特集 2015年11月26日

本物? 天才高校生の作るジオラマがすごい。

はい、すみません。フツーの中・高校生のお部屋です。
はい、すみません。フツーの中・高校生のお部屋です。
はあ? デイリーポータルともあろうサイトが、なぜフツーの部屋画像をトップに載せてくるの……?
という声が今にも聞こえてきそうです。

というか、わたしの耳には聞こえました。いやむしろ、聞きたい!

さて、他のページに移る前に、じっくり凝視していただきましょう。そして次に登場する画像をぜひともごらんいただきたいのですっ!
イカとタコが大好きで、食べたり被ったり本まで出版しました。
でもサイコーに好きなのはアワビだったりします。世間に対する謙虚です。

前の記事:カラオケに行くとトイレが近くなるのか?

> 個人サイト Weekly Teinou 蜂 Woman

ああ……聞こえてくる……。
ああ……聞こえてくる……。
「お前、お掃除ビフォーアフターじゃねーんだよ!」
「まちがい探しかよ!」
……という罵倒も聞こえてきそうだが、いやまて。
どうどうどう……ちょっと落ち着いてもらいたい。怒りでクローズボタン押すにはちょっと早すぎる。

次! 次の画像ではきっと『絶句』しますからね。
いきなり巨人化したわけではありません。
いきなり巨人化したわけではありません。

ようこそ。6分の1のジオラマワールドへ

まあタイトルにもあったとおり、すでにお気づきの方もいらっしゃることと思う。そう! トップと巨人女が写っている2枚の画像、こちら6分の1サイズのジオラマだ。

2番目が実際の画像。制作者Mozu君の部屋であり、ここでこの目を疑うようなジオラマは生まれた。

高校2年生というMozu君の作品をはじめて目にしたのはTwitter 上でのこと。彼のクラスメイトが、本人の許可を得て画像をツイートしたものが流れてきたのだった。
最初の感想「ま、まじか~!」しかでてこなかった。制作期間5ヶ月!
最初の感想「ま、まじか~!」しかでてこなかった。制作期間5ヶ月!
『自分の部屋』や『ゴミ』(後述)をジオラマ化するセンス。
何度見ても混乱を来すただならぬリアル感、そしてもちろん高校2年生という若さ。

現物を見たい! 会って話を聞きたい!

そして数日後、Mozu君のクラスメイト、お父様のご協力を得て実現することとなった。

普通の高校生だった(あたりまえだが)

「こんにちは~」
お父様、お母様が玄関先で出迎えてくださり、その奥でヒョッコリ顔を出してくれたのがMozu君である。経験上、ものすごい作品を制作している人たちは、一見するとごくフツーだ。彼も例外ではない。ひつじのショーンやケロロ軍曹が大好きな、フツーの高校生だった。

部屋に案内してもらうと、何度も見たあのジオラマそのままでデジャブ感が起こる。奥にまったく同じ6分のジオラマ部屋が置いてあり思わず見比べる。コレがコレで……アレがコレで……どーなってるのこれ。脳が追いついていかない。
小4でガンプラにハマり、皆が勉強、塾に移行する中で、ご両親の反対もなく作り続けていた とか。「勉強しろって言われたことないですね」
小4 でガンプラにハマり、皆が勉強、塾に移行する中で、ご両親の反対もなく作り続けていたとか。「勉強しろって言われたことないですね」
既製のプラモデルでは満足いかず、自由度を求め中1でジオラマ制作を開始。こちら2つめの作品。「錆び」が好きなんです、とMozu君。
既製のプラモデルでは満足いかず、自由度を求め中1でジオラマ制作を開始。こちら2つめの作品。「錆び」が好きなんです、とMozu君。

Twitterアカウント作成後、一晩で10,000フォロー超え

友人たちとのLINE上だけで広まっていたという作品群。
クラスメイトがTwitter 上で公開してくれた途端に拡散され、「いいね」が50,000 超え。ネット媒体はもちろんTV局からの取材依頼も殺到した。(既に放送もされている)

「学校でも最初のうちは『すごいね』って言われましたけど、今じゃ当然のようになっていますから手応えとかなかったんです。だからネットの反響に驚いてます」

勧めもあってTwitterアカウント作成後、一晩で10,000フォロー超え。わたしの知る限りではそんな一般人見たことない。(現時点では約26,000)それほど次回作が期待されているということだ。

次ページでは、他の作品をごらんいただこう。
いったん広告です
ゴミひとつひとつはもちろん、その置き方も絶妙なセンス。こだわりがある。
ゴミひとつひとつはもちろん、その置き方も絶妙なセンス。こだわりがある。

見る(画像を)のと、見る(実物を)のとでは大違い

画像を見ると、そのリアルさに驚愕して本物ではないのか? という疑念さえわくが、実物を目の当たりにするとディテールに至るまでの精巧さにただただ気が遠くなる。
説明など受けなくても、『執念』みたいなものが伝わってくるのだ。写真ではわからない。だが、その細密さ故の「写真でのリアル」なのだろう。
オリジナル性を出すために、デザイン丸パクり はしないという。C.C. ではなくG.G.
オリジナル性を出すために、デザイン丸パクり はしないという。C.C. ではなくG.G.
本体は紙を使用し、梱包用ビニールテープでツ ヤ出し。試行錯誤をくり返した結果だ。
本体は紙を使用し、梱包用ビニールテープでツ ヤ出し。試行錯誤をくり返した結果だ。
コマ撮りアニメーション用に使われた本屋さん。その映像はあるコンテストの18 才以下の部門 でグランプリを受賞したとのことで、現時点では掲載できないのが残念。すばらしい作品だった。 ( 近日中に公開になります)
コマ撮りアニメーション用に使われた本屋さん。その映像はあるコンテストの18 才以下の部門 でグランプリを受賞したとのことで、現時点では掲載できないのが残念。すばらしい作品だった。 ( 近日中に公開になります)
上の画像のクローズアップ。コンクリの汚れや、吸い殻まで! 傘はジップロックを使用。こちらのポスターはスキャンではなく1枚1枚手作り。
上の画像のクローズアップ。コンクリの汚れや、吸い殻まで! 傘はジップロックを使用。こちらのポスターはスキャンではなく1枚1枚手作り。

ほとんど独学。失敗を重ねるのはあたりまえ

このお弁当はどうやって作ったんですか? 牛乳パックは? コンビニ袋は? など、質問するたびに嬉々として答えてくれたMozu 君。

細部までとことん観察して、よりリアルに再現していくために何度も失敗を重ねる。そのほとんどが独学だ。
お弁当箱の箸 アイスキャンディ『ガリガリ君』の棒を使用。バーコードシール(株式会社MOZU 入り)も値札も手作り。

牛乳パック 想像以上に組み立てに苦労した。

コンビニ袋 『ハンディシーラー』というグッズを使用して熱で接着。ゴミ袋の中身も、じつはちゃんと空のお弁当箱、箸、菓子袋、缶などが入っている。

重ねて見えない本の表紙や背表紙 アプリケーションを使用して1 から作っている。
「キレイなものってたくさんありますけど、キレイなものはつくりたくないんですよね」んーーーー、来てよかった……。
「キレイなものってたくさんありますけど、キレイなものはつくりたくないんですよね」んーーーー、来てよかった……。
上の画像のクローズアップ。接続部分の汚れやサビなどにも注目してほしい。今にも人が歩いてきそうな、個人的にも好きな情景である。
上の画像のクローズアップ。接続部分の汚れやサビなどにも注目してほしい。今にも人が歩いてきそうな、個人的にも好きな情景である。

きらいなものはやりたくない。好きなものはとことんできる

「好きなことですから。土日なんかは昼食も食べずにずーっとやってますね。食べるより作りたいんです。そのかわり、きらいなことはぜったいできません」

机に向かい、寝食を忘れて制作に没頭する彼の背中をわたしは想像した。「好き」の度合いが強度であればあるほど、とてつもない可能性を秘めてるってことだ。

次のページではその制作過程などを追っていきます。
いったん広告です
この小さなカッターマットから次々にジオラマが生まれていく。 主な材料:プラ版、プラ棒、デザインナイフ、あれば便利Pカッター、定規(大きめの三角定規がお勧め)、塗料(タミヤアクリルがベスト)、筆、紙やすり、瞬間接着剤など
この小さなカッターマットから次々にジオラマが生まれていく。 主な材料:プラ版、プラ棒、デザインナイフ、あれば便利Pカッター、定規(大きめの三角定規がお勧め)、塗料(タミヤアクリルがベスト)、筆、紙やすり、瞬間接着剤など
参考例1:台車の作り方をご紹介。制作は5日間。
参考例1:台車の作り方をご紹介。制作は5日間。
まずは寸法を測り、6分の1サイズの設計図を起こす。
まずは寸法を測り、6分の1サイズの設計図を起こす。
プラ板をカット、プラ棒をロウソクなどの熱で曲げて鉄色に塗装。サビや汚れも再現していく。
プラ板をカット、プラ棒をロウソクなどの熱で曲げて鉄色に塗装。サビや汚れも再現していく。
塗装したのち、カッターで細かく滑り止めを作り2度くり返した。土などで汚れを作る。タイヤはオークションで購入した戦車の一部。
塗装したのち、カッターで細かく滑り止めを作り2度くり返した。土などで汚れを作る。タイヤはオークションで購入した戦車の一部。
間に挟まったホコリなどもティッシュを細かくして再現。気付かれない箇所にも完璧を求めていく。
間に挟まったホコリなどもティッシュを細かくして再現。気付かれない箇所にも完璧を求めていく。
肉眼でも本物のようにしか見えない。プラスチックで作られているとはどうしても思えない出来映えだった。

「これも大変だったんですよー。何度も失敗して」

と言われたのが発砲スチロールの箱。え。まさかこれも?
本物の発泡スチロールではメが荒いのでジオラマにするには不可能。 まずはプラ板を3枚重ねる。塗装直後に叩く作業をくり返す。少し黄色味を入れるとそれっぽくなるとわかったのが、何度も失敗を重ねた成果だそうだ。
本物の発泡スチロールではメが荒いのでジオラマにするには不可能。 まずはプラ板を3枚重ねる。塗装直後に叩く作業をくり返す。少し黄色味を入れるとそれっぽくなるとわかったのが、何度も失敗を重ねた成果だそうだ。
次に、冒頭で紹介したMozu君ご本人の部屋。制作過程の序盤を少しだけ紹介したい。
壁紙はキャンバス(画布)、ゴミ箱はフィルム容器を利用して作っている。日々ジオラマのことを考えていなければ、とても思いつかないアイデアだ。
1 番最初に作りたかったのはこのイスだとか。 実際とまったく同じ色と形でしたが、ご本人は、今ならもっと上手く作れる! とのこと。
1 番最初に作りたかったのはこのイスだとか。 実際とまったく同じ色と形でしたが、ご本人は、今ならもっと上手く作れる! とのこと。
イス:ラストにメーカー名・注意事項などのデカールを作り、貼っていく作業がなによりも楽しい時間だそうです。
イス:ラストにメーカー名・注意事項などのデカールを作り、貼っていく作業がなによりも楽しい時間だそうです。
塗装前のデスク。角の曲線もヤスリで擦り、カンペキに仕上げていました。机から生み出された机。デスクonデスク。座布団も手作りです。
塗装前のデスク。角の曲線もヤスリで擦り、カンペキに仕上げていました。机から生み出された机。デスクonデスク。座布団も手作りです。
ネジ穴のビス留めまで抜かりなく。「ただの自己満足の世界ですよ」とのことですが、この小さな積み重ねが、人の心を動かすんだな~と実感。
ネジ穴のビス留めまで抜かりなく。「ただの自己満足の世界ですよ」とのことですが、この小さな積み重ねが、人の心を動かすんだな~と実感。

見る人が思うより、100倍努力しているのがジオラマ

会話の途中の、何気ないひと言だった。
「見る人が思うより100倍努力しているのがジオラマだと思います」
グワーーーっとなった。その自負と、決して誇示しない17 才。そこから生み出されたものが『見る人』の気持ちを魅了し、鷲掴みにする。トーゼンだろう、と思った。

――見せていただいて、それが本当によくわかりました。

わたしはたしかにそう思ったし言ったけれど、はたして本当に彼の努力のすべてを理解しただろうか。そうカンタンに「わかりました」などと言った自分が、恥ずかしいくらいだ。

外出時も、電柱やグラフィティ、室外機など、ジオラマになりそうなものを見て歩く。むしろそこにしか目がいかないと言う。気になるものがあればじっくり観察し、写真に収める。そしてまたイチから、試行錯誤を始める日々がはじまるのだ。

今もまた、あの机に向かってなにかを作っているのかと思うと、あーーー胸が熱くなる。尊敬って、年齢とかまるっきりカンケーないもんなんですね。

ご両親の存在が、彼の「夢中」を開花させた

「勉強しろと言われたことが1度もないんです。好きなことを自由にやれるのは、両親のおかげだと思っています」
のびのびと彼の才能を開花させていけたのは、ご両親の存在がとてつもなく大きい。

「誰もやってないことを、やってみたいですね」とMozu君。夢は、コマ撮りアニメーターとして世界で活躍することだと言う。その横で、お父様が「なんでもやりたいことやらせてあげたいです」と仰っていました。

温かいご両親に見守られ、いつか見たことないもの(誰もやってないもの)を見せてほしい、きっと見せてくれるだろうな、そう思いました。

Mozu君Twitter(@rokubunnnoichi)
Blog:Mozu 流ジオラマコマ撮りアニメーション
最新作、また近日中に受賞作品の映像が紹介されると思いますので要チェック!

写真提供:Mozu 君
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓