特集 2015年9月2日

夜通し踊り続ける盆踊りが超楽しい

午前3時頃の様子です。
午前3時頃の様子です。
岐阜県の郡上八幡市で、毎年お盆になると徹夜で踊り続ける盆踊り大会があるという。

以前行った友人がすごく面白かったというので、行ってみたらすごく良かったので是非皆様にも行ってみていただきたいと思うところでございます。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:暑くてカラシ豆腐しか食べる気にならない

> 個人サイト owariyoshiaki.com

ただのサイコーの「ぼくのなつやすみ」じゃん

なんと絵に描いたような自然の風景
なんと絵に描いたような自然の風景
お祭りのある郡上市は岐阜市からバスで一時間ちょっと位。名古屋から2時間位。意外と近いなと思ったところがこの景色よ。
最近の若いもんは、何かを網でひょいひょいすくってて凄い。
最近の若いもんは、何かを網でひょいひょいすくってて凄い。
典型的な日本の夏のイメージ、みたいな光景が当たり前に繰り広げられていく。
橋から飛び込む子どもたち。
橋から飛び込む子どもたち。
おおらかな雰囲気で、子どもたちが橋から飛び込んで遊んでいたりする。子供の頃は自分も飛び込んでいたものだけれど今は「どうか、誰も怪我が無いように…。」としか思わないので、老いを感じる。
老いた者に染み入る良さよ…。
老いた者に染み入る良さよ…。
自然だけではなく郡上八幡は町並みもすごく良くって、歩いていて楽しい。この夏、特に夏っぽいことはしなかったけれど、ここで川に足をつけてビール飲んだ時点でトップ夏ランカーになれたと思う。
懐かしい感じのお店の店構えが良い。
懐かしい感じのお店の店構えが良い。

にわかに感じる祭りの気配

郡上踊と書いたぼんぼりがデカイ。
郡上踊と書いたぼんぼりがデカイ。
祭りが始まる前にすでに満足してしまっている感はあるのだけれど、街は祭りの気配にあふれている。というか、この辺、夏の間はほぼ毎日がお祭りだそうだ。
祭りの日程を書いた表。
祭りの日程を書いた表。
「郡上おどり」とは、郡上市の八幡町というところで行われる一連の盆踊り大会をまとめて呼ぶ名前で、なんと二ヶ月足らずの間に32回もの盆踊りが行われるという。

8月なんて31日間に23回も盆踊り。しかも同じ町内で。完全にやり過ぎではないか。
徹夜組
徹夜組
その中でお盆まっただ中の8月13日から16日までは夜を徹して踊り続ける徹夜踊り。大丈夫だろうか、そんなに踊って飽きちゃってないだろうか。

一気に表情を変える街よ

ひと通り街をぐるっと回り、有料の休憩所で一服。さぁ、出かけよう!としたところ、浴衣が着れなくてびっくりした。浴衣って着るの大変なんですね(初めて着た)。
至れり尽くせりな郡上八幡よ。
至れり尽くせりな郡上八幡よ。
どうしよう、助けて!って休憩所の受付していたおじいちゃんにお願いすると、二人がかりでガッツリと着せてくれた。
おじいちゃん写り込んじゃった、みたいな写真。
おじいちゃん写り込んじゃった、みたいな写真。
「(浴衣の着付けは)有料やで?」とか言われながら、着せてもらっていたら何故か最後は「来てくれてありがとう、ありがとう」と言われてしまった。なんといいひと。

さぁ戦闘準備は万端だと、街に繰り出して驚いた。
なんという華やかさ
なんという華やかさ
お昼のほのぼのした感じとは打って変わって驚きの華やかさ、風情よ。激風流じゃん、なんだこれは。
写ってる人ほぼ全員踊ってる。
写ってる人ほぼ全員踊ってる。
そして盆踊りの会場に行って更に驚いた、なんだこの人数は。見渡す限り盆踊りを踊る人。原宿の竹下通りの人が全員踊りながら歩いていると思ってもらうのが最も状況に近い。なんだこれは。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓