦の将棋をやっています。将棋の初手って大体決まっていて、その中でも人気があるのが角の通り道を空ける「7六歩」なんです。……でも、これをタッチミスをする人がすごく多くて、その隣の「8六歩」にしちゃう人がすごく多い。これは現実では絶対にあり得ない、不利な手なんです。私も最近やりました。3連勝中だったのに、その一局はボロ負けでした……。
めっちゃ細かい話が出てきた。たぶん仕事関係の人に「最近どうっすか?」なんて雑談をしても、あまりこんな話聞けないんじゃないだろうか。
!
さて、このトークが呼び水になったのか、もう一つ面白い話が聞けたので書き留めておきたい。今度はサイコロ全然関係ない。
【お姉さんが具志堅用高のお陰でめっちゃ儲かった話】

私の本名は具志堅っていうんですが、姉は具志堅陽子って名前なんです。姉が思春期の時に具志堅用高がチャンピオンになって、それで周りにだいぶ名前のことでからかわれていたみたいなんですが……大人になってから良いことがありました。姉は美容師になったんです。

そうしたら、名前が覚えやすかったのか、指名がすぐに大量に入るようになりました。当時の美容室はバブルの影響があって、洗髪だけする人や、セットだけする人もたくさんいたんです。その都度指名料が入って、「この名前のお陰でだいぶ儲けさせてもらった」なんて言っていました。
!
話自体もおもしろいんだけど、リアルサイコロトークで場が温まった結果、「すべらない話」が出てきたのがなんかおもしろかった。メリットは無限大といえるだろう。
!

ムリヤリひねり出した話のおもしろさ

というわけで、ぼくを含めて4人のリアルサイコロトークである。みんなから出てきたのが本当になんでもない話で、すごくいい。こういうオチのない話は、ふつうはかなり仲良くなった後じゃないとできないだろう。ひょっとしたらサイコロの一振りですごく距離が縮まったのかもしれない。
ダイソーで売られているサイコロがこれ。100円で6個もついてくる
ダイソーで売られているサイコロがこれ。100円で6個もついてくる
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓